TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「キッチン」*森田芳光監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとしての記録です。

1989_キッチン
監督:森田芳光
脚本:森田芳光
原作:吉本ばなな
撮影:仙元誠三
音楽:野力奏一
主題歌:「ステイションワゴン」鈴木祥子
出演:川原亜矢子、松田ケイジ、橋爪功、四谷シモン、浜美枝

☆☆☆☆ 1989年/松竹/106分

 初見1989年11月。
 バブル期にちょっとしたブームになった吉本ばなな。彼女が海燕新人文学賞を受賞した代表作の映像化で、のんびりと、まったりと、透明感が心地よい映画となっている。
 『そろばんずく』や『愛と平成の色男』と軽薄さでスクリーンを賑やかせたあとに、このファンタジーな感覚の作品を撮り上げるのが森田芳光。
 モデルの川原亜矢子の女優デビュー作であり、スクリーンに映った彼女のミステリアスな不思議さがとにかくインパクトあった。インパクトと言えば、ゲイバーのママとしての橋爪功の女装キャラが強烈。
 暗くした部屋で幻想的に灯るミキサーの明かりや、天井窓から見える月、路面電車や冷蔵庫の存在など、そこにポツンとあるだけで温かみを感じさせる絵づくりが印象的で、伴い、野力奏一の音楽も素晴らしい。
 因みに原作は読んでいないので、どこまでばなな感覚を解体し森田色になっているのかは判らない。

スポンサーサイト

「愛と平成の色男」*森田芳光監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとしての記録です。

1989_愛と平成の色男
監督:森田芳光
脚本:森田芳光
撮影:仙元誠三
音楽:野力奏一
出演:石田純一、鈴木保奈美、武田久美子、財前直見、鈴木京香

☆☆☆ 1989年/松竹/96分

 初見1989年7月。
 これもバブル絶頂期の落とし子的映画。バブル期の各作品は『の・ようなもの』のような鮮烈さを徐々に消してゆくのだが、ただただ軽薄さを映しとる森田映画……他愛ない作品だから真面目に目くじら立てることもなく、石田純一が主役だが彼など見ずに周りの女優を見ていればいい。

    ◇

「バカヤロー!2 ~幸せになりたい。~」
    ◇
脚本:森田芳光
主題歌:「サン・トワ・マ・ミー」RCサクセション

第1話「パパの立場もわかれ」
監督:本田昌広
出演:小林稔侍、風吹ジュン

第2話「こわいお客様はイヤだ」
監督:鈴木元
出演:堤真一、金子美香、イッセー尾形、太田光、田中裕二

第3話「新しさについていけない」
監督:岩松了
出演:藤井郁弥、荻野目慶子、尾美としのり

第4話「女だけトシとるなんて」
監督:成田裕介
出演:山田邦子、香坂みゆき

☆☆☆ 1989年/松竹/98分

 前売券の扱いを見れば、「愛と平成の色男」の併映作というよりもコチラの方が観客受けすると読んだのでしょ。

「バカヤロー ~私、怒ってます~」*森田芳光総指揮

 以下作品は、映画前売券のコレクションとしての記録です。

1988_バカヤロー
脚本:森田芳光
主題歌:「サン・トワ・マ・ミー」RCサクセション

第1話「食べてどこがいけないの?」
監督:渡辺えり子
出演:相楽晴子、伊原剛志、石橋蓮司、森下愛子

第2話「遠くてフラれるなんて」
監督:中島哲也
出演:安田成美、磯辺弘

第3話「運転する身になれ!」
監督:原隆二
出演:大地康雄、斉藤慶子、イッセー尾形、成田三樹夫、阿藤海

第4話「英語がなんだ!」
監督:堤幸彦
出演:小林薫、室井滋、小林稔侍

☆☆☆ 1988年/松竹/94分

 初見1988年10月。
 主人公が怒りを溜め爆発するまでを描いたシチュエーション・オムニバス・コメディで、全4話の脚本を森田芳光が担当。
 それぞれの主人公たちが「バカヤロー」と叫ぶクライマックスが痛快だが、4話ともパターンが同じなので少し食傷気味になるのは仕方がないかな。
 この後いろいろシリーズ化されたが、1991年の「4」までが森田芳光総指揮(脚本)によるものだ。「3」以降は見ていない。

