TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「竹山ひとり旅」*新藤兼人監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するのみです。

1977_竹山ひとり旅
監督:新藤兼人
脚本:新藤兼人
音楽:林光
出演:高橋竹山、林隆三、乙羽信子、倍賞美津子、島村佳江、観世栄夫、根岸明美、川谷拓三、戸浦六宏、殿山泰司、佐々木すみ江、伊佐山ひろ子、初井言栄、織本順吉、梅津栄、浦辺粂子、絵沢萠子

☆☆☆☆ 1977年/松竹/98分

 青森津軽地方の一芸だった津軽三味線を、全国的に広めた第一人者である高橋竹山の半生を描いた力作。
 70年代初めに東京・渋谷ジャン・ジャンという小さなライブハウスで定期的公演をして、当時の若者にブームを馳せた。かく言う自分も高橋竹山の音を聴き、ブルーズとロック・スピリッツを感じレコードを何枚か買い求めた一人だった。
 映画は、竹山本人のジャン・ジャンでのライヴ・ドキュメンタリー映像からはじまり、竹山の語りが数十分つづき〈ドラマ〉へと流れてゆく。
 津軽の雪深く吹雪くなかに人間の情念が渦巻き、そこに新藤兼人監督の〈反差別〉という強い問題意識が混ざり合うことでグイグイと物語に惹き込まれる。ベテラン俳優陣たちのリアルな芝居にも圧倒されて観た覚えがある。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/1010-86a083d6