TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

風とともに消えた、杏真理子


コンプリートシングルズ+/杏真理子

 満を持しての杏真理子の音源CD化が、シングルをコンプリートした以上に、未発表の曲を5曲も発掘してくれるとは、まさに驚愕の音源集となった。

01.さだめのように川は流れる
02.涙の空に虹が出る
03.理由(わけ)ある旅
04.虹
05.雪わり草
06.冬の記憶
07.地下鉄のスー
08.風とともに消えた
09.あやまち
10.いちどくらいはいい
11.夜が明ける
12.雨に咲く花
13.黒い花びら
14.雪が降る
15.君の名を呼べば
16.夜のメロディー
17.ブルージーンと皮ジャンパー
18.明日は月の上で
19.ヘイ・ジュテーム
20.みなし子のように
21.熱愛
22.さよならばかり
23.わるい娘
24.さだめのように川は流れる[オリジナルカラオケ]

☆印:初CD化  印:未発表曲

 低く、暗く、重く、非凡な歌声を持った杏真理子は、デビュー曲「さだめのように川は流れる」で注目はされたのだが、大きなヒットに恵まれぬまま5枚のシングルを残し歌手活動を一時休止、歌の勉強のために渡米した。そして次に彼女の名前を耳にしたのが、遠い異国からの訃報…
 享年23の若さで(当時のプロフィールでは1951年生まれと表記されているが、現在は1949年生まれとされるので25歳が正しいのかもしれない)幕を下ろした人生を、歌のように〝さだめ〟と片付けるにはあまりに残酷なことだ。

 それにしても、オリジナル/カバーを含めここにパッキングされた曲群の素晴らしさ。歌の実力は半端なく、彼女の凄みある歌声と歌唱力が、唯一無二のものだったことをあらためて知らしめられた。
 未発表曲にいたっては、これがなぜお蔵入りだったのかと思えるくらいの水準の高さで、4曲すべて阿久悠の詞世界だ。
 存命であれば、これまでにもっと素晴らしい作品が生み出されていただろうと思うと、まさに世の儚さである。

 そして、このCD復刻に尽力した藍渕邪子という音楽ライターによる6ページにわたるライナーノーツも、熱い執念が感じられる素晴らしいレヴューとなっている。(リリース年月日に誤植が見られるが…)

スポンサーサイト

「天使のはらわた」シリーズ4タイトル、Blu-ray化!

 2016年に日活ロマンポルノ45周年メモリアルとして、全80タイトルをリリースした《ロマンポルノリブートプロジェクト》の第2弾が発表された。
 今回のBlu-ray&DVD作品は65タイトル。リリース数は減ったが、ヴァラエティ豊かに重要作品が並び、その充実ぶりが素晴らしい!
 なかでも「ついに来た」という想いが『天使のはらわた』シリーズの4作品(『赤い教室』『名美』『赤い淫画』『赤い眩暈』)の初Blu-ray化…7月4日リリースの予定だ…

Tenshi_kyoshits.jpg Tenshi_Inga.jpg
Tenshi_Nami.jpg Tenshi_Memai.jpg

 単品それぞれのジャケットは一新され、石井隆書き下ろしのイラストが描かれる贅沢さである。限定ヴァージョンとして〝天使のはらわたシリーズ〟4作のBlu-ray BOXも書き下ろしイラスト仕様でリリースされる。
 ふたたび〝名美〟を描く、石井隆……その新たな執筆に対する想いが日活ロマンポルノ公式サイトで語られているが、胸がいっぱいになる…

 映像作家石井隆の誕生となったデビュー作『天使のはらわた 赤い眩暈』には、監督と主演の竹中直人によるコメンタリーが収録され、2001年の対談映像(45分)と佐々木原カメラマンのコメンタリー収録のDVDとともに重要作品。

 10月には既発の作品(石井隆原作・脚本)以外に、主演女優の交代(辺見マリ~新藤恵美)からラストシーンの改変など石井隆にとって因縁のある『ルージュ』の初Blu-ray化と、劇画「イリュージョン」を原作に映画『黒の天使』シリーズのプロトタイプとなったピカレスクロマン『夢犯』の初DVD化もある。

Rouge_pst.jpg Muhan_pst.jpg

★天使のはらわた 赤い教室★
★天使のはらわた 赤い淫画★
★天使のはらわた 名美★
★夢犯★

お気に入りのROCK LIVE盤9選_1968〜1972



Twitterの〝#私の大好きなライブ盤9枚〟を、覚えにブログにもアップしておく…
これらは1968年から72年くらいに、リルタイムで買い、レコードの溝がすり減るくらいに聴きまくった9枚…
オーソドックスな名盤ばかりだが、趣味がお判りであろうこの頃は、BLUES ROCK一辺倒だったのだ…

日本ではデビューアルバムとなったTEN YEARS AFTERのUNDEADは、日本独自のジャケット…オリジナル盤との違いにびっくりしたっけ(笑)…

このなかでCANNED HEAT:Live at Topanga Corralが渋めだろうな…