TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「女と男の名誉」*ジョン・ヒューストン

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するものです。

1985_女と男の名誉
PRIZZI'S HONOR
監督:ジョン・ヒューストン
原作:リチャード・コンドン
脚本:リチャード・コンドン、ジャネット・ローチ
音楽:アレックス・ノース
出演:ジャック・ニコルソン、キャスリーン・ターナー、アンジェリカ・ヒューストン、ロバート・ロッジア、ウィリアム・ヒッキー、ジョン・ランドルフ

☆☆☆☆ 1985年/アメリカ/130分

 初見1985年9月。
 NYブルックリンを支配するプリッツィ・ファミリーのドンに可愛がられ、殺しの依頼を請け負っているジャック・ニコルソンが、ある日、一匹狼の女殺し屋キャスリーン・ターナーと出会いふたりは恋に落ちるが、お互いに相手を殺す依頼を受けることに……。

 ジョン・ヒューストン最晩年の作品だが、鑠(かくしゃく)たるスタイルのユーモアあふれるマフィア映画になっているので楽しめる。
 監督の娘アンジェリカ・ヒューストンがアカデミー賞をはじめ各賞を総ナメしたが、キャシー・ファンには彼女のクールで頭のキレるヒット・ウーマンぶりに尽きるのである。

1985_PrizzisHonor_JH.jpg
1985_PrizzisHonor_KT_2.jpg

スポンサーサイト

「泥の河」*小栗康平

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するものです。

1981_泥の河
監督:小栗康平
原作:宮本輝
脚本:重森孝子
音楽:毛利蔵人
出演:田村高廣、藤田弓子、朝原靖貴、加賀まりこ、桜井稔、柴田真生子、芦屋雁之助、殿山泰司。蟹江敬三、初音礼子、八木昌子

☆☆☆☆ 1981年/日本/105分/BW

 初見1981年6月。
 昭和30年代はじめの大阪安治川河口付近を舞台に、河っぷちの食堂の少年と、廓舟で軀を売って生活する母を持つ姉弟との束の間の日常を描いた作品。
 戦後10年ほどの、まだまだ戦争の傷跡が残っている時代背景に、3人の子どもたちがリアルな世界を灯し、その素晴らしい演技に魅せられてしまい、出演シーンは少ないが加賀まりこの存在感にも脱帽。
 そして、あの廓舟を追いかける有名なラストシーンには、当時映画館の席から立てないほどに涙にくれた映画なのだった。
 思い起こせば、小学生低学年に似たような環境が身近にあったことで、出会いと別離に自分を投影していたのだと思う。
 何度も観たい映画ではないが、こころに突き刺さったまま身体の一部に確実に残っている作品である。

「日本の熱い日々/謀殺下山事件」*熊井啓

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するものです。

1981_謀殺下山事件
監督:熊井啓
脚本:菊島隆三
音楽:佐藤勝
出演:仲代達矢、山本圭、浅茅陽子、中谷一郎、井川比佐志、隆大介、大滝秀治、平幹二朗

☆☆★ 1981年/松竹/115分/BW

 初見1981年11月。
 俳優座の映画部門が製作した映画で、ほとんどが俳優座(元俳優座出身)の役者陣が名を連ねた作品。
 「松川事件」「三鷹事件」と並んで戦後日本に起った三大ミステリのひとつとされる下山国鉄総裁の変死事件「下山事件」を題材に、当時のニュース映像を交えて、捜査や報道に携わった人々を描いたもので、モノクロ画像で映し出される重厚な映像がサスペンスを盛り上げている。
 ただし、俳優陣の演技の熱量が高く(特に仲代達矢)、かなり暑苦しいドラマになっているので御用心。

「チャンス」*ハル・アシュビー

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するものです。

1981_チャンス
BEING THERE
監督:ハル・アシュビー
脚本:ジャージ・コジンスキー
撮影:キャレブ.デシャネル
音楽:ジョニー・マンデル
出演:ピーター・セラーズ、シャーリー・マクレーン、メルヴィン・ダグラス、ジャック・ウォーデン

☆☆☆☆★ 1979年/アメリカ/130分


 初見1981年3月。
 1980年に54歳で亡くなったピーター・セラーズの遺作で、ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)を受賞した作品。

 格式のある古びた屋敷の庭師チャンス(ピーター・セラーズ)の趣味はテレビと植物。読み書きのできない彼は、主人のいいつけはきちんとしたみなりで応え、欲もなく、作為もなく、ただ純真無垢に生きてきた中年男。
 そんな彼が、主人が急逝したことで“外の世界”へ出ざるおえなくなり、そこで富豪夫人(シャーリー・マクレーン)の車と接触したことから彼女の屋敷に招かれ、チャンスの人生が大きく転がり出す……。
 ただ無知なだけのチャンスの素朴な人柄に、インテリ層の人々は含蓄ある人物と勘違いし、チャンスを勝手に祭り上げてゆく様を、風刺を交えた上品なコメディとして描いている。
 チャンスに発情するシャーリー・マクレーンがとても淫らだ。

 監督のハル・アシュビーは、1988年に59歳で亡くなっている。
 ジャック・ニコルソンのヒューマン・ドラマ『さらば冬のかもめ』('71)や、ウォーレン・ビーティの内幕風刺ドラマ『シャンプー』('75)、ジェーン・フォンダ主演でベトナム戦争後遺症をメロドラマ的に描いた『帰郷』('78)、そして、ローリング・ストーンズの優れたミュージック・ドキュメンタリー『レッツ・スペンド・ザ・ナイト・トゥゲザー』('83)など、秀作・傑作を生み出してきた大好きな監督だった。

唯一無二の歌声、ふたたび~内藤やす子

3月4日の『中居正広の金曜のスマイルたちへ』において
内藤やす子の10年ぶりのTV復帰、嬉しかった…

10年前、脳出血に倒れ、記憶と歌声を失った彼女…
賢明なリハビリの記録…

奇跡の復活を成し遂げた陰には、20歳以上も年下のオーストラリア人の夫マイケル氏と、ずっと彼女の所属籍を残しておいてくれた事務所の社長のやさしい計らい…
良き夫と信頼できる恩人とめぐり会えていたことに感謝…

スタジオで復帰ライヴ…
「弟よ」「想い出ぼろぼろ」「六本木ララバイ」と3曲たてつづけに歌を披露…
プレッシャーはもの凄いものだったろうに…

100%の力ではないにせよ、その歌声は内藤やす子のまま…
歌の力ってすごいよ…泣けてきたよ…
よかった…本当によかった…

新曲が夏に予定されているという…
焦らなくてもいいとは思うが、ファンとしてはぜひ、阿木燿子×宇崎竜童の曲で完全復活を望みたいところ…

ブルーズを・・・
ロックを…
内藤やす子にしか歌えない曲を…
待っている…

内藤やす子×宇崎竜童
★ないないづくし★
★サタデークィーン★
★やさしさ尋ね人★
★One Last Night★
    ◇
★内藤やす子 7inch シングル[コロムビア]1★
★内藤やす子 7inch シングル[コロムビア]2★
★内藤やす子 7inch シングル[ラジオシティ]★
★内藤やす子 7inch シングル[フィリップス]1★
★内藤やす子 7inch シングル[フィリップス]2★
★内藤やす子 7inch シングル[テイチク]★
★内藤やす子 7inch シングル[テイチク]追記:USAGI★
★天使じゃない女がためいきついて「祈り」内藤やす子★
★十人十色のおんな心、「WOMAN」内藤やす子★
★「NO MORE ENCORE」内藤やす子★
★眠りについた街にBluesを「ALIVE AGAIN」内藤やす子★