TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「街の灯」*チャールズ・チャップリン監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとしての記録です。

02_CH_街の灯
CITY LIGHTS
監督:チャールズ・チャップリン
脚本:チャールズ・チャップリン
音楽:アルフレッド・ニューマン、チャールズ・チャップリン
出演:チャールズ・チャップリン、ヴァージニア・チェリル

☆☆☆ 1931年(日本初公開1934年)/アメリカ/87分

 劇場初見1973年。〝ビバ!チャップリン〟第2弾。
 子どものころ週刊少年サンデーを毎週読んでいて、別冊か何かで読んだ赤塚不二夫の「おそ松くん」の一編に何度も涙したことがあった。
 この『街の灯』をベースにした『イヤミはひとり風の中」……後年アニメにもなり有名になっているマンガだ。
 ハッピーエンドな『街の灯』に対し、赤塚版はほろ苦いエンディング。天才的狂気とも言われる赤塚不二夫のギャグマンガには、ときに胸を刺すような美しいものに出会うことがあるのだ。

 チャップリン映画の話じゃなくなっているが、『街の灯』のこととなると赤塚マンガの豊かな感性の方を思い出すのである。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1116-34bffeb3