TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悪の華」山内えみこ


山内えみこ◆ 悪の華/黄昏のモンテカルロ 1975年

 1975年8月にリリースされた山内えみこ3枚目のシングル。
 作詞は橋本淳、作曲は都倉俊一。

 デビュー曲のアイドルっぽい歌唱から2曲目のビート歌謡で歌の上手さを披露した山内えみこが、いよいよ本領発揮したやさぐれ歌謡。
 都倉俊一の美しくも哀しいメロディと橋本淳の荒んだ女の情景に、山内えみこの気怠い声が絡み合う心地良さ。篠山紀信のジャケ写にもそそられ「熊ん蜂」とともに高値が付くシングル盤のようだ。
 個人的には「哀愁」とか、山内恵美子名義になってからの曲にも注目して欲しいところ。

 B面「黄昏のモンテカルロ」は、変則メロディとリズムを持ったおもしろい楽曲。

 この後、本曲と同じようなやさぐれ路線の哀歌「錆びた心/cw チャイナ・タウン」(1976年3月)、山内恵美子名義でやさぐれた中島みゆきからの提供曲「笑わせるじゃないか/cw ほっといてよ」(1977年3月)をリリース。ジャケ写の酷さで争う2枚だが、手に入れるのはなかなかの至難のようだ。

★熊ん蜂★
★哀愁★


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1150-c6a1984b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。