TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ビギナーズ」*ジュリアン・テンプル

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するものです。

1986_ビギナーズ
ABSOLUTE BIGINNERS
監督:ジュリアン・テンプル
原作:コリン・マックィネス
脚本:リチャード・バーリッジ、クリストファー・ウィッキング、ドン・マクファーソン
音楽:ギル・エヴァンス
出演:エディ・オコーネル、パッツィ・ケンジット、デヴィッド・ボウイ

☆☆☆ 1986年/イギリス/107分

    ◇

 初見1986年6月。
 1958年のロンドン、ソーホーを舞台にスウイングに明け暮れるティーンエイジャーたちを群像劇で描いたミュージカル映画で、全編に流れるジャズやロックがゴキゲンだし、冒頭ではセット建てされたソーホー地区の街を7分間の長廻しで魅了させてくれる。

 監督のジュリアン・テンプルはミュージック・ビデオの世界では知られた鬼才。MTVが台頭、PV(プロモーション・ビデオ)の全盛でもあり、カラフルでテンポの早い映像を見せてくれる。
 音楽は、悪徳広告代理店の社長に扮して出演しているデヴィッド・ボウイをはじめ、シャーデー、スタイル・カウンシル、レイ・デイヴィスらのポップなサウンド。そして何よりも素晴らしいのが、当時70歳台の御大ギル・エヴァンスが編曲・演奏するスウィングするジャズの数々。

 同時上映は『エルム街の悪夢』だった。

◆シャーデー「Killer Blow」




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1048-76c1875b