TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

ツイートまとめ~石井隆世界にこころ馳せ~2017.08

 『後妻業の女』を観た…大竹しのぶが「黄昏のビギン」を口ずさみながら、津川雅彦の息の根を止めるシーンで、石井隆映画『死んでもいい』を思い出すのだから、まったく石井隆中毒者だ…永瀬くんも出ていたし…

 さて、7月にリリースされた『天使のはらわた』Blu-ray BOXのアウターの石井隆描き下しのイラストについては、簡単に「石井隆の描き下ろし、Blu-rayに甦る名美」に書き留めてあるが、とにかく劇画時代からのファンにとっては、石井氏の濃密な筆さばきに感嘆の声をあげるしかない…
 そして映像も、過去にスクーリンで観た作品とは思えないほどのクォリティで蘇り、あらたな興奮の時間を過ごさせてもらっている…

P_Tenshi-no-Harawata_BD-BOX.jpg

 『赤い眩暈』Blu-rayのみの特典コメンタリーは、過去の発言にくらべかなり突っ込んだところまで発言をする石井氏に竹中直人が慌てる箇所もあり、『天使のはらわた 赤い教室』における曽根中生監督と石井氏との因縁話は、ここ3年の間いくつかの活字媒体で真相発言がなされたが、今回、さらに石井氏の心情が痛いほど伝わってきた…

 何てことない話だが、相米慎二監督『ラブホテル』における速水典子の衣装に関しては、相米監督と石井氏との素敵な関係性が感じられ、ほっこり…

     ◇

 劇画『おんなの街 I&II』を読み返す度に、当時、巻末の続刊予告にこころ躍らせた思いが甦る…
 『フリーズ・ミー』公開に合わせたこの企画は、結局幻に終わったが、石井映画の原点回帰となる劇画を知らないファンのためにも、ふたたびの劇画本復刻企画を熱望する…

P_Onna-no-Machi_ad.jpg

 17年前の幻の企画CD『名美の総て』は、「死んでもいい」「ヌードの夜」「夜がまた来る」などの名美がヒロインの安川午朗作曲のサントラと「フリーズ・ミー」のメインテーマを収める、といった垂涎な内容だけに、あまりに惜しい、残酷な頓挫だった…

P_Onna-no-Machi_12.jpg

 70年代最後にして石井隆センチメンタリズムを極めた長編「雨のエトランゼ」と中編「夜に頬よせ」、そして、個人的に勝手に命名したタナトス4部作を収めた『おんなの街 I&II 』は必読…
 「夜に頬よせ」はラスト15頁45コマにおよぶ雨の情景に、ひとコマの静寂、女と男の刹那に魂が揺さぶられる名作だ…

 石井隆の劇画本はほとんどが絶版になっているが、いまはネットで手軽に中古本を買える…
 映画しか知らないファンには劇画もぜひ読んでほしいよ…

P_Nami_LastCut.jpg

 1984年の長編『象牙の悪魔~赤い微光線』も名作の誉れ……
 ラスト画がたまらなく好き…

   パンと乾いた音がして
   赤い閃光が走った
   雨の遠くから
   パトカーのサイレンが
   近づいて来た
   暑い夏の終わりだった

 どこまでも、名美に、恋して…


スポンサーサイト