TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ションベン・ライダー」*相米慎二監督作品



監督:相米慎二
原案:レナード・シュレイダー
脚本:西岡琢也、チエコ・シュレイダー
音楽:星勝
主題歌:「わたし・多感な頃」河合美智子
挿入歌:「スクール・デイズ」永瀬正敏
出演:藤竜也、河合美智子、永瀬正敏、坂上忍、鈴木吉和、原日出子、桑名将大(正博)、木之元亮、財津一郎、村上弘明、寺田農、宮内志麻、伊武雅刀、きたむらあきこ、倍賞美津子

☆☆☆★ 1983年/東宝、キティ・フィルム/118分

    ◇

 『翔んだカップル』『セーラー服と機関銃』につづく、相米慎二監督の〈ガキ映画3部作〉の第3作。
 生来の喰わず嫌いから、先の『翔んだカップル』『セーラー服と機関銃』をスルーしていた当時、リアルタイムで初めて相米作品を観たのがこの映画だった。
 冒頭から「えっ?ナニ,何?』と目を疑う感覚になり、不可解でありなんとも魅力に富んだ映画なのである。


 ジョジョ(永瀬正敏)、辞書(坂上忍)、ブルース(河合美智子)の3人は、日頃イジメられているガキ大将のデブナガ(鈴木吉和)に仕返しをしようと考えていた。ところが、デブナガが3人の面前で暴力団に誘拐されてしまった。
 「デブナガへの仕返しを諦めるかって?」「冗談じゃない!」
 3人はデブナガとの決着をつけるために奪還作戦を決めた。
 横浜へ行った3人は、派出所の田中巡査(伊武雅刀)と知り合い、デブナガのオヤジが覚醒剤の精製をやっていていたために、組み同士の争いにデブナガが誘拐されたことなどを知る。巡査の誤解から3人は覚醒剤中毒の中年ヤクザを紹介される。巌兵(藤竜也)という名のそのヤクザは、組長(財津一郎)からの命令でデブナガを誘拐した山(桑名将大)と政(木之元亮)を追っていた。
 ブルースと辞書は、担任のアラレ先生(原日出子)が研究会で滞在する熱海を経て名古屋へ。ジョジョも別行動で巌兵を追って名古屋へ。
 熱田神宮近くの運河の貯木場に集結した5人は山と政を追いつめるが、逃げられる。
 怪我をした巌兵を含め組長の世話になるジョジョとブルースと辞書とアラレ先生だったが、デブナガの居所の情報を得たアラレ先生までが山と政に拉致されてしまった。3人は虚しく横浜へ戻る。
 覚醒剤中毒になった田中巡査と再会した3人は、山と政らが隠れている覚醒剤精製所を教えられ、乗り込むことに。デブナガとアラレ先生を救出するために大立ち回りを繰り広げ、果ては巌兵の再出現から銃撃戦に。山と政が死ぬなか、警察隊がやって来る……。

    ◇

 全編、ほとんどをワンシーン・ワンカットの長回しに徹した作法で、河合美智子、永瀬正敏、坂上忍らが、走り、跳び、踊り、歌い、弾む。すべてのシーンがドキュメンタリーのように嘘のつけない“画(絵)”となり、3人の少年少女たちの肉体が躍動する。ひとつの、アクション映画と云えよう。

 開巻から釘付けになるのが、約8分間のワンカットシーン。桑名将大と木之元亮がいる駐車場から道路へ、道路から学校のプールへ。辞書らをプールに沈めていたデブナガを捉えたカメラはそのまま校庭へ。校庭で爆音を鳴らし走り回る少年たちを追っかけているアラレ先生の原日出子。そこに水着から着替えた河合美智子、永瀬正敏、坂上忍が現れ、校門でデブナガたちと争いになる。桑名将大と木之元亮が再び登場し、別の車がデブナガをさらって行く。学校の外に走り出した河合美智子と永瀬正敏と坂上忍の背中をパンしたカメラが、校門に手書きされた「ションベン・ライダー」のタイトルを映し出す。
 興奮する以外にないこのシーンで、〈ストーリーを見るな、映画を感じろ〉と挑発する相米監督の気概が伝わってくるのである。
 まあ、ワンシーン・ワンカットにこだわり過ぎる監督の作品ははっきりと好き嫌いが別れるだろうが……。

 相米監督は公開当時のインタビューで「オトナが見たって意味ないこと。映画っても、子供が楽しめばいいんだから……」みたいなことを言っていた。アニメ『うる星やつら~オンリー・ユー』の併映作だという意識。だから好きなように撮るというスタンス。自由奔放に“遊んだ”映画ってことだ。だからって子供の映画なんかじゃない。
 現場では、大人が辛くなるような過酷な演出を、素人の中学生(永瀬正敏は当時高校1年)の4人にも強いる相米監督の執拗ぶり。すべてスタントマンなしだ。

