TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憂魂、健さん逝く

高倉健vs横尾忠則

悪い夢だろうか
11月10日 高倉健さんが悪性リンパ腫のため逝去された
享年83


永く 日本映画を牽引してきた銀幕のスター健さん
勝さんもいない 裕ちゃんもいない 
最後の映画スターの 最期ですか
哀しいね

無骨 寡黙 不器用
背中で語れる唯一無二の俳優
数多くの逸話が どれもカッコいい
日本人が好きな男の美学を見せてくれた健さん
有り難う



代表作の『日本任侠伝』や『網走番外地』『昭和残侠伝』シリーズのころは中学生だった
見知ったのは 70年代安保の学生運動最中の熱狂的支持のニュース
「平凡パンチ」に載った横尾忠則のポスターや図版をスクラップしていた
『唐獅子牡丹』の主題歌レコードも買った

劇場で健さんの作品を観るようになるのは 70年代になってから
『新網走番外地 嵐呼ぶダンプ仁義』(監督:降旗康男)や『ゴルゴ13』(監督:佐藤純弥)
デューク東郷役は原作者のさいとうたかおが健さんをイメージして創り出したキャラクターでありながら 
映画の出来はいまひとつだったなぁ

あの頃の映画で好きな作品というと
勝新太郎と梶芽衣子との競演で日本版「冒険者たち」を再現した『無宿〈やどなし〉』(監督:斎藤耕一)とか
倉本聰脚本の足ながおじさん『冬の華』(監督:降旗康男)とか
当時の邦画としてハリウッドに引けを取らなかったサスペンスフルなクライムムーヴィー『新幹線大爆破』(監督:佐藤純弥)とか

TVドラマ初出演の倉本聰脚本「あにき」も忘れ難い
大原麗子との兄妹愛 
もう一度観てみたい


ご冥福をお祈りします

takakuravsyokoo.jpg

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1122-0ef1df03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。