TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「抱きしめて」有沢とも子



有沢とも子◆ 抱きしめて/あなたの面影 1969年

 荒木一郎がスカウトしたと言われる梶芽衣子の実妹の歌手デビュー曲であり、荒木一郎に取っても初のプロデュース作品。
 両面ともに作詞・作曲が荒木一郎で、編曲は川口真。

 「抱きしめて」は、荒木一郎らしいメロディに乗ったポップなサウンドで、当時深夜放送で聞き及んでいたが残念ながらヒットするには至らなかったなぁ。
 結局、翌1970年にレコード会社を移籍し、太田とも子として再デビューしたわけで、同時に梶芽衣子のヒット・シリーズ「野良猫ロック/マシン・アニマル」に実名歌手本人として登場し、2曲(「恋はまっさかさま」「とおく群衆を離れて」)を披露…ここでクールビューティーなお姿拝見ということになった…

 ただ、やはり姉・梶芽衣子の名前の大きさに翻弄されてしまった感もあり、1971年リリースの「甘い嘘」を最後に芸能界を去ってしまった。
 そして、梶芽衣子の自伝『真実』によると、既に他界されていたことが記述されていて驚いた。
 姉・梶芽衣子の名前の大きさに翻弄されてしまった不幸もあるのだろうが、5枚のシングルと映像がファンのこころに残されていることに感謝…

スポンサーサイト