TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

レッド・ツェッペリン登場、日本グラモフォン盤から45年

P6210007.jpg

 45年前の1969年に買ったレッド・ツェッペリン[ I ]日本グラモフォン盤である。邦題【レッド・ツェッペリン登場】

 高額な〝帯〟付きを持ってるってか? 
 昔は〝帯〟に価値を見出している購買者などほんの少ない存在だったと思う。当時は、ライナーノーツを読むのに邪魔だったり、綺麗なジャケットは部屋に飾ったりしていたから〝帯〟は無用の産物でしかなかった。輸入盤を買いだす理由のひとつもそんなとこにあったから、信じられないことに〝帯〟はほとんど捨てていたのだな…。
 だからこれは自作の〈なんちゃって帯〉。コレクター中野D児の真似である。
 ブログで見て面白そうだったので「デフィニティヴBOX」の紙ジャケCDから帯をスキャンして作成したのだが、これって結構めんどくさかった……これ1枚で辞めとこ。

 さて、この日本グラモフォン盤を購入したのは高校1年の7月。思い出しても悔しい曰くあるレコードになっているのである。
 ストーンズやビートルズを通り越しながら、ジミヘンやドアーズ、クリームに嵌り、ブルース・ロックに傾倒していた時期だったかな…次々と新しい形態のロック・サウンドをリリースしていた新生CBSソニーから「世紀のスーパースター/ジョニー・ウィンター」の発売があり、このツェッペリンのデビューアルバムも同じころの発売だったから、さあ困った。少ない小遣いでは、どちらも1800円だったことに真剣に迷った。
 で、ツェッペリンを買ったわけだが、針を落とした瞬間、1曲目の「Good Times Bad Times」の一音からしてその衝撃は強烈だった。
 近所に住む同じくロック好きの友人Wくんの家にすぐさまレコードを持って行き、興奮しながら何度も聴き合ったのがついこの間のような出来事だった。彼とはお互いが違うレコードを、例えばジミヘンやクラプトンは彼が買い、ぼくはジャニスやチッキン・シャックを買うといった具合に、互いの家を行き来しながら聴くというのが習慣だったから、まぁ、とにかくよく聴いた。そんな日々のあるとき、レコードに大きな傷をつけてしまった。
 10~11月だったか、ビートルズの「ABBEY ROAD」を親に金を出してもらい[ I ]を買い直したんだよね。丁度ツェッペリン[ II ]の発売でもあったので、同じレコードを買うことなどはナイショ。[ II ]はWくんが買った。

 さてツェッペリンファンにはごく当たり前の話なのだが、この日本グラモフォンの初回盤は裏面にミスプリントがあり、いまではこれにまで価値があることになっているのだが、そんなこと露とも考えもしなかったぼくが再購入したのは2nd盤で、ミスプリを直した再発良品のレコードを再び手にした喜びで傷ついたレコードはジャケットもろともジャンクしてしまったのである。
 レコードを買いだして50年…痛恨の極みベスト3のひとつ(ほかのふたつはバニラ・ファッジの日本グラモフォン初回盤とマザーズ・オブ・インヴェンション「Freak Out!」初回盤を人に譲ってしまったこと)として、いまだに思い出しても悔しいのであった(笑)。
 まぁそんなこともあって、このレコードはジャケとともに綺麗に残してあるのである。
 

 ついでだから、ざっと日本グラモフォン盤を紹介しておこう。
 表ジャケットがオリジナルと同じ図柄ながら見開きWジャケットになっていたのが特異なところ。
 中面にはTBSのディレクター北山幹雄氏のライナーノーツと歌詞が青字と紫字で印刷されている。中ジャケの左上には〝ART ROCK シリーズ〟のロゴ。

P6210004.jpg
P6210003.jpg

 裏ジャケットも日本独自。前述したとおりこれは再発盤なのでメンバー顔写真と下部の名前は合っている(悔・笑)。

P6210005.jpg

 ただし再発2nd盤といっても、マトリックスは1stプレスと同じ「SMT1067」のままなので、音盤としては同じもの。
 
P6210015.jpg
P6210013.jpg


 ツェッペリンに関しては、ストーンズのようにオリジナル盤や各国盤を集めたりしていないので、日本盤より断然音の良いと言われる英国オリジナル盤を体感していない。
 しかし、たしかに当時のほかのアーティストの日本盤はオリジナルに比べて音が非常に悪いものが多かったかもしれないが、日本グラモフォン盤は結構迫力のある音を出していると思う。
 
 ところで今回のツェッペリン・リマスター盤に関して、「レコード・コレクターズ7月号」の続報記事内に米盤と日本盤のLPは左右チャンネルが逆だと記されているが、日本グラモフォン盤はオリジナル通りであり、3rdヴァージョンの日本ワーナーに代わってからのことと認識されたし。

 さて見開き内のライナーノーツには、こんな北山氏の言葉で結ばれている。
 ~近い将来、バニラ・ファッジやドアーズなどを抜いて、完全にニュー・ロック界の王座に就くであろうツェッペリン。私は彼らを「ニュー・ロックの巨人」と呼ぼう。

 なんだか少し気恥ずかしい文章だが、45年経っても「追撃の巨人」は現れていないのではないか?


