TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「しとやかな獣」*川島雄三監督作品

しとやかな獣_dvd
The Graceful Brute
監督:川島雄三
脚本:新藤兼人
撮影:宗川信夫
音楽:池野成
出演:若尾文子、伊藤雄之助、山岡久乃、浜田ゆう子、高松英郎、川畑愛光、小沢昭一、山茶花究、ミヤコ蝶々、船越英二

☆☆☆★ 1962年/大映/96分

    ◇

 〝ひと皮むけば男も女もこんなもの! 
       私はそこをうまく利用したまでよ!〟

 45歳の若さで急逝した川島雄三。死の前年、大映での若尾文子との最後の作品となった本作は、ブラックユーモアを交えたピカレスクな人間悲喜劇。


 都市郊外の団地の4階に住む前田家。主人の時造(伊藤雄之助)と女房のよしの(山岡久乃)が来客のために部屋の模様替えをしている。金目のものを隠し、貧乏暮らしを装っている。
 やって来たのは、息子の実(川畑愛光)が勤める芸能プロダクションの社長香取(高松英郎)とジャズ・シンガーのピノサク(小沢昭一)、経理担当の三谷幸枝(若尾文子)の3人。愛想よく迎える前田夫妻だが、社長の香取は実がお抱えタレントのギャラなど100万円近くの金を使い込んでいると捲し立てる。
 とぼける時造と泣き落としに出るよしのに呆れ、「出るところに出る」と文句を並べたてて帰っていく3人だった。
 彼らと行き違いに帰宅した実を、平然とした顔で迎える時造とよしの。そこに、バー勤めから小説家・吉沢駿太郎(山茶花究)のお妾さんになっている娘の友子(浜田ゆう子)まで帰ってきた。

 かつては栄光に輝く元海軍中佐だった時造は、戦後、山っ気な商売に手を出すもすべてに散財し、極貧生活を強いられたことからふたりの子供たちには社会の道徳を一切無視した生き方を指導していた。
 息子の使い込みにも「大きなことをやったら、努力を尽くして後始末をしなくちゃいけない。締めくくりが肝心。逃げ回るより、とぼけて堂々と顔を出した方がいいんだ」と教え、友子を囲う吉沢からは「女衒の親父」と蔑まれようが「人間は立場が違えばいろいろ言うもんだ」と意に介さない。
 何事にも達観した母親のよしのは「お父様はいまに成功なさいます」と夫をたて、息子や娘の言葉遣いにも注意を促す上品な専業主婦。

 夕方、時造が散歩に出かけ、よしのが買い物で留守にしているとき、先ほど訪れた三谷幸枝が戻ってきた。
 じつは実が使い込んでいた金は300万円で、その大半は幸枝が旅館を経営するための資金に貢いでいたものだった。念願の旅館が開業するいま、自分たちの身体の関係を清算したいのだと云いに来たのであった。
 お淑やかで真面目な女性と見られていた幸枝は、実際はしたたかで頭のいい女。子供を抱え夫に死なれた彼女にとって、唯一の道は思いきり体を使って生きるほかなかった。実との取引は既に終わっていると臆面もなく云い放つ幸枝。
 心底惚れこんでいた実は逆上し幸枝に詰め寄り、それを隣の部屋から覗き見する友子。買い物から帰ったよしのもソッと部屋に入り込み、二人の痴話喧嘩に聞き耳をたてている。

 幸枝に貢いでいたのは実だけではなく、社長の香取も幸枝のために脱税をしており、また、もうひとり愛人関係にあった税務署の真面目な役人神谷(船越英二)が汚職の罪で警察に呼ばれることになるが、幸枝はいたって冷静。
 神谷が自殺さえしなければ香取の失脚だけで済み、幸枝と実には累は及ばないとうそぶくのだった。

 神谷が幸枝を探しに前田家を訪れるが、傷心のまま空しく帰ってゆく。
 友子が吉沢先生に追い出されて再び帰ってきた。家族4人の団らん。突然の夕立。遠くからパトカーのサイレンが聞こえてくる。ベランダに出て外を眺めるよしの。その表情が家族の行く末を語っていた。
 
    ◇

 エレベーターのない(これがある意味重要)団地の4階、二部屋だけの限られた空間を舞台にした密室劇スタイルで、小悪党な家族を中心に欲をぶつけ合う人間ばかりが登場する新藤兼人の見事な脚本は言うに及ばず、若尾文子の悪女ぶりに見惚れるばかりの大傑作。

 伊藤雄之助をはじめ、小沢昭一、山茶花究と一癖も二癖もある個性派たる演技者たちの台詞の応酬に圧倒され、画面構図のカメラワークや能楽の囃子を取り入れた音楽の妙に酔うこと必至。
 精密なセットで建てられた団地の部屋は、壁も天井も床も襖も棚も自由自在に取り外せるように工夫され、あらゆるところからカメラが恥知らずな人間たちを撮らえる。複数の人間の行き来が足元だけのアングルだったり、シーン転換の突飛さもあり、なんて映画的センスにあふれていることか。

 幸枝に貢いだ男たちは振られ、破滅し、自殺するような脆弱な姿を露呈し、セクシーな友子を囲う小説家は別れ際のケチぶりを女たちから辛辣な陰口で叩かれる。
 それに反して、女たちはしたたかで逞しい。
 ヴァンプな魅力全開の浜田ゆう子とドライで妖艶な若尾文子が女の魅力で物語の道筋を突っ走れば、最後に、しとやかな山岡久乃が映画にとどめを刺す。これがまた、凄いのである。

しとやかな獣_pst01


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1134-f71fedda