TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いそぎんちゃく」*弓削太郎監督作品

pst_Isoginchac.jpg

監督:弓削太郎
脚本:石松愛弘
撮影:渡辺公夫
音楽:池野成
出演:渥美マリ、平泉征(現・平泉成)、高原駿雄、加藤嘉、大辻司郎、しめぎしがこ、中条静雄、牟田悌三

☆☆☆★ 1969年/大映/83分/BW

    ◇

 1969年8月に公開された渥美マリの第1回主演映画〝軟体動物シリーズ〈全6作〉〟の第1作。
 己の軀ひとつで、男を利用してのし上がっていく逞しい女のハードボイルドなサクセス・ストーリーは、魔性の女に絡み取られていく男の性がいかにも滑稽な姿で描かれてゆく。


 貧乏を嫌い山形の田舎から出てきた石田浜子(渥美マリ)は、川合クリーニング店に住み込みで働いているがお客への愛想がなく、女将からは小言をもらうが無視をするといった、どこか開き直った態度の19歳。
 ある日、銀座のホステスが持ち込んだ舶来のパンティがなくなるという騒ぎが起る。
 後日、婦人会の寄り合いで女将が留守の日、主人の健三(高原駿雄)とラーメンをすする浜子に「どこか遊びに行きなさい」と促されても「どこも行かない」と素っ気ない返事。浜子は自室でひとり、貯めた給金を数えるのが楽しいのだ。今日は、あのホステスのパンティを履きながら姿見に裸身を映している。
 その様子を2階の物干し場から見た健三は浜子を注意するが、何の悪びれる様子も見せないその態度と裸身の浜子を見ているうちに欲情し、浜子に抱きつくのだった。
 翌日の夜中、健三は大胆にも浜子の部屋で彼女を抱くが、その現場を妻に見られ大騒ぎになる。動じることのない浜子は、数日後、根負けした女将から手切れ金10万円をもらって店を辞めていく。

 次に浜子は割烹料理屋に勤める。店の常連のご隠居柏木(加藤嘉)に気に入られ、お妾さんとして新築アパートを与えられて面倒を見てもらうことになった。しかしある夜、柏木が脳溢血で倒れ死んでしまう。
 ご隠居の息子貞吉(大辻司郎)に言い寄られるも軽くあしらい、手切れ金200万と今住んでいるアパートをもらうが、浜子は高価なアパートや家財道具一切を売り払い安いアパートに引越し、仕事もピンク・サロンに変えた。

 ネグリジェ姿で男の酒の相手をする浜子は、TV担当宣伝マン岡崎(牟田悌三)を馴染み客にして、店のバンドマンのトランペッター室井(平泉征)と同棲生活を始めるが、室井の目的が浜子の金だったことを知ると、室井に復讐をしてやろうと目をギラつかせる。
 浜子は夜毎日ごと執拗に室井に迫り精力を搾り取り、枕話で以前老人が腹上死したことを室井に話すと、ついに彼は逃げ出していった。

 岡崎が浜子のためにマンションを購入。
 ある日、店に岡崎の女房(しめぎしがこ)が乗り込んで来て夫と別れなさいと迫るが、浜子は子どもが出来たと伝える。
 子どものいない岡崎は喜び、妻は実家に帰り離婚の手続きが進んでいると浜子に話すが、そんなこと知っちゃいないと無関心な浜子。子どものことは嘘で「わたし、ひとの亭主を横取りする気なんて全然ないわよ。売られたケンカを買っただけよ」と、ひとり呟くのだった。

 その後、岡崎が会社の金を横領していたことが上役に知れる。
 穴埋めのために金を貸して欲しいと懇願する岡崎を、冷たく拒絶する浜子。腹をたてた岡崎が果物ナイフを手に取るが、揉み合っているうちに浜子が岡崎の腹を刺してしまう。

 裁判では、法廷で浜子は金に執着するのは田舎で屑拾いをしながら極貧暮らしをする母親のためだと切々と述べ、結果、正当防衛が認められ無事釈放される。
 そして、事件をきっかけに銀座の一流クラブからスカウトされた浜子は、夜の銀座の街を颯爽と歩くのであった。

    ◇

 映画の前半、ほぼノーメイクで垢抜けない渥美マリの顔が、男を替えてゆくほどに都会的な美貌を輝かせながら妖艶になっていく様にはゾクゾクするだろう。
 モノクロ画面に映る女の変貌は、渥美マリのエロティックな顔に尽きるのである。

 街なかの学校に通学していた頃、通学路にダイニチ映給の映画館があり、関根恵子の『おさな妻』や八並映子の『高校生番長』とか、一連の渥美マリの作品など刺激的なポスターや立て看板を目にしていたが、一般映画とはいえさすがに学生にはそれらの作品を観ることは出来なかったが、渥美マリのフェロモンいっぱいの顔が脳裏に焼き付いたことは確か。
 正面から堂々と裸身を曝け出すのではなく、佇まいだけでエロスを漂わせる渥美マリは、その後足繁く通うことになる日活ロマン・ポルノや東映ピンキー映画の池玲子や杉本美樹らに見る挑発的肉体女優以上の存在感を残していってくれたのである。

 弓削太郎監督は渥美の拙い演技に対して極力台詞を抑えたのだろうが、かえってその無表情の様子が素晴らしく、以後の渥美マリの雛形となっている。
 魅力でもあるぽっちゃりした唇で食するシーンが幾度となく映されるのが象徴的で、ヒロインがラーメンをズズっとすする画はシリーズにおいて定番のように登場するし、本作では寿司や天麩羅など高価な食事を動物のように口に運ぶ様が、ヒロインの貧困への怒りに激っている。


★続・いそぎんちゃく★

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1130-711cde47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。