「そろばんずく」*森田芳光監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとしての記録です。

1986_そろばんずく
監督:森田芳光
脚本:森田芳光
撮影:前田米造
音楽:梅林茂
主題歌:「寝た子も起きる子守唄」とんねるず
出演:石橋貴明、木梨憲武、安田成美、小林薫、渡辺徹、名取裕子、小林桂樹、三木のり平

☆☆☆★ 1986年/東宝/109分

 初見1986年8月。
 この映画は、バブル期における〈東宝サラリーマン喜劇〉として、当時も今も賛否両論であろう作品である。
 各賞を総なめにしたクラシック映画『それから』で脚光を浴びたあと、世間の期待を大きく裏切るシュールでアヴァンギャルドな大胆さ。不真面目を真面目に撮りあげブレなく堂々とやってのける森田監督の振り幅の広さ。
 そんな森田芳光だから惹かれるのであり、カメラワークとか編集とか映画のリズム感はクセになるんだなぁ。

 併映作『おニャン子・ザ・ムービー』など見る気も起こされず映画館を後にした。
 (星3つ半はあくまで個人的感想なのでDVDを借りてしまってからのクレームは受け付けません…笑)


「それから」*森田芳光監督作品

 以下作品は、映画前売券のコレクションとしての記録です。

1985_それから
監督:森田芳光
脚本:筒井ともみ
原作:夏目漱石
撮影:前田米造
音楽:梅林茂
出演:松田優作、藤谷美和子、小林薫、笠智衆、草笛光子、中村嘉葎雄

☆☆☆☆★ 1985年/東映/130分

 初見1985年11月。
 マイナーだが大傑作な『の・ようなもの』でデビューし、にっかつロマンポルノを撮りながら『家族ゲーム』でその鬼才ぶりを世間に知らしめ、沢田研二『ときめきに死す』薬師丸ひろ子『メイン・テーマ』とアイドルを料理した森田監督が、ここらで腰の据わった映画でも創ってみるかと、クラシックな作品で賞を獲りにいったかのような映画だ。
 そんな狙いが本当にあったかどうかは別にして、この年作品は主演男優賞をはじめ数々の賞を総なめし、あらためて森田監督の実力が評価されるに至っている。
 前田米造キャメラマンの映像がとにかく綺麗。

「11/22/63」スティーヴン・キング

king_11:22:63
 読了は1月末。ツイートまとめに記したが、あらためてBook Reviewをしておこう。

 上下巻、各二段組500頁は『アンダー・ザ・ドーム』以来の超大作。相変わらずの一大エンターテインメントな世界を十二分に満喫できる傑作だ。


 ハイスクールの英語教師のジェイクは天職ともいえる教師の仕事に充実感を覚えてはいるものの、別れた妻との傷が癒えない毎日を過ごしている。
 ある日、行きつけのダイナーのマスターで友人のアルに呼び出され、アルの店の倉庫の奥にある秘密を教えられる。それは“過去への穴”で、1958年9月19日正午2分前に繋がっていると知らされる。そして、癌に侵されたアルは死ぬ前にジェイクに受け継いでもらいたいことがあると言う。
 それは、1963年11月22日のダラスで発生するジョン・F・ケネディ大統領暗殺という歴史的悲劇を阻止し、その後にくるベトナム戦争への流れを食い止めてくれということだった。
 アルの願いを承諾し過去に旅立つジェイク。
 “穴”の向こうに広がるのは古き良きアメリカだった。暗殺阻止までの5年間を過去の世界で教師として暮らすジェイクは、やがてセイディーという女性とめぐり逢い、初めて味わう幸福と充実の日々を過ごしていた。その一方、大統領暗殺犯となるリー・ハーヴェイ・オズワルドの動向を探る日々。
 しかしジェイクの前には、歴史の改変を拒む“時間”が立ちはだかる。それは思わぬ悲劇を巻き起こし、痛ましい出来事となってジェイクを苦しめるのだった……。