スポンサーサイト

「愛と喝采の日々」*ハーバート・ロス監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するのみです。

197805_愛と喝采の日々
THE TURNING POINT
監督:ハーバート・ロス
脚本:アーサー・ローレンツ 
撮影:ロバート・サーティース
音楽:ジョン・ランチベリー
出演:シャーリー・マクレーン、アン・バンクラフト

☆☆★ 1977年/アメリカ/120分

 初見1978年5月。
 家庭に入った元バレエ・ダンサーのシャーリー・マクレーンと、チャンスを掴んで成功した現役ダンサーのアン・バンクラフトの、かつてのライバル同士の嫉妬と恨み、そして新たな友情を生むまでのドラマ。
 もともとバレエ・ダンサーで振り付け師だった監督ハーバト・ロスの手際は、バレエ・シーンの美しさは見事でも、肝心の二大女優のドラマ部分が弱く、好みのアン・バンクラフトが良かっただけ。
 同じ年に観た『グッバイガール』の方が断然良い。

「メーン・イベント」*ハワード・ジーフ監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するのみです。

197812_メーン・イベント
THE MAIN EVENT
監督:ハワード・ジーフ
脚本:ゲイル・ペアレント、アンドリュー・スミス 
撮影:マリオ・トッシ
音楽:マイケル・メルヴォイン
出演:バーブラ・ストライサンド、ライアン・オニール

☆☆☆ 1979年/アメリカ/109分

 初見1980年1月。
 1972年の『おかしなおかしな大追跡』のコンビが再び撮りあげたラヴ・コメディ。
 アメリカで最低の映画に送られるスティンカーズ最悪映画賞において、作品賞・脚本賞・主演男優/女優賞などを受賞した映画だというのもご愛嬌である。

 香水会社の女社長(バーブラ・ストライサンド)は部下に横領されて会社が倒産し、唯一手元に残ったのは引退した元ボクサー(ライアン・オニール)の興行権だけ。
 嫌がるオニールを何とかリングに上らせ興業を組んでいくバーブラたちの行く末は……。

 凡庸などうってことのないアメリカン・コメディだが、バーブラとライアンの漫才のような掛け合いはけっこう楽しめた。

「ボビー・デアフィールド」*シドニー・ポラック監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するのみです。

197803_ボビー・デアフィールド
BOBBY DEERFIELD
監督:シドニー・ポラック
原作:エリッヒ・マリア・レマルク
脚本:アルヴィン・サージェント 
撮影:アンリ・ドカエ
音楽:デイヴ・グルーシン
出演:アル・パチーノ、マルト・ケラー

☆ 1977年/アメリカ/124分

 初見1978年2月。
 F1レーサーのボビー(アル・パチーノ)と不治の病に冒された上流階級の女性(マルト・ケラー)との恋愛映画、と云っていいのかどうか……。
 キャメラがアンリ・ドカエで音楽がデイヴ・グルーシンなら、なんとなくムードだけは良さそうなんだけど、よく判らない退屈な映画だった。
 

「ローリング・サンダー」*ジョン・フリン監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとして記録するのみです。

1978_ローリングサンダー
ROLLING THUNDER
監督:ジョン・フリン
脚本:ポール・シュレイダー、ヘイウッド・グールド 
撮影:ジョーダン・クローネンウェス
音楽:ハリー・デ・ヴォーゾン
出演:ウィリアム・ディペイン、トミー・リー・ジョーンズ、リンダ・ヘインズ

☆☆☆★ 1977年/アメリカ/95分


 初見1978年5月。
 『タクシー・ドライバー』を書いたポール・シュレイダーの第4作目で、これもベトナム帰還兵を主人公に、当時の病めるアメリカの現状を映し出したヴァイオレンス映画の傑作。

 ベトナムでの長い捕虜生活の末に故郷に戻ってきた主人公は、妻から彼のいない間に不倫をしていたことを打ち明けられるも、過酷な拷問での苦痛の記憶に神経も身体もぼろぼろの状態の彼にはそれに対応する気力も残っていない。
 感情というものを一切失った虚無な日々を過ごすなか、ある日暴漢が家に侵入。妻子を殺され、彼自身も右手首を失う大怪我を負う。一命を取り留めた彼は義手を付け、かつての相棒(トミー・リー・ジョーンズ)と復讐のために暴漢を追ってメキシコへ向う。

 生きて戻ってきたベトナム帰還兵が「死に場所」を求めて暴漢たちの巣窟へ殴り込んでゆくラストは、銃撃戦に笑みを浮かべ生き生きとしてゆく主人公たちの心情が突き刺さってくる。

『GONIN サーガ』公式サイト 開設!