 女の子がイヤでイヤでしょうがない少女役を1万数千人のオーディションで勝ち取った河合美智子(ブルースの本名がそのまま芸名になった)は、運河に架かる吊り橋の上から飛び降り、まだまだ可憐でお嬢様タイプの原日出子もワンピース姿のまま橋の欄干を跨いで飛び降りる。
 そして、語り種となっている貯木場での追っかけに繋がってゆく。
 舟からのカメラがゆっくり横移動していくなか、貯木場を河合美智子、永瀬正敏、坂上忍、原日出子、桑名将大、木之元亮ら主要人物たちが走り、何度も何度も川に落ちる。みんな本気で演っている。遊んでいる。付き合わされるのが大変と、藤竜也だけは悠々と歩いているのが面白い。
 穀潰しのような中年アウトローは『野良猫ロック』の成れの果てか。

 原日出子と村上弘明が桑名&木之元のアジトに乗り込むシーンの長回しは、低い位置からのカメラが真夜中から朝方までの時間をワンカットで見せる。相米監督の師匠でもある曽根中生監督の『天使のはらわた 赤い教室』での安旅館シーンを彷彿とさせてくれる。

 「手柄たてたと思うなよ」
 刑事に向かってデブナガが叫ぶラスト。画面の右端にポツンと置かれた「、」のエンドマーク。映画は、歪んだ大人の世界に迷い込んだ少年少女が、冒険の末に得た変貌と感傷と哀切で終わる。

 先のインタビューで相米監督は「これでガキの映画はお終い」と語り、この年の暮れ、骨太な人間ドラマ『魚影の群れ』を発表した。

    ◇
 
★天使のはらわた 赤い教室★

[相米慎二作品]
★魚影の群れ★
★ラブホテル★

スポンサーサイト

「Encore」稲葉喜美子


Encore

01. 大人の算数
02. シンデレラ・ヴァージン
03. SHORT HOPE BLUES
04. 一日天使
05. 夢見る卵
06. 風の蕾
07. 夜汽車
08. パ・ドゥ・ドゥ
09. NO THANK YOU
10. 約束



 久々に 稲葉喜美子のアルバム数枚を聴いていた

 太く 掠れた声から発せられる

 傷ついたひと 寂しい女たちのうた

 通底するは BLUES

 そして 歌謡曲 艶歌

 冬の寒い日には、マリアの歌は心に響く



 1982年に1stアルバム『愛しき人へ』でデビューしたシンガー&ソング・ライター稲葉喜美子。
 横浜生まれの彼女。酒と煙草が大好きで、自らを“マリア”と呼び、少女時代は日の出町で唄うたいをしていたからなのか、彼女の歌の主人公には夜の女たちが多い。
 彼女自身、波乱万丈とまでは云わないかもしれないが、いろいろなことがあった御仁。ちょうど20年前、彼女は忽然と姿を消したのもまた、伝説か。

