TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「キッチン」*森田芳光監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとしての記録です。

1989_キッチン
監督:森田芳光
脚本:森田芳光
原作:吉本ばなな
撮影:仙元誠三
音楽:野力奏一
主題歌:「ステイションワゴン」鈴木祥子
出演:川原亜矢子、松田ケイジ、橋爪功、四谷シモン、浜美枝

☆☆☆☆ 1989年/松竹/106分

 初見1989年11月。
 バブル期にちょっとしたブームになった吉本ばなな。彼女が海燕新人文学賞を受賞した代表作の映像化で、のんびりと、まったりと、透明感が心地よい映画となっている。
 『そろばんずく』や『愛と平成の色男』と軽薄さでスクリーンを賑やかせたあとに、このファンタジーな感覚の作品を撮り上げるのが森田芳光。
 モデルの川原亜矢子の女優デビュー作であり、スクリーンに映った彼女のミステリアスな不思議さがとにかくインパクトあった。インパクトと言えば、ゲイバーのママとしての橋爪功の女装キャラが強烈。
 暗くした部屋で幻想的に灯るミキサーの明かりや、天井窓から見える月、路面電車や冷蔵庫の存在など、そこにポツンとあるだけで温かみを感じさせる絵づくりが印象的で、伴い、野力奏一の音楽も素晴らしい。
 因みに原作は読んでいないので、どこまでばなな感覚を解体し森田色になっているのかは判らない。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1037-9357c578