★GONIN サーガ★

監督のコメントに涙

そして

Twitterでは公式アカウントで随時情報発信中!

撮影日記の雰囲気もあり

これまでの石井隆作品には こんなの見られなかった

撮影中でのこんな展開に戸惑い

しかし テンションは上昇中……

19年ぶり『GONIN』復活!

石井隆作品『GONIN』の真正続編が発表された

まずは、石井隆監督がつづけて映画を撮れることに安堵と祝福を!


東出昌大、桐谷健太、柄本佑、土屋アンナの4人と、あとひとりは後日発表となる意外なキャスティング

お楽しみはこれからだ

ZEP 2014年ヴァージョンのアナログ盤を買った

P6080002.jpg

 レッド・ツェッペリンの2014年リマスター盤DX仕様がリリースされたが、いま手元にあるのは「I」のアナログ盤/3LPだけ。

 今回のリマスターDX盤は安価な輸入CDをamazonのポイントを使って注文しておいたのだが、高額なスーパーDXE盤の延期同様にDX盤までもが18日に延期されたと通知がきていた。
 リマスターに加えて未発表音源を加えたDX盤となれば気になるのが当たり前で、国内盤発売前日Tower Recordsに出向いて手に取って見ていたのだが、ずらりと並んだ国内盤を見ているうちに輸入盤到着まで我慢できない衝動に駆られ、とりあえず1枚だけ「III」のDX盤CDを購入した。
 国内盤特典の「ツェッペリン福袋」抽選券とステッカーがもらえるという、なんとも浅ましい思いもあったりしたかもしれない。

P6080006w:p

 しかし、多分に日本製作のギミック・ジャケットの信頼を考えての「III」購入だったはずなのだが(輸入盤も日本製か?)、どういう訳かブックレットが取り出しにくいわ、CDのビニール袋が引っかかるわの不具合ぶりにイラっ。
 そんな不満をツィートしていたら、発売元のワーナー・ミュージックのサイトに製品上のお知らせとして「不具合による返品・交換」の告知が出てきた………
 早速返品したのは云うまでもないが、そう言えば2008年にリリースされた[デフィニティヴ・ボックスセット]の紙ジャケットにおいても、内側折り目がつぶれている不具合があり何枚か取替えてもらったんだっけ……。

 それにしても国内盤仕様のライナーノーツの酷さには腹がたつ。
 輸入盤より高額な国内盤メリットは解説や訳詞が充実していることだと思うのだが、このリマスター盤のブックレットは英文ライナーは掲載されておらず訳文の必要もなく、解説者の文章頼りみたいなところがあるっていうのに、渋谷陽一の文章は前々回の再録ではないか……。文末に少しの新規文でお茶を濁している。
 まぁこれも、今回のリマスター盤リリースがジミー・ペイジの意向で直前までサンプル視聴ができなかったことが原因だろうが、渋谷陽一のライナーは1994年時も使い回しだったのではないか……別に渋谷の文章が読みたいわけではないが、何とも気に入らない。
 プレゼントに釣られて国内盤を購入したようなものだが、次回「Ⅳ」以降は絶対に輸入盤しか買わないと言い聞かせている。

P6080012.jpg

 さて「I」のアナログ盤だが、自宅のオーディオでアルバムを通してじっくりと聴くというのは何十年ぶり。
 実際、普段はベスト盤『LED ZEPPELIN 1968~1980:4CD BOX』や『BOXED SET2』を仕事場や車の中で流している程度であり、あとはブートやライヴ盤を聴くというのがZEPへの対し方。だからだろうか、A面1曲目「Good Times Bad Times」に針を落とした瞬間、高1の頃日本グラモフォン盤で初めてZEPを聴いた感覚に近いものを味わった。
 結構ナチュラルで柔らかな音。
 至る所で語られているようにジョン・ボーナムのドラミングの迫力と、J・P・ジョーンズのタイトなベースラインの響きと、ペイジのアコースティック・ギター音の輪郭のクッキリ加減もいい感じだ。
 ただ今回のリマスターに関して、オリジナル盤にもっとも近いリマスタリングを心がけたと云うジミー・ペイジの言葉を確証するには、やはりUKオリジナル盤と比較してみないことには何とも云えないだろう。残念なことにオリジナル盤を所有していない身には、これ以上音質に関して書きようがないのだ。それでも、この盤は素晴らしいと云えるだろうな……。

