TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ブルークリスマス」*岡本喜八監督作品



BLOOD TYPE:BLUE
監督:岡本喜八
脚本:倉本聰
出演:竹下景子、勝野洋、仲代達矢、八千草薫、小沢栄太郎、芦田伸介
   岸田森、天本英世、大谷直子

☆☆☆☆ 1978年/日本・東宝/133分

    ◇

 岡本喜八監督が亡くなった。享年81 歳。硬派で、それでいて風刺の効いた活劇映画を得意とした監督だ。
 リアルタイムで最初に観たのは「ダイナマイトどんどん」。「肉弾」「吶喊(とっかん)」「近頃なぜかチャールストン」「ジャズ大名」「大誘拐」など軽快なものばかりで、テレビでしか観ていないが、「独立愚連隊」は最高に面白いアクション映画だった。
そしてこの「ブルークリスマス」('78)は、倉本聰脚本の異色映画。

 UFOを目撃した人間の血液が青くなり、急速にそんな人々が増加してくる。果たして彼らは人間といえるのだろうか。普通ではないと云うことで生まれるのは、迫害と抹殺。
 東宝SF作品なのに特撮はもちろんUFOも宇宙人もいっさい出てこない、倉本聰独特の人間ドラマで1978年のぼくのベスト10中4位だった。興行的には失敗だったようですが……。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://teaforone.blog4.fc2.com/tb.php/10-874ca741