 この『Encore』は1990年4月にリリースされた。全7作あるオリジナルアルバムの、最後の作品になっている。

 ブレイクするに至らなかったけれど根強いファンを持っている“マリア”嬢は、再評価されてしかるべきだ。

   ☆    ☆    ☆

大人の算数
  酒場の女たち 薄灯りの中 身の上噺 いつも四捨五入

シンデレラ・ヴァージン
  午前零時 時計を真似て 重なり合えば夜は短い
  親切鏡 逆さ映し 現を夢に変えて シンデレラ


 幸せ求めていろんな男を渡り合う女のお伽噺……。

SHORT HOPE BLUES
  殻れついでの心 パズルの様に 繋ぎ合わせりゃ 風に飛ばされて
  拾い集める指の その先々で 堅気の女衆が 踏んで行く


 人には云えない、引け目を感じながら、生きていくために、男たちに甘い声と手招きをする女たちが、一番恐れるのは普通の女性たちの視線。

一日天使
  幸せそうなふりばかり 上手くなって
  はしゃいだ夜のツケでまた無口になる

  想い出なんて好きな様に 書き直せばいい
  躓き慣れて強くなれ 野良犬の様に


 もがいてもがいて、自分に魔法をかけて………。

夢見る卵
  憧れて憧れて いつか生まれ変われたら
  すこしだけ すこしだけ 今よりマシになれ


 内気な女が精一杯に殻を破って生まれ変わろうとしても………。

NO THANK YOU
  ずぶ濡れのままキャシーが逃げて来る 蒼醒めた唇 薄く血が滲む
  唸され続きの夢に追われて もうこれ以上遠くへは行けやしない

  嗚呼 流れ澱む河に棄てるには 軽過ぎる生命か答えてよ
  ……I'm sorry 勝手にするわ No Thank You


 中島みゆきの「エレーン」や「毒をんな」に登場する娼婦たちのように、異国の地で、開き直って生きるしかない女たちの叫びが生々しく……。


★愛しき人へ/稲葉喜美子★


「お熱い夜をあなたに」*ビリー・ワイルダー

1973-03_お熱い夜をあなたに
AVANTI!
監督:ビリー・ワイルダー
原作:サミュエル・テイラー
脚本:ビリー・ワイルダー、I・A・L・ダイアモンド
音楽:カルロ・ルスティケリ
出演:ジャック・レモン、ジュリエット・ミルズ、クライヴ・レヴェル

☆☆☆ 1972年/アメリカ/143分

    ◇

 大企業の社長である父親が保養先のナポリの島へ遺体を引き取りに行くジャック・レモン。実は父親は10年間、妻子に内緒でこの島で愛人とヴァカンスを過ごしていて、その最中に事故死したものと判明。
 アメリカのビジネスマン然とした仕事人間ジャック・レモンは早急に帰国したいのだが、彼の前に現れた父親の愛人の一人娘・ジュリエット・ミルズは母親を愛した人とこの地に埋葬したいと言い出す始末。
 のんびりしたイタリアの空気のなかでホテルですったもんだがあるうちに、互いに好意を抱くようになり、ついにふたりは一夜のベッドを共にすることに……。

 イタリアを舞台にイタリア人気質を皮肉った艶笑コメディで、ジャック・レモンとジュリエット・ミルズの掛け合いが見もの。ジュリエット・ミルズは「ライアンの娘』(’70)などで知られる名優サー・ジョン・ミルズの愛娘で、この役では役作りのために豊満に体重を増やして挑んでいる。
 そして、この手のコメディは脇役が肝心で、ホテルの支配人役のクライヴ・レヴェルがとてもいい。
 衝突ばかりしていた二人が、父親と母親と同じような逢瀬を続けていく暗示で終わるラストシーンも洒落ている。


「ソイレント・グリーン」*リチャード・フライシャー

1973-20_ソイレントグリーン
SOYLENT GREEN
監督:リチャード・フライシャー
原作:ハリー・ハリソン
脚本:スタンリー・R・グリーンバーグ
出演:チャールトン・ヘストン、リー・テイラー・ヤング、エドワード・G・ロビンソン、ジョセフ・コットン、チャック・コナーズ

☆☆★ 1973年/アメリカ/98分

    ◇

 人口増加に伴い極度の食糧不足と、格差社会による貧富の差が激しい2022年の地球。一部の特権階級以外の人間は肉や野菜を口にすることができず、ソイレント社が造る合成食品の配給を受けて生き延びている社会。貧民が暴動を起こすも、人間を人間とも思わぬ大型重機による一掃する暗黒社会。

〈ニューヨーク・2022年の恐怖……この映画の怖るべき結末はどなたにも話さないで下さい〉

 ソイレント・グリーンが何から作られているかは大体が想像できる。
 暗澹たる近未来社会を描いた40年前のSF映画だが、今にすれば安楽死や環境破壊、人口増加による食糧問題などSFではない現実が既にあり、怖いものだ。

 チャールトン・ヘストンはずっと大根役者だと思っているので、まぁどうってことない映画なのだが、エドワード・G・ロビンソンが安楽死するシーンが救いのない映画の中で唯一美しいシーンであり、エドワード・G・ロビンソンにとっても本当に遺作になったのだから感慨深い。

ふたたび、しなやかに女たちを唄う宇崎竜童


しなやかに したたかに 女たちへ part2/宇崎竜童

 『しなやかに したたかに~女たちへ~』の第2弾として、1994年の暮れにリリースされたセルフカヴァー集。
 井上堯之監修のもと今回も女性アーティストたちに贈った楽曲が詰まっているが、最後の「しなやかにしたたかに」のみ宇崎竜童の歌唱がオリジナル。

01. そしてギルティ 〈高橋リナ〉
02. 思い出に恋して 〈?〉
03. イミテイション・ゴールド 〈山口百恵〉
04. 寝た子を起こす子守唄 〈豊島たづみ〉
05. ないないづくし 〈内藤やす子〉
06. 硝子坂 〈木之内みどり〉
07. BIRTHDAY 〈都はるみ〉
08. シングル ガール 〈太田裕美〉
09. NO MORE ENCORE 〈内藤やす子〉
10. 掌の中の地図 〈内藤やす子〉
11. 夢先案内人 〈山口百恵〉
12. 歌い継がれてゆく歌のように 〈山口百恵〉
13. しなやかにしたたかに 〈宇崎竜童〉


