TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「刑事マディガン」*ドン・シーゲル


MADIGAN
監督:ドン・シーゲル
原作:リチャード・ドハティ
脚本:ヘンリー・シムーン、エイブラハム・ポロンスキー
音楽:ドン・コスタ
出演:リチャード・ウィドマーク、ヘンリー・フォンダ、インガー・スティーヴンス、ハリー・ガーディノ、ジェームズ・ホイットモア、スティーヴ・イーナット

☆☆☆  1968年/アメリカ/101分

    ◇

 拳銃を奪われたふたりの刑事の必死の捜査と、片腕として頼る部下の不正を知り苦悩の渦中にあるNY市警本部長。彼らの長く暑い週末の3日間をリアルに描いた警察ドラマである。


 金曜日。ニューヨークのスパニッシュ・ハーレム地区の敏腕刑事マディガン(リチャード・ウィドマーク)は、相棒のロッコ(ハリー・ガーディノ)とともにブルックリンを拠点に置くギャングのベネッシュ(スティーヴ・イーナット)を聴取するためにアパートに踏み込むが、一瞬のスキを突かれ逃げられ、そのうえふたりの拳銃まで奪われてしまう。
 ふたりには72時間以内に逮捕するように厳命が下る。
 昇進試験も受けず現場の刑事に誇りを持つ仕事一途のマディガンだが、妻のジュリア(インガー・スティーヴンス)は欲求不満で口喧嘩が絶えない。
 市警本部長のラッセル(ヘンリー・フォンダ)には、長年の友である主任警部のケイン(ジェームズ・ホイットモア)への汚職疑惑と、自分自身の愛人問題に心を悩ませていた。
 土曜日。マディガンはジュリアが楽しみにしていた本部のパーティに連れ立ってゆくが、会場まで同伴したあと知り合いにジュリアにあずけ捜査に戻っていった。
 そんな中、街を巡回中の警官ふたりがベネッシュに撃たれる。拳銃はマディガンのものだった。
 日曜日の午後。ベネッシュが潜伏しているアパートを突き止め、マディガンとロッコは体当たりで部屋に踏み込むが………。

    ◇

 その昔、犯罪スリラーや西部劇で見かけたリチャード・ウィドマークは、その強面から一度見たら忘れられない俳優。不気味な薄笑いで冷酷な悪役を演じさせたら右にでる者はいないだろう存在感。本作ではヘンリー・フォンダを差しおいての主役として、男の孤独と哀愁を漲らせ好演している。
 初見はTV日曜洋画劇場。彼の代表作のひとつと言っていいだろう。72年には『鬼警部アイアンサイド』に対抗したのか、マディガンのキャラクターでリチャード・ウィドマーク主演のままにTVシリーズが製作されている。 

 この映画が製作された1968年といえば、アメリカン・ニューシネマが台頭し出してきた時代だ。〝アンチ・ヒーロー〟〝アンチ・ハッピーエンド〟のニューシネマの波は70年代に向ってあっという間に映画界を呑み込んでゆくのだが、この作品はニューシネマには分類されていないのだが、マディガンと相棒のロッコ、ラッセルと親友ケインの二組の人物描写はそれ以前の警察ドラマよりは〝アンチ・ヒーロー〟っぽく、ラストの報われない哀しい現実が〝アンチ・ハッピーエンド〟として印象に残る。

 警察官とてひとりの人間、ということで描かれるマディガンの家庭内での行き違いや、愛人との二重生活をおくる市警本部長など、リチャード・ドハティの原作通りの人間味を醸し出す演出だが、映画では若い頃のマディガンとラッセルとの因縁が描かれきっていないので、ラストにおけるジュリアの言葉が響いてこないのが惜しい。

 あと、禁煙11日目のロッコにマディガンが煙草を勧めるエピソードは、これ以後、多くの洋邦画ドラマに使われるが、ふたりの関係性を味わい深くするいいシーンだ。
 
 本作以前で監督ドン・シーゲルの手腕を見てとることができる作品は、犯罪映画『殺人者たち』(’64)であろう。これも初見は日曜洋画劇場だった。
 もともとTV用に製作された作品なのだが、暴力描写が激しいことから劇場公開された映画で、とにかく主役のリー・マーヴィンとジョン・カサヴェテスが恰好いいのだ。

 そしてドン・シーゲル監督はこのあと、『ダーティハリー』(’71)を生み出すのである。


 

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1081-5d58fff9