 運命の日、未来を変える銃弾が発射される。

    ◇

 タイムトラベルもののSFジャンルであろうが、単純に現代人が時間を遡り過去をいじってくるなんてちゃちな設定ではないのがキング。
 ディテール描写は詳細で、アメリカ人にとってはノスタルジーに浸るだけで感涙であろう時代設定。
 その世界で主人公がどう生きていくか……歴史を変えることの意味を考えながら悩み苦しむ主人公の生き方に、読者は歴史認識(ケネディ暗殺の事実)をすっかり忘れて共感してゆくだろう。

 タイムスリップの設定も面白い。その世界に何日、何ヶ月、何年も居ようと、一旦現代に戻ってくれば、それはたった2分間の出来事であり、過去の足跡は全てがリセットされる。この何度もやり直しが出来るという一見自由な約束事だが、実はこれが重要かつ厳しい足枷となる。

 J・F・ケネディ暗殺を阻止するために時間旅行する主人公の愛とサスペンスは、歴史を変えたあとには何が残されたのか……終章の思いがけない悲劇と、その後の展開に感動すること間違いない。
 超大作のキング特有の伏線の綾は、下巻のラスト・エピソードを読み終えたときに見事に集結され、長い、ながい読書の道のりの末に与えられるのは、涙と至福感………。
 まさか、こんなにも美しきラヴストーリーになっているとは……
 恐るべしキング帝王である。

     ◇

11/22/63(上)(下)/スティーヴン・キング
訳:白石 朗
【文藝春秋】
上巻:定価2,100円(税別)
下巻:定価2,100円(税別)

サヨナラ、安西マリア



2月20日に心筋梗塞で意識不明に陥っていた安西マリアが帰らぬ人になった

享年60


♪今も 今も 今も 今も
   ………
あなたを待っている

祈りは届かなかった


1976年リリース「サヨナラ・ハーバーライト」は

つづく「センチメンタル・グループ・サウンズ」「やけっぱちロック」とともに

橋本淳作詞・響わたる作曲のビクター時代の傑作

安らかにお眠りください


雑感:石井隆世界にこころ馳せ〜ツイートまとめ


 『甘い鞭』のメイキングを見ていて、ふと……今度、いつか[黒の天使 vol.3]が実現されるのなら、魔世の役は屋敷紘子が相応しいかなと……。
 絶対的にアクションが出来る長身の女優ってのが、日本にはなかなかいなかった。
 まして石井隆作品を考えると、「vol.1」では肝心のアクションの不出来、「vol.2」は裸NGの壁があった。そのどれもをクリアできる女優が屋敷紘子であろう。
 170cmの身長でのスタイリッシュなアクション……彼女しか思い浮かばなくなってきた。

 ヒロインとしてのインパクトが薄ければ、水原希子あたりを絵夢に抜擢し、キレのあるエロテイック・アクション劇はどう?…夢想の世界…。

 『黒の天使』なら「ブルー・ベイ・ブルース」……魔世を理想の女性として慕う不良少女“みどり”の役には間宮夕貴がお似合い……。

 『甘い鞭』BOX特典内「カメラテスト」…いきなりの、あの間宮夕貴のメイクは恐かった…

amaimuchi_ekonte.jpg
 『黒の天使』のDVDあたりから見られるようになった石井隆の絵コンテ。『GONIN』はもちろん『ヌードの夜~愛は惜しみなく奪う』にも付帯されていたが、『甘い鞭』においてはヒロインの表情がしっかりと書き込まれるようになった。

eigageijyutu2014winter.jpg
 「映画芸術」冬号*成田尚哉氏の『天使のはらわた・赤い教室』についての記述に目をみはる。倉田剛著作本「曽根中生」での曽根氏の発言が不可解と……。石井隆ファンとしてまさかの混迷である。

 『天使のはらわた・赤い教室』石井隆の脚本では、去り際の村木が振り向き煙草に火を点けてストップモーション。映画は名美の顔を正面に捉え、水たまりに映った自分の顔を踏みつけるところで終わる。村木の視点で終えるか……名美の視点で終えるか……。

 石井隆の第二稿における村木目線の終わり方がハッピーエンドにつながると曽根監督は解釈したのか。『赤い教室』ラスト・シークエンスは変更された。かつて「石井隆世界の破壊者」と答えていた曽根中生として、見事なエンディングを創りあげた。誉れ高き名作。