TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

女性ロッカーの先駆者、麻生レミ「OWN LINES」


OWN LINES/REMI ASO

 名門アトランティック・レコードから1976年にリリースされた麻生レミの1stソロアルバムは、井上堯之が発足したWATERレーベルから井上堯之Water Bandの全面バックアップで発表されたもので、同時に発表された井上堯之の1stソロアルバム『Water Mind』共々、当時大きな話題になった。

 沢渡朔撮影のセクシーショットのジャケットに惹かれもするが、それよりも、60年代初頭のデビューから内田裕也との出会い、日本のロック黎明期のフラワーズを経て、単身アメリカへと旅立った潔さから身に付けた女性ロッカーの凄みがでた素晴らしい表情をしている。
 このアルバムが出た頃は、すでにカルメン・マキや金子マリらが女性ロック・シンガーとしてしのぎを削っていたときだが、彼女らに道筋を残してくれたのが麻生レミだと云うことを忘れてはいけない。

 麻生レミの歌声を生で聴いたのが、1971年7月のグランド・ファンク・レイルロードのオープニングアクトとしてステージに立ったとき。と言っても、当日券を求めて後楽園に出向くもチケットを買えず、球場の外から聴いていたのだが…。
 この時、麻生レミのバックを務めたのが、井上堯之、大野克夫、原田裕臣、山内テツらのスーパー・セッション・バンドだった(本来の彼女のバンド〈WYND〉のメンバーが入国できずにいたため)。
 2度目の渡米でふたたび日本のロックファンの前から姿を消したのもあっという間だったが、1976年、久々に彼女の名前を目にしたのが、このアルバムだった。

OWN LINES
SIDE A
01 NOTHING DOING
02 RIVER DEEP、MOUNTAIN HIGH
03 OWN LINES
04 STUCK FOR WORDS


SIDE B
01 EVERYTING I HAD
02 I’D RATHER GO BLIND
03 SAME AGAIN
04 HOW LONG WOUD I LAST


 アルバム・プロデュースは井上堯之と内田裕也。レコーディングは、井上堯之の『Water Mind』と平行して新潟県塩沢スキー場のロッジで行われた。
 全編英語詞のソリッドなロック・アルバムは、井上堯之、大野克夫、速水清司、PANTA(頭脳警察)らのオリジナル曲とカヴァー曲が2曲。
 知らずに聴かされれば日本人のアルバムとは思えない英語力と、圧倒されるソウルフルなヴォーカルは、伊達にアメリカ各地をクラブサーキットしてきたわけではない証だろう。

 カヴァー曲のアイク&ティナ・ターナーの「RIVER DEEP、MOUNTAIN HIGH」とエタ・ジェームスの「I’D RATHER GO BLIND」は、どちらもソウルフルな名曲をロックテイスト豊かに歌いあげている。
 ブルーズあり、サザンロック風味あり、ヘヴィーなブリティッシュ・ロックありと、それぞれのタイプで歌いわける麻生レミのヴォーカルは、フラワーズ時代のパワフル・ヴォーカルを評価されていたとはいえ、やはり若さゆえの単調さは歪めなかったが、本場を渡り歩いた経験と年齢によるヴォーカル技術が血肉となり、ハスキーで艶のある声で、可憐さや、力強さを変幻自在に操るソウル・フィールを漂わせている。
 それこそ、当時あげあげのカルメン・マキら後輩女性ロッカーを足元にも寄せ付けない貫録ではないだろうか。

★麻生レミ、1971年の貴重音源!★

スポンサーサイト

麻生レミ、1971年の貴重音源!

 1971年に渡米中だった元フラワーズの麻生レミと小林勝彦のことを、シンガー&ギタリストで写真家のRandy Bowlesという人のブログで見つけた。

https://randybowlestories.wordpress.com/category/flower-travellin-band/

 同時に、1971年ワシントンで麻生レミがジャニスの「Turtle Blues」を歌う音源がYouTubeにアップされているのだが、これ、かなり貴重なものだと思う。



    ◇

 女性ロッカーの先駆者と言われた麻生レミは、高校生のときにジャズ喫茶のステージに立ち、1962年、18歳のときに麻生京子の名前で歌手デビュー。1967年に、内田裕也の誘いで麻生レミと改名し、フラワーズにヴォーカリストとして参加。レコード・デビューには時間がかかったが、日本初の女性ロック・ヴォーカリストとして、陳腐な敬称だが〝和製ジャニス・ジョプリン〟の異名を付けられ、1969年6月、バンドは1stアルバム『Challenge!』をリリースした。 

