FC2ブログ

TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「赤い雪」*甲斐さやか監督作品


監督:甲斐さやか
脚本:甲斐さやか
音楽:YAS-KAZ
出演:永瀬正敏、菜葉菜、井浦新、夏川結衣、佐藤浩市、坂本長利、吉澤健、眞島秀和、紺野千春、イモトアヤコ、好井まさお

☆☆☆★ 2019年/アークエンタテインメント/106分

    ◇

「実際起ったことと記憶は別物だと思うけどね」


 30年前の雪の日、白川一希(永瀬正敏)の弟が姿を消した。あの日、自分が弟を見失ったせいだと思い込み、心に深い傷を抱えた一希は、記憶を消す作業のごとく、漆塗りに集中する日々を送っていた。

 当時、弟を見失った辺りのアパートに住んでいた江藤早奈江(夏川結衣)が、少年誘拐の容疑者として浮上するも、確たる証言も取れず、完全黙秘のまま真実は闇へと葬られていた。
 その後アパートから姿を消した早奈江の周りでは、三人の男性が死亡し、火災事件も起き、火事現場からは少年らしき白骨死体も発見されていたのだが、事件は時効を迎え、残された家族の苦しみだけが残されていた。

 事件の真相を追うジャーナリスト木立省吾(井浦新)は、当時、早奈江には幼い娘がおり、その娘が全てを目撃していたのではないかとして行方を追っていて、その娘、早百合(菜葉菜)の居所を突き止めた。
 ある日一希の元を訪れた木立は、早百合から真実を聞き出し楽になろうと誘うが、戸惑いを見せる一希だった。

 早百合は、一希の住む地からすぐ近くの島で、旅館の下働きをしていた。島の雑貨店で万引きをし、旅館の客の金をくすめたり、従業員仲間からは男グセの悪さや陰口を叩かれている女で、年配の男とだらしなく陰湿な生活の日々を送っていた。
 同棲している宅間隆(佐藤浩市)は、母親早奈江の元恋人で、酒を飲んでは早百合を抱き、暴力を振るっている。
 抵抗するも宅間から離れられない早百合は、母親のことでか何かしら負い目を感じていた。

 そして、一希が小百合に会う決心をしたことで、被害者の兄と容疑者の娘という、共に心に傷を持つ男と女が交錯していく…
 事件の真相は…

     ⭐︎

 事件関係者のもがき、生きることの叫び、忘却、諦め、どれもが狂気となって突き刺さってくる…
 深雪の景色が朱色に塗り替えられるイメージは、四人の俳優たちの躰の奥から、漆のドロリとした深紅が滲み出してくる感覚を覚えるからだろう…
 圧倒される演技、陰惨で薄気味悪さの存在感に、観る者の感情が揺さぶられる…

 夏川結衣の鬼畜ぶりが凄い…石井隆作品へふたたび登場を願いたいくらい、その不気味な笑みに震えた…無頼な佐藤浩市も、曖昧さが不穏な永瀬正敏も、三人とも石井隆組じゃないか…

RedSnow_YuiNatsukawa.jpg RedSnow_KouichiSato.jpg


スポンサーサイト