TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「流れる」速水典子



速水典子◆ 流れる/あなたのシャツ着て 1982年

 生きてる……揺れる……感じる……
 触れる……あふれる……

 1981年、岡本喜八監督作品『近頃なぜかチャールストン』の端役でスクリーン・デビューした速水典子が、1982年トーラスレコードからレコード・デビューしたのがこの曲で、作詞は三浦徳子、作曲は小笠原寛。

 当時は「週刊プレイボーイ」「GORO」などにグラビア・アイドルとして、またカメラ雑誌などでヌードを披露し、初めての写真集「誘・わ・れ・て」も発刊していたが、このレコードは世間の目にあまり触れないまま、人知れずフィドアウト。
 いかにも素人っぽい歌い方だが、耳に心地よい歌声には雰囲気がある。これは重要。

 彼女の転機は3年後の1985年。2冊目の写真集を出したあと、相米慎二監督×石井隆脚本のロマン・ポルノ『ラブホテル』の主役・土屋名美に抜擢され、ヨコハマ映画祭優秀新人賞を受賞。
 初主演の映画にして、相手の心を射抜くような切れ長の眼に見惚れるほど名美役にぴったり嵌っていた。この雰囲気が重要。
 『ラブホテル』の原案となる劇画【今宵あなたと】(‘83)の、特にラストカット、部屋に舞い込む雪片を見上げる名美の画にあてると、それは顕著に現れている。70年代の名美たち、泉じゅんにも、水原ゆう紀にも、鹿沼えりにもなかった名美を透かし見ることができよう。

 1988年に満を持して石井隆が『天使のはらわた 赤い眩暈』で監督デビューし、その後90年代の石井作品の多くに出演した速水典子。
『死んでもいい』では巻頭、電車内に座る小さな子どもの母親で…。
『ヌードの夜』は余貴美子の名美を蔑むような眼で見るセレブなお嬢様として…。
『夜がまた来る』では、かつての村木役寺田農が通うクラブのママ…。
『GONIN2』は5人の女のひとり西山由海の夫の愛人…。
 『黒の天使 Vol.1』では女殺し屋・片岡礼子の銃弾を仁王立ちで受け、『黒の天使 Vol.2』では花屋の娘・片岡礼子の母親役で登場した。

 速水典子の存在は、たとえそれがワンシーンだけの役であっても、ぼくにはまさしく石井作品のミューズの如く見えていたのだが、『夜がまた来る』と同時に撮影していた『天使のはらわた 赤い閃光』のちひろ役は、ホラー・サスペンスのなかでのキイパーソンとして魅了させてくれた。
 この作品は、〝名美と村木の物語〟と言うよりも名美(川上麻衣子)とちひろの〝女と女の物語〟であり、ある側面では速水典子の映画でもあった。
 石井隆のイメージのなかで、速水典子は重要な石井組の女優として存在していたはずである。


★ラブホテル★
★死んでもいい★
★ヌードの夜★
★夜がまた来る★
★天使のはらわた 赤い閃光★

lovehotel_shl.jpg

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1102-0fdc507b