 この『Challenge!』は1曲を除き、ステージ・レパートリーであるジャニス・ジョプリン、クリーム、ジミ・ヘンドリックス、ジェファーソン・エアプレインなどのカヴァーで占められているが、もう1枚、1970年1月のステージを収めたライヴ・アルバム「ロックン・ロール・ジャム’70」でも、そのソウルフルな声で存在を際立たせていた。
 
 その後、麻生レミはメンバーのスティール・ギタリスト小林勝彦とともに、アメリカでの活動を目指すためにグループを脱退。
当時は、いろんなグループが結成と解散を繰り返していた日本のロック時代の黎明期でもあり、はっぴいえんどの誕生に伴い、内田裕也との間で「日本語ロック」か「英語ロック」かと、今考えれば馬鹿馬鹿しい論争が真剣に交わされていた時代。
 普遍的ロックの追及のためには、英語で本場のロックに対抗するのだという内田の考えを実践するかのように、1970年3月、麻生と小林が渡米。クラブ・サーキットのバンドで活動していたという話を聞いていたが、このブログと音源により、少しだけふたりの足跡を知ることができる。

 1971年7月、グランド・ファンク・レイルロードの日本初来日公演のオープニングアクトとして麻生レミは一時帰国をしているので、この音源はその数か月前のものとなるのだろう。
 とにかく、貴重な音源と証言ということになる。

 久々に、麻生レミのレコードが聴きたくなった…。

★ロックン・ロール・ジャム’70★
★伝説のグランド・ファンク怒濤の後楽園球場★

「螢火」藤圭似子


藤圭似子◆ 螢火/恋狂い 1981年

 1979年に突然の引退宣言をし渡米した藤圭子が、2年後、〝藤圭似子(ふじ けいこ)〟と改名してムバック宣言。このシングルは、復帰のために用意された主演ドラマ「新・海峡物語」(原作五木寛之)の主題歌で、1981年にリリースされた。
 作詞は阿木燿子、作曲は三島大輔。未練を灯しながら情念の川に揺られる女の業が、阿木燿子らしい詞世界に息づいている。
 B面は作詞一文字まこと、作曲森川範一。純情女の色気が漂う、メロトロンが心地良く耳に残る楽曲。

 この後リリースされた藤圭似子名義唯一のアルバム『螢火~右・左』には、「螢火」と対になった世界が展開する「螢子…その後」など、阿木燿子作詞の歌が3曲収録されている。

Fuji-Keiko_Hotarubi_lp.jpg

「銀座流れ唄」藤圭子


藤圭子◆ 銀座流れ唄/猫と女 1978年

 1978年5月にリリースされた32枚目のシングル。
 A/B面ともに作詞阿木燿子、作曲宇崎竜童が担当。「面影平野」と次作「酔い酔い酒場」の3作で完結する宇崎&阿木コンビによるオーソドックスな演歌歌謡曲だ。

 B面「猫と女」の方が、竜童節全開の逸品で、内藤やす子の『One Last Night』(’79)にも納められているオススメ曲。
 〝あなたのほほに 浮かぶ うす情け〟と、阿木燿子の詞世界の怖さを堪能できる。
  
★内藤やす子/One Last Night★

MOOK本「蘇る!日活ロマンポルノ」



 去年(2016年)の11~12月頃に発刊された日活ロマンポルノのMOOK本だ。
 まず、表紙の写真が、ロマンポルノを代表する白川和子でも宮下順子でも谷ナオミでも、ましてやアイドル的存在だった美保純でもなく、80年代の作品『ブルーレイン大阪』で初主演デビューをした志水季里子というのが、彼女のファンとして嬉しい次第

 書籍としては、やはりMOOK本にした特性が活かされ、女優を中心に制作現場などのスチール写真がカラーで豊富に掲載されているし、特集を4つにわけた記事も的を射た豪華な執筆陣。団鬼六の娘・黒岩由紀子の寄稿は興味深い。

 著述家・プランナーの湯山玲子の、〝「女性も楽しめる」みたいなカギカッコはいらない〟発言や、映画音楽の役割についての辛口コメントも面白い。

 MOOK本としては女優&監督名鑑のほかに、男優、脚本家、音楽家名鑑の掲載が親切丁寧であり重宝する資料だ。
 巻末の全作品リストも、ぜんぶにコメントが付けられた労作。

 ただし、女優名鑑に「芹明香」の名前がないのは不可解…ロマンポルノの一角を支えた重要性を認識していないのだろうか?
また個人的に、「速水典子」「水原ゆう紀」「泉じゅん」の名前がないのも寂しい…

    ◇

蘇る!日活ロマンポルノ
【徳間書店】
定価 1,204円+税

「役者は下手なほうがいい」竹中直人



一生、ベテランなんて言われたくない──

野心もなかった 自信もなかった
それでもつかんだ 圧倒的人生論!!

