TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

片意地張って生きてゆく女たち、「あゝブルース」内藤やす子

naitouyasuko_onelastnight.jpg
One Last Night

side A
01. 熱砂
02. 寝た子を起こす子守唄
03. 猫と女
04. 絶望×絶望
05. あゝブルース

side B
01. レイジーレディブルース
02. ダウンタウン・エンジェル
03. 家なき子に出逢ったら
04. 影の栖(すみか)
05. 言い訳



 1970年代に於ける内等やす子×宇崎竜童のコンビネーションは、1979年の年末にリリースされたラジオシティでの第2作目で完結。
 『サタデークィーン』同様、再び全曲が宇崎竜童&阿木燿子コンビによるロック&ブルージーな曲群で網羅されている。アレンジには後藤次利、馬飼野康二、ジェイク・H・コンセプション、矢野誠らを迎え、バックに大村憲司、吉野藤丸、村上“ポンタ”秀一、林立夫、松原正樹、斎藤ノブらトップミュージシャンを従えての堂々たるロッククィーンぶりである。

 内藤やす子はデビュー前、クラブやディスコの専属バンドのフロントヴォーカルで、ライヴハウスやビアガーデンなどではダウンタウン・ブギウギ・バンドともステージを共にしていた。彼女がレコード・デビューする際には、実はバンドでの契約だったはずが提供されたのが歌謡曲「弟よ」だったわけで、そのためにバンドのメンバーは離れて行ったという。バンドがメジャーデビューするときのよくあるお話……。
 先にデビューしていた宇崎竜童とは「今度、演歌でデビューすることになっちゃった………いつかブルースを書いてよ」などという仲。
 「想い出ぼろぼろ」「私のいい人」「やさしさ尋ね人」とヒットを飛ばし、さて、内藤やす子の念願でもあったバンド形態でのロック&ブルース・アルバムということになる。


 「悲しさより 悔しい思いの方が 生きる力になる」と……女たちは言う

 他の女のところへ出かけて行く男の背中に、猫のように爪を立ててやることさえ面倒で、ひとりうずくまる女。
 愛することも、愛されることもへたな女。
 「猫と女」と梶芽衣子がオリジナルの「影の栖」のような暗い状況を、ファンキーなブラス・ロックに乗せて吹っ切るように歌う様がいい。

 ラグタイム調に、スウィンギーにピアノが跳ねる「絶望×絶望」は、“死んでやる”“殺したいよ”と物騒な言葉が飛び交う酒癖の悪い女の独言余で、「レイジーレディブルース」と同じ怠け女のひとりごと。

 その「レイジーレディブルース」は、桃井かおり企画・荒木一郎プロデュースの原田芳雄2ndアルバム『Lazy Lady Blues』('78)で歌われたダルでルーズな憂歌。原田芳雄の持ち歌になった典型的なブルース。元々は、桃井かおり主演のTVドラマ「祭りが終わったとき」(倉本聰脚本/宇崎竜童音楽)用に荒木一郎から発注されたものという。
 原田芳雄の歌唱と、ドラマでの桃井かおりのイメージが強いこのブルースを、内藤やす子はふたりに負けない憂いさで聴かせてくれる。

 豊島たづみがオリジナルの「寝た子を起こす子守唄」は、「とまどいトワイライト」('79)のB面に収録されていた。80年代には加藤登紀子と寺島まゆみ、90年代に小川範子がA面曲としてシングルリリースをしている。

 アルバムの白眉は「あゝブルース」。
 近年、梶芽衣子の歌唱も素晴らしいこのブルースを、ジャズのアレンジでブルージーに歌う内藤やす子のブルース・フィーリングは、オリジナルの宇崎竜童をも超えてるんじゃないだろか。
 艶っぽく、深く深く、甘やかな夜の底へ堕ちてゆく感じに酔ってしまう。

