TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

『GONIN サーガ』特集 キネ旬10月上旬号発売

Kinejun_GONINsaga.jpg

手を携える者の 魂の滑空 すべては元に立ち返る運命…

公開まで1週間……

    ◇

キネマ旬報2015年10月上旬号【特集:GONIN サーガ】

[時代はサーガを欲望する]
「GONIN サーガ」 氷頭(根津甚八)は生きていた―すべてはそこから始まる。
大越組組長・大越(永島敏行)と若頭・久松(鶴見辰吾)それぞれの息子、大輔(桐谷健太)と勇人(東出昌大)、いまだ父の名誉が挽回されていないことに苛立つふたりを唆す、ひとりの刑事・森澤(柄本佑)。さらに謎の元アイドル・麻美(土屋アンナ)
「GONIN」のひとりであった氷頭に生命が吹き込まれ、ちあきなおみ〈紅い花〉がくり返し流れることで、19年前で止まっていた子どもたちの時間が動き出す。
そして父親たち世代の亡霊たちもまた、召喚されることになるのだ。 人間の心理など介在する余地すらなく、最期の時に向かって直進するこの、運命的物語。
本特集では宮沢章夫の「竹中直人論」、湯浅学による「歌謡曲論」、そして“超人"高山宏とライムスター宇多丸による「サーガ」論……などで、はっきり時代を画する“19年に一度の"傑作に迫る。 (キネマ旬報社HPより)

    ◇

スポンサーサイト

『GONINサーガ』公開にこころ馳せ~ツイートまとめ

石井隆の映画&劇画における歌謡曲について一文を書いた自分としては、キネ旬[10月上旬号]の湯浅学氏の『歌謡曲論』はとても気になる…

石井隆はワルツがお好き
『GONINサーガ』には森田童子「ラストワルツ」が…
『赤い眩暈』名美の再生には祝福G.スタッフォード「テネシーワルツ」が…
『GONIN2』女たちを心的解放に誘う鶴見辰吾が柳ジョージ風に歌った「テネシーワルツ」も…

石井隆作品でのWaltzは、『フィギュアなあなた』の「オーラ・リー」でもそうだったように、現世と幻夜を彷徨うため、やさしい夢だけを見せてあげる、と誘い囁く夢想曲である

石井隆ワールドで放たれる銃弾は、肉体から離脱し硝煙や血しぶきをまとう魂…
それこそ、男たち女たちの艶やかな道行き…

GONINsaga_book.jpg

『GONIN サーガ』文庫本を買って…
映画観てから読むはずが、ついつい頁を括る指が止まらない…
アウトラインとして『GONIN』も文章化され、「1」では描かれなかった部分がいろいろあるのでそこまで読もう…
氷頭の後輩、後釜登場で『サーガ』の飯島“小池”大介につながるのか?

『GONIN』での荻原邸シーンは、京谷&一馬の目線で惨劇が描かれている…新鮮

クライマックスの大越組襲撃前
氷頭「あいつら六人であっちで俺たちを待ってるよ」
三屋「六人って?」
………
97P、大越組前から三屋と京谷が逃走し「1」が終わった…
第3章からは映画を観てから読むことにする

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」*セルジオ・レオーネ

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するものです。

1984_once-upon-a-time-in-america.jpg
Once Upon a Time in America
監督:セルジオ・レオーネ
脚本:セルジオ・レオーネ、レオナルド・ベンヴェヌーティ、ピエロ・デ・ベルナルディ、エンリコ・メディオーリ
撮影:トリーノ・デリ・コリ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演:ロバート・デ・ニーロ、ジェームズ・ウッズ、エリザベス・マクガヴァン、ジョー・ペシ、ジェニファー・コネリー、バート・ヤング、チューズデイ・ウェルド

☆☆☆☆☆ 1984年/アメリカ・イタリア/229分(初回劇場公開144分)

 初見1984年10月。
 愛と憎しみ、友情と裏切りのギャングたちの物語を、“移民の国”アメリカの現代史として、壮大な叙事詩に高めたセルジオ・レオーネの偉大なる遺作。
 エンニオ・モリコーネの哀切沁みるテーマと劇伴も、映画音楽の至宝である。

once-upon-a-time-in-america.jpg