一生、ベテランなんて言われたくない──。脚本は読まず、役づくりもせず、型にはめられることを何より嫌ってきた竹中直人。コンプレックスの塊で、自信がなかったという彼が、加山雄三への憧れ、森崎東、五社英雄ら名監督の忘れられない言葉、初監督作~最新作の現場裏話、今だから語れる出世作『秀吉』の「珍」事件といった豊富なエピソードをもとにマイナスをプラスに転換する、自らの「逆転」の生き方の核心を初めて明かす。

    ◇

 加山雄三に憧れ、ジェームズ・ボンド映画や東宝アクション映画で育った少年期からはじまる、鬼才竹中直人の映画人生が語られるのだが、特に興味を覚えたのが石井隆映画との関わりを語る数ページ…

 竹中の事務所のごみ箱に捨てられていた「ヌードの夜」と題された台本の話は有名だが、まさに、竹中が拾い上げたこの1冊から、石井隆の映画監督人生、そして一般映画「GONIN」へとつづく道が開けたと言っても過言ではないだろう…
 
 石井隆映画の裏話としては、「天使のはらわた 赤い眩暈」の現場に鈴木則文監督が現れた話は興味深く、この何年か前に、石井隆の劇画「黒の天使」を鈴木監督が映画化する企画が持ち上がり、そして頓挫したこともあり、だからこの繋がりを考えると実に面白い…
 あと相米監督のこと…

 ただしおかしな記述もある…石井隆の漫画(原文通り)を見たのが中学生の頃だったなんて記憶違いも甚だしい…少年期に廃屋や原っぱで成人雑誌を拾い読みした想い出は男の子なら誰にでもある記憶の一片だが、竹中のいう「漫画エロトピア」は1973年の創刊だし、ましてや竹中が中学生のころは、まだ、独特のタッチが確立された石井隆名義の劇画は描かれていないはず…
 きっと、「漫画アクション」とか「ヤングコミック」、劇画家なら笠間しろうなどを垣間見た記憶とすり替わっているのだろうな…
 
 まぁ、そういったことも含め、ほかにも森崎東監督の言葉や、五社英雄監督との想い出、役者の仕事と監督の仕事などてんこ盛りに詰まっている面白い読みもの…

    ◇

役者は下手なほうがいい/竹中直人
【NHK出版新書504】
定価 799円+税

Rock'n Roll New Year 2017

あけましておめでとうございます


Stan's Blues /Stan Webb's Chicken Shack

 干支に合わせたロック・アルバム・ジャケットの紹介、2017年は酉年。

 ニワトリなら英国のブルース・ロック・バンド「チキンシャック」だろう。
 1960年代の英国ロック・シーンはジョン・メイオールを立役者に、彼のバンドから派生したミュージシャンたちを含めて一大ブルース・ブームが吹き荒れていた。
 それを追い風に、1968年にBlue Horizonからメジャー・デビューしたチキンシャックは、リーダーのスタン・ウェブのギターとピアノのクリスティン・パーフェクトのヴォーカルが二枚看板のブルース・ロック・バンド。
 フリートウッド・マックとサヴォイ・ブラウンと共に3大ホワイト・ブルース・バンドと称され、日本でも一躍人気を得ていた。

 ただし1970年代に入り、クリスティンがフリートウッド・マックのジョン・マクヴィーと結婚のために脱退し、その後もメンバーが次々と脱退しバンドは空中分解……
 その後、スタン・ウェブはサヴォイ・ブランに加入したり(キム・シモンズと元キーフ・ハートレー・バンドのギタリスト、ミック・アンダーソンとのトリプル・ギター体制でアルバム『Boogie Brothers』を発表)、自身のバンドを再編したりの紆余曲折を繰り返すことになるのだが、80年代後半から90年代に入りアルバムを数々リリースしている。
 ヨーロッパでの人気はずっと継続していたようで、特にドイツでの人気は凄いらしく、アルバム・リリースもドイツが多く、また、そのライヴ活動の様子はYou Tubeで見ることができるのが時代の恩恵だと思い嬉しい限りである。



 最新ライヴとしては、2016年9月のものを観ることができる。すっかり髪が真っ白になっちまったが、ウェブ節は健在である。

    ◇

 さて、このアルバム『Stan's Blues』はDVDで発表された2004年のライヴを収録したものだが、いまのところ最新CDとなる。

Stan Webb's Chicken Shack「Stan's Blues」

01 So Tell Me
02 The Thrill Has Gone
03 Reconsider Baby
04 I Know You Know Me
05 You Are Te Sweetest Little Thing/Hurt
06 Stan Webb's Chicken Shack Opera
07 Spoonful
08 Doctor Brown
09 I'd Rather Go Blind
10 The Daughter Of The Hillside
11 Stan's Blues