TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「マルタイの女」*伊丹十三監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとしての記録です。

1997_マルタイの女
監督:伊丹十三
脚本:伊丹十三
企画協力:三谷幸喜
撮影:前田米造
音楽:本田俊之
出演:宮本信子、西村雅彦、村田雄浩、近藤芳正、高橋和也、江守徹、津川雅彦、宝田明、益岡徹、六平直政、不破万作、伊集院光、仲谷昇

☆☆☆ 1997年/東宝/131分

 初見1997年9月。

 「マルタイ」とは警護対象者のこと。
 『ミンボーの女』での襲撃事件と『大病人』での劇場スクリーン切り事件などに伴い、実際に伊丹十三が警察の警護を受けていた経験をヒントにした伊丹映画初の刑事ドラマ(殺人事件が起きるという意味において)で、事件の裏に宗教団体が登場することでオウム宗教事件を想起させるものでもある。
 
 伊丹十三はこれまで常に、映画における社会への影響力を考えつづけてきたであろう。
 10作目となる本作も、たしかに「マルサの女」と比較すればパワー不足とは云え、社会性の強い企画であればあるこそ綿密な取材を敢行し、そしてそれを、きちんとエンターテインメントに仕上げる作家としての力量を見せつけてくれていた。

 映画作家であった伊丹十三が残しておきたいと思ったものは何だったのか…… 
 こんなシーンがある。
 ヒロインのスキャンダルで脅しをかける宗教団体に対し、刺客を送り込まれた不倫相手(津川雅彦)が喋る。
 「年寄りには2種類の人間がいる。いつまでも生きたい年寄りと、いつ死んでもいい年寄りだ」
 「人生は、中途半端だ。道端のドブのようなところで、突然終わるもんだ」
 そして刺客たちを次から次に射殺し、自らを撃つ。
 
 自死の良し悪しではなく「いつ死んでもいい」生き方の伊丹十三が、何に対して怒りのマグマを煮えたぎらせていたのだろうか。
 この作品が伊丹十三の遺作となった。


スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1065-28312769