TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

嫌われ松子の映像化

 7月に紹介した嫌われ松子の一生だが、8月に男性キャスト陣のラインナップが発表され順調に撮影が進んでいるようだ。

川尻笙(甥)  瑛太
龍洋一(教師時代の教え子)  伊瀬谷友介
佐伯俊二(教師時代の同僚)  谷原章介
教頭(セクハラをする原作では校長)  竹山隆範(カンニング)
八女川徹也(同棲相手)  宮藤官九郎
赤木(最初のソープ店のマネージャー)  谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
小野寺保(ソープ時代のヒモ)  武田真治
川尻紀夫(松子の弟で笙の父親)  香川照之
松子の父  柄本明

他に、劇団ひとり(ソープの客役)・ゴリ(ガレッジセール)・荒川良々(大人計画)と、かなりの異色配役。

 遊びが大好きな中島哲也監督のことだから、原作のどうしょうもなく暗く堕ちていくストーリーを、かなりエンターテインメントな映画にしようとしてるようだ。
 原作を読みぜひ演じてみたいと積極的だった中谷美紀が、台本を見て「えっ?」と思ったと云うくらい、原作をかなり改変しているらしい。
 中島流のド派手な映像も大いに楽しみたいのだが、原作ファンとしてはシリアスに創られたものも観てみたいのが本音。

 さて登場人物が多いこの小説では、男性と同じくらい女性たちも重要な役割を担っている。
 甥のガールフレンドの明日香。松子のソープでの仲間の綾乃。美容室「ルージュ」の内田あかね。そして、晩年の松子に深く関わるムショ仲間のめぐみ
 この配役も知りたいところなのだが、どこを探しても載っていない。
 ま、まさかバッサリというわけではないでしょうね。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/106-7d9b31b2