    ◇
内等やす子×宇崎竜童
★ないないづくし★
★サタデークィーン★
★やさしさ尋ね人★
    ◇
★「あいつの好きそなブルース」梶 芽衣子★

スポンサーサイト

姫川玲子シリーズの最新短編、「インデックス」誉田哲也

 2012年12月に発刊された『宝石 ザ ミステリー2』に、姫川玲子シリーズの短編「インデックス」が掲載されている。

 時系列で進む誉田作品だけに、今回は「ブルーマーダー事件」から1ヶ月半経ったところからはじまる。正真正銘の最新エピソードだ。

 短編なので詳しいストーリーは避けるが、「ブルーマーダー事件」から引き継ぐガンテツの登場から、いきなり姫川の驚きの去就が決まったり、今泉(警視に昇進している)や井岡までが登場する、ファンには嬉しい展開だ。


 さて2013年1月26日に映画『ストロベリーナイト/インビジブルレイン』が公開される。そして、劇場公開にあわせてTVでもスペシャル・ドラマが2本放送されるから注目である。

 ひとつは、1月22日(火)から25日(金)までの深夜に4夜連続で放送されるスピンオフ・ドラマ「ストロベリーミッドナイト」。居酒屋会議が描かれるようだ。
 翌26日の映画公開初日には、午後9時から「ストロベリーナイト/アフター・ザ・インビジブルレイン」が放送される。
 「ストロベリーナイト/アフター・ザ・インビジブルレイン」は5本の短編オムニバスの2時間ドラマ。TVドラマ・シーズン1では『感染遊戯』のエピソードからひとつがドラマ化されたが謎は残ったままなので、原作本『感染遊戯』から「沈黙怨嗟/サイレントマーダー」「推定有罪/プロバブリィギルティ」辺りのストーリーに期待。

 年明け早々、一番の楽しみがてんこ盛りである。

宝石 ザ ミステリー2
【光文社】
定価 952円(税別)

★Book Review「ブルーマーダー」★
★Book Review「女の敵」★
★Book Review「感染遊戯」★
★Book Review「インビジブルレイン」★


まるめた幸せをぽんと投げ捨て、「夜を左に折れてゆく」内藤やす子


やさしさ尋ね人

side A
01. やさしさ尋ね人
02. 春無情
03. 生きいそぐ青春
04. あいつの名前はからっ風
05. 本牧カモメ

side B
01. 逆流
02. 春よ降れ降れ
03. WHO
04. ひとりぼっちの子守歌
05. 夜を左に折れてゆく



 1977年、アルバム『サタデークィーン』のリリースと前後して、内藤やす子に火の粉が降り掛かった。日本の芸能界においての一大スキャンダルの渦。前年に「思い出ぼろぼろ」でスターダムに就いた内藤は、果たしてマスコミにおいて恰好の餌食となり活動休止に陥ってしまった。
 両手に掴んだ幸せを取り上げられたと云うか、自分から投げ捨ててしまった感があった。
 そして1年半の空白。内藤は新設のレコード会社ラジオシティに移り、宇崎竜童&阿木燿子コンビのシングル盤『やさしさ尋ね人』で復活、再デビューした。

 このアルバムは1979年春にリリースされた移籍第1弾。作家陣は宇崎&阿木以外に、加藤登紀子、つのだ ひろ、喜多条忠、丹羽応樹、杉本真人、岡田冨美子らによる内藤やす子の世界が築かれている。
 ブルージーなテイストにあふれた歌謡ロック・アルバムで、内藤やす子のハスキーヴォイスによる突き放すような歌唱は健在。やっぱり、内藤やす子の声が好きなんだな。哀しい声、素晴らしい。この人以外には出せない孤独感であり、やさぐれ感がさすらいびとの歌声となり響いてくる。彼女の声に合わせたオリジナルの楽曲だからこその魅力であり、80年代のカヴァー曲ばかりのアルバムでは、到底この素晴らしさは味わえない。
 未練を強がりで断ち切るやさぐれた女たちの姿は、痛みを知っているからこそ、本当の優しさを知っている様であろう。
 大きなヒットは得られなかったが、どの曲も傑作である。

