TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

THE DEEP歌謡コレクション〜沢知美シングル集発売

SawaTomomi_all-about-sawa.jpg 1st LP「沢知美/魅力のすべて」より

 2月22日リリースの杏真理子につづいて、日本コロムビア〜THE DEEP歌謡コレクション企画第4弾、沢知美『コンプリートシングルズ』が4月19日にリリースされる。
 アルバムとしてCD化されるのは『人の気も知らないで~沢知美とあなたの夜』につづいて2枚目で、今や中古市場で7インチシングルを見つけるのが困難な現状で、オリジナル曲だけを網羅し、フェロモンあふれる歌声を余すことなく聴くことができるのは、嬉しいニュース…

 メーカーインフォメーションによる収録曲は、初CD化を含んだ16枚のシングルA面全曲と、B面楽曲で初CD化となる7曲を収録した全23曲。もちろん2017年最新リマスタリングで収録される。

01.私にいわせて
02.夜更けのロビイ
03.あなただけを
04.ひと夏の恋だった
05.蒼い月の光
06.セロシヤ・プロモーサ
07.夢はいらない
08.霧の夜のすすきの
09.雨になりたい
10.東京ミッドナイト
11.夜にとけたい
12.知りすぎたのね
13.モーニング・ブルース
14.恋の鏡
15.私はかもめ
16.罪ある女
17.夏の女
18.夏の夜のできごと
19.ブルー・モーニング・ブルース
20.雨の言葉
21.ガラスの城
22.甘い生活
23.気ままに愛して

印:初CD化

 さて、シングルA面コンプリートと謳いながら、1967年の2ndシングル「アンブレラのブルース」が抜けているのはどういう訳か。初CD化となるB面「あなただけを」を優先したというなら、「私はかもめ」のB面「明日がつらい」とか「罪ある女」のB面「エヴァの誘惑」も、と欲が出てしまうではないか。

SawaTomomi_watashi-wa-kamome_ep.jpg

◆人の気も知らないで~沢知美とあなたの夜
SawaTomomi_hitonokimosiranaide.jpg

スポンサーサイト

杏真理子のアルバム、念願入手…



さだめのように川は流れる

 1971年6月にリリースされた杏 真理子唯一のLPを、ついに入手。ただし、見開きに閉じてあるはずのピンナップはなく、ジャケには2cmほどの底割れ…まぁ、安価だったので仕方のないこと。以前、買いそびれた悔しさもあるので、とりあえず即買いである。


 アルバムは、A面にオリジナル曲4曲と“ロカビリー三人ひろし”の井上ひろしと水原弘の「雨に咲く花」と「黒い花びら」、B面には杏真理子が敬愛するサルヴァトーレ・アダモの6曲が収録されている。

side A
01. さだめのように川は流れる
02. 虹
03. 夜が明ける
04. 涙の空に虹が出る
05. 雨に咲く花
06. 黒い花びら

side B
01. 雪が降る
02. 君の名を呼べば
03. 夜のメロディー
04. ブルージーンと革ジャンパー
05. 明日は月の上で
06. ヘイ・ジュテーム


 享年23の若さで(当時のプロフィールでは1951年生まれと表記されているが、現在は1949年生まれとされるので25歳が正しいのかもしれない)人生に幕を下ろした杏真理子については、既出記事『歌謡曲外伝/杏真理子』に付け加えることもないので今回はスルーするが、彼女の非凡な歌声に惚れ込んだ阿久悠にしてもメジャー歌手となることが叶わなかった運命の流転を、アルバムB面のアダモの曲群に感じずにはいられない。
 低く、暗く、重い歌声に、あらためて歌の巧さと世情の儚さに惹き込まれるのである。

 「ブルージーンと革ジャンパー」と「ヘイ・ジュテーム」は、ザ・ハプニングス・フォー解散後のクニ河内がアレンジしている。

 アルバムでしか聴くことが出来ないオリジナル曲で、英語タイトルをDay breaksと謳った「夜が明ける」は、作詞阿久悠、作曲馬飼野俊一の重厚なやさぐれ歌謡だが、1974年追悼アルバムとして再発された時には何故か外され、4枚目のシングル「地下鉄のスー」に差し替えられていた。


 さて、ここで朗報。
『杏真理子・コンプリートシングルズ+』と名打ったCDが、2017年2月22日にリリースされる。
 全シングルA/B面曲とこのアルバム収録曲の全て、初CD楽曲23曲を含んだ全24曲最新マスタリングとのこと。
なかでも、未発表曲4曲が収録されるという驚き、そして、期待…日本コロムビアさん、ありがとう!
 満を持しての杏真理子再評価…彼女の実力が陽の目を見ることに感謝である。