 一番興味があったのは、コンパニオン・オーディオとして収録された公式未発表のライヴだ。
 1969年10月10日パリ・オランピア劇場のステージと聞いたときは、これまでZEPのライヴをコンプリートに納めた「コンサートファイル」やLuis Reyの著作物にも記されてこなかった日の音源だと驚愕したのだが、実際は2007年にフランスで突然発掘されFM放送されていた音源。
 それでも、38年間フランスの放送局の倉庫に眠っていたこと自体が凄いことだし、この音源を元にしたブートも既に発売になっていたらしい……というのも、ここ何年かZEPのブート集めを辞めた関係で、すっかりブート事情に疎くなっているのである。

 アナウンサーのMCが曲に被ったり「Moby Dick」が放送されていなかったりの不備があり、代わりにこちらは収録時間の関係で「Dazed and Confused」「How Many More Times」に大幅カットがあるものの、この日のライヴが公式に発表されることは素晴らしいことだ。ZEPに関してこの時期のライヴ体感は貴重なものだからね。

 その内容は?
 これが凄い。音質はモノラルで荒々しいものがあるが、CDよりアナログ盤で聴いた方が体感の度合いが違うと思う。
 バンドのグルーヴ感と会場の熱気が見事にパッキングされており、特に「Moby Dick」はそれまで第4回北米ツアーからの演奏が最古とされていたのだが、記録されたライヴとしてこれが最初の演奏(「Heartbreaker」も同様だが…)ということになり、ボーナムのドラミングは他では聴かれない凄みとどこかリラックスした感じがあいまみれ、この1曲を聴くだけでもこのDX盤を買う価値はあると思う。

P6080003.jpg

 レコードは2枚に分けて収録される関係で、CDとは曲順が違う。これもレコードで聴く場合の一興。
 あと、CDに付帯しているレアな未発表写真が載ったブックレットはアナログ盤にはない。これは残念だなぁ………。

 さて来週には輸入CDの方が届くのかと愉しみにしていたら、またもamazonから延期の通知………お届け予定日が6月24〜26日だって? 高すぎる国内盤を嫌ったが、こうも遅れるとは思ってもみなかった。


雑感:【天使のはらわた】にこころ馳せ~ツイートまとめ

 『ヌードの夜』Blu-ray BOXを少しまえに購入した。
 初Blu-ray化となる『ヌードの夜』とpart2の『ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う』〈ディレクターズ・カット版〉をBOX化したものだが、当初は、わざわざ買い直しをする財力も惜しく見送る考えだったのだが、特製ブックレット(15頁にわたる石井隆インタヴュー、『ヌードの夜』自筆ポスター案・撮影現場写真・余貴美子と竹中直人へのFAXの写し)への魅力には勝てなかった。

 そして何よりも石井隆ファンにとって、昨今の曽根中生氏の世迷言への困惑と真相を語ってくれた貴重なインタヴューを見過ごすわけにはいかなかった。

 『ヌードの夜』再見というよりも『天使のはらわた』シリーズを考え直す日々のなか、以下、ツイートのまとめを残しておこう。

    ◇

『天使のはらわた 赤い教室』(’79)
脚本からシーンを大胆に入れ替えた曽根中生

『天使のはらわた 名美』(’79)
脚本通りに撮った田中登

『天使のはらわた 赤い淫画』(’81)
上層部の意向でラストシーンを変えられた池田敏春


『天使のはらわた 赤い教室』
脚本第二稿の冒頭は劇画【緋の奈落】(’76)引用の川原シーン…
撮影初日に順撮りの如く進められた節がありながら
完成作品は大きくシーンが入れ替わる…
そのため
村木の行動や台詞に齟齬が生まれた

『天使のはらわた 赤い教室』後半
バー〝ブルー〟の名美とマー坊
ヒモのマー坊の過去を透かし見えるシーンは
劇画【街の底で】(’76)からの引用だが
石井隆の脚本第二稿にはない
ロマン・ポルノという大きな枠のなかで
石井隆が描きたかった世界と
曽根中生の思惑は大きな差異をもっていた

しかし
現実に我々が目撃した石井vs曽根の堕し子は
80年代を前にして誕生した
誉れ高き名作と語り継いでいいのだろう…