 シングル「やさしさ尋ね人」のB面「逆流」(宇崎&阿木)は、イントロのギターが鋭く突き刺さるブルース・ロックな逸品。
 加藤登紀子作詞・作曲の「生きいそぐ青春」と「あいつの名前はからっ風」をロックサウンドに乗せて力強く歌い、つのだ ひろ作詞・作曲の「本牧カモメ」では巻き舌でドスを効かせてタンカを切る。
 荒涼とした砂漠のような都会のなかで生きる者たちの、孤独と意地の張り合いが見え隠れしてくるだろう。

 なかでも、特に好きなのが「春無情」と「夜を左に折れてゆく」だろうか。どちらの曲も男女の情感を描いた作詞家喜多条忠の世界と、美しいメロディで独特の雰囲気のある作曲家丹羽応樹の世界が見事に融合している。

 同棲していた男は自分の夢を叶えるために出て行った。女は男と一緒に夢を見ることが出来なかった。男の温もりが残った布団の中で、女は思いをめぐらす「春無情」。「神田川」の別の側面を想像させる情景。
 
 「夜を左に折れてゆく」では、夜の国電の改札口に小さな幸せを抱えた疲れた顔の人の波。それを眺める女は、幸せを投げ捨てるように途中下車をする。
 内藤やす子がハスキーに絞り出す歌声は切ない。

    ◇
内等やす子×宇崎竜童
★ないないづくし★
★サタデークィーン★
★One Last Night★

しなやかに女たちを唄う、宇崎竜童


しなやかに したたかに~女たちへ~/宇崎竜童

01. 曼珠沙華 〈山口百恵〉
02. 謝肉祭 〈山口百恵〉
03. 酔ヶ浜 〈内藤やす子〉
04. ミス・ディオール 〈山口百恵〉
05. 別に… 〈グラシェラ・スサーナ〉
06. 愚図 〈研ナオコ〉
07. あるアングル・トライアングル 〈内藤やす子〉
08. とまどいトワイライト 〈豊島たづみ〉
09. FROZEN 〈寺島まゆみ〉
10. 想い出ぼろぼろ 〈内藤やす子〉
11. 夜へ… 〈山口百恵〉
12. さよならの向う側 〈山口百恵〉


 宇崎竜童が女性アーティストへ贈った楽曲を、アコースティック・サウンドでセルフ・カヴァーした1994年リリースの作品集は、やはり山口百恵への作品が多いのだが、個人的には、内藤やす子への重要な作品で要所を締め、豊島たづみ、寺島まゆみといった地味な曲を挟んでいるところなんかが、このCDのお気に入りなところ。

 「愚図」から「あるアングル・トライアングル」に引き継ぎ「とまどいトワイライト」への流れは、井上堯之のアレンジとともに宇崎竜童の物悲しい唄声がドラマを紡ぎ、冬の夜には心に沁みる。(井上堯之は「酔ヶ浜」も含めて4曲のアレンジを担当している)

 歌謡曲然としたイントロから始まる「酔ヶ浜」のゆったり感、山口百恵がしなやかに艶っぽく歌った「ミス・ディオール」を、ストリングスとチェンバロだけで高貴な香りを漂わせる豊かな情感など、宇崎竜童の歌心にあらためて聴き惚れてしまうのだ。

 スパニッシュ・ギターを大きくフィーチャーした「別に…」も、グラシェラ・スサーナのオリジナルを知らないのだが、味わい深い逸品である。

底辺叩けばみんなが泣く、「あるアングル・トライアングル」内藤やす子

内藤やす子_サタデークィーン
サタデークイーン

side A
01. 火のこ
02. あるアングル・トライアングル
03. 私のいい人
04. 酔ヶ浜
05. サタデー・クィーン

side B
01. ふるさと心中
02. 欲望
03. 主は変われど
04. 三番列車で
05. F#m



 全詞・曲を宇崎竜童&阿木燿子に委ねた1977年リリースの内藤やす子3枚目のアルバムは、前作『ないないづくし』を発展させた“カタカナ・エンカ”の本領を発揮し、4ビート・ジャズにはじまり、ワルツ、ボサノヴァ、ロック、フォーク・カントリー、スローブルーズ、そして、ビート歌謡から日本民歌調までヴァラエティに富んだ曲群が詰まっている。

 LP帯には笑えるほど死語