 今回も山口百恵と内藤やす子の名曲づくしだが、ロカビリーで跳ねる「イミテイション・ゴールド」やチャチャのリズムで弾む「夢先案内人」は、宇崎竜童の遊び心が効いていて面白い。
 内藤やす子の「掌の中の地図」は、オリジナルより歌の部分のテンポをぐっと落とし、女の独白を呟くように語る。「あるアングル・トライアングル」とともに絶品。名曲は何処にあっても名曲なり。
 しっとり歌う「ないないづくし」の歌心や、「NO MORE ENCORE」や「歌い継がれてゆく歌のように」のようにスローバラードをしなやかに謳いあげてゆく竜童節の心地よさも十分に味わえる。

 1曲目の「そしてギルティ」は、JR東海[クリスマスエクスプレス]や「キリンラガー」のCMで馴染みのある高橋リナが1991年にリリースした歌だが、オリジナルの高橋リナの歌唱は山口百恵や中森明菜を彷彿させるほど竜童節を見事に昇華している逸品。
 また今回は、木之内みどり(高田みずえ)の「硝子坂」や太田裕美の「シングル ガール」といった選曲も目を引くし、「しなやかにしたたかに」は2011年に梶芽衣子がHard Rockにして歌いきっている傑作。

 「BIRTHDAY」のオリジナルは都はるみだそうでこれは聴いたことがなく、「思い出に恋して」に至ってはいったい誰が歌った曲なのだろうか……。


★しなやかに したたかに~女たちへ~★
★手のひらの中の地図:内藤やす子★


「任侠外伝 玄界灘」初DVD化!

 昨年、ATGライブラリー第2弾として、これまでDVD化されていなかった若松孝二監督の『聖母観音大菩薩』、神代辰巳監督の『ミスター・ミセス・ミス・ロンリー』、増村保造監督の『音楽』がリリースされ、 同時に、まさかの曽根中生監督の『不連続殺人事件』までもが初ソフト化されたのだが、2013年は早々に、唐十郎監督作品『任侠外伝 玄界灘』が初DVD化された。
 所持するVTRは画面が暗く見にくい代物だったので、これは朗報。

任侠外伝玄界灘_dvd

 1976年9月11日、名古屋の名宝シネマ(かつては「名宝文化」がATG専門館だった)で吉田貴重監督の『煉獄エロイカ』と同時上映された本作を鑑賞。
 あいにく『煉獄エロイカ』はその前衛性にストーリーなど望めず、一切映画作品として観ることができない苦痛の最たるものだったのだが、この『任侠外伝 玄界灘』は、情念、無念、欲望、欺瞞、復讐、怨念、地獄に悪夢………唐十郎の大時代的な芝居に満ちあふれ、興奮のまま映画館を後にした映画だった。

 根津甚八の色気、李礼仙の美しさ 麗しさ、宍戸錠の狂犬ぶり、小松方正の卑屈さ 執念、そして安藤昇の生き様………修羅。
 役者たちの生々しいエネルギーが半端なく観るものを射るのだから、こんな凄い映画はない!

Cinema Review★任侠外伝 玄界灘★

石井隆新作の前に「天使のはらわた 名美」初DVD化!



 石井隆の新作映画2本『フィギアなあなた』と『甘い鞭』がこの夏に公開される。

 『フィギアなあなた』のヒロインはグラビアアイドルの佐々木心音。孤独なおタク青年の役は柄本佑だが、『甘い鞭』の方の“17歳のヒロイン”と“31歳のヒロイン”、そして男優たちの発表がなかなかされず、じれったい日々がつづいている。
 
 多分アノ女優であろうとは想像できるのだが、公式に発表されていない以上ブログなんぞで軽々しい発言はできないのだな。ファンの先走りは慎みたい。

 さて夏までソワソワする日々だが、その前に“天使のはらわたシリーズ”のDVDが3月2日に発売される。
 泉じゅん&阿部雅彦の「天使のはらわた 赤い淫画
 水原ゆう紀&蟹江敬三の「天使のはらわた 赤い教室」は再発。

akaimemai_dvd.jpg
 桂木麻也子&竹中直人の「天使のはらわた 赤い眩暈」はジャケットの新装版。
 
 今回目玉は、鹿沼えり&地井武男の「 天使のはらわた 名美」!初登場となる。
 田中登監督の意欲作として名場面の多い作品である。

 4作品とも、石井ワールドの原点とも云える作品。まだ見ぬ石井隆ファンよ、一度は触れてみてもいいだろう。