FC2ブログ

TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

ディープな世界、女たちの挽歌


怨歌情死考~女たちの挽歌~

 年末に素晴らしいものがリリースされた。
 日本コロムビア〜THE DEEP歌謡コレクションの企画に食い込んで来たこのオムニバス盤は、昭和を駆け抜けた情念の歌い手や女優たちの、まさしく怨歌集。
 既に中古市場では入手困難なものや、高額商品として奉られてきた楽曲ばかりで、そのほとんどが初CD化となる逸品ばかり。
 これを買い逃したりすれば、後世、恨み言の毎日となること必至である。

01. 怨歌情死考 / 小川節子
02 .あなたと三回 / あい杏里
03 .新宿の夜は濡れている / 賀川雪絵
04 .私は蜘蛛の糸 / 橘 モナ
05 .しあわせを売る店 / 朝倉マリ
06. 探した幸わせ / 西尾三枝子
07. ピエロが街にやってくる / 沖山秀子
08. 恋が喰べたいわ / あい杏里
09. 背信 / 青島希実
10 .涙のサンバ / 橘 モナ
11 .短い手紙 / 西尾三枝子
12 .あなたが憎い / 小栗アキ
13. 紅花物語 / 小川節子
14 .生命の灯り / 片山由美子
15 .ダンチョネ節 / 沖山秀子
16 .都会の情景 / サミー
17 .愛の卒業 / 大窪けい子
18 .帰らないパパ / 新谷のり子
19 .ふたたび夢は夜ひらく / 緑川アコ
20 .一年は裏切りの季節 / 賀川雪絵
印:初CD化

 厳選されている曲は昭和40年代、『11PM』や東京12ch(現テレビ東京)の『独占!おとこの時間』『プレイガール』を見ては、その濃密な時間に埋没しながら悶々としていたころの裏歌謡たち。
 どの曲も忘却の果てに流された歌謡曲とはいえ、その真髄は取扱注意の大道芸的如何わしさにあふれ、陽の当たった昭和歌謡の大衆性よりも歌謡曲の本質を感じないわけにはいかない。

 シングル盤を所持する女優小川節子と賀川雪絵の歌声以外に、西尾三枝子、橘モナ(太田きよみ)、片山由美子の『プレイガール』勢の歌唱は必聴で、特に片山由美子の「生命の灯り」は、それまで存在だけは聞いていた幻の自主制作盤で、この復刻は驚喜の産物。しかし、まさか宮史郎や宮路オサムを連想するド演歌とは思わなかったなぁ…インパクトが強烈。

 インパクトといえば、なかにし礼の作詞となる朝倉マリの「しあわせを売る店」の厭世観も凄い。まったく初めて名前を聞く歌手であり歌なのだが、その恨み節は耳に残る。
 プロモ用の惹句「あなたの憎しみ 悲しみ あなたの心情を わたくし朝倉マリが 恨みをこめて歌います」と、セーラー服にアコギを持たせたシングル盤のジャケットも強烈だ。
 どうも彼女は、なかにし礼が設立した“なかにし礼商会”の秘蔵っ子だったようだ。

 青島希実「背信〈うらぎり〉」も初めて聞く歌手のシャンソン歌謡だが、歌唱力はこの中では一番かも…ただ、越路吹雪に極似の歌声が裏目に出たのだろうな。

 歌謡曲扱いとなっているソウル・シンガー、サミーの「都会の情景」は、安井かずみの作詞に稲垣次郎とソウルメディアの演奏によるニューロック…1971年、日本ロック黎明期の1枚として残すべき逸品だ。

 「夢は夜ひらく」(作詞水島哲)でデビューした緑川アコの「ふたたび夢は夜ひらく」は、石坂まさをが作詞した藤圭子ヴァージョン。


 ここにいる女たちは、歌っているというより演じている…凄みと、孤独と、哀しみのうねりは、平成が終わろうとするこの時代の底辺で、まだまだ果てしなく波打っている。その底知れぬ奥深い歌ごころに酔うばかりである。

Enkajyoushikou_cd_7inch.jpg

★小川節子
★賀川雪絵
★緑川アコ

スポンサーサイト

30年ぶりの物置整理に興奮する師走なり

 物置の建て替えに伴い庫内には、1963年から1965年までの『映画の友』29冊…『スクリーン』が1970年から1979年までの120冊あったので、順次紹介していこうと思っているが……

Eiga-no-Tomo_29S.jpg


「平凡パンチ」が青春

 2017年12月、裏庭の物置を建て替えることになり庫内を整理していたら、あかずの書棚から大量の「平凡パンチ」が出てきた。

Punch_01.jpg
Punch_02.jpg
Punch_03.jpg

 大橋歩の表紙イラストが、女の子ヴァージョンに変わりタッチも変化した1968年から、彼女の“イラストレーション”を愉しみに買い求めだした「平凡パンチ」。
 30数年前の引越しの際に、ほとんどの「パンチ」は古書店に売ってしまったものと思い込んでいたが、今回見つけたのは1968年から1970年までの号が102冊。
 これで2015年に押入から出てきたものと併せて129冊(1968年:27冊、1969年:47冊、1970年:49冊、1971年:6冊)が無事に手元にあったことが判り、とても喜んでいる。

 大橋歩が「パンチ」の表紙を終えたのが1971年で、購入し出した1968年からのものだけでも203点のイラストがあるはずで、まだまだ6割方の所持ということになる。
 コンプリートのためにはヤフオクなので残冊を探すのもアリかなと思うも、リアルタイムで買っていたものに意味を持ちたいので、これ以上は増えない(つもりだが……)。

「平凡パンチ」とともに

Punch-Delixe_8.jpg

 1969年、1970年の『パンチDelixe』も8冊…平綴じ350頁ほどで、定価240円の隔月誌だった…

黒い十人の名美

土屋名美を演じた大好きな女優たち…



余貴美子
速水典子
夏川結衣
水原ゆう紀
大竹しのぶ
泉じゅん
川上麻衣子
喜多嶋舞
鹿沼えり
安原麗子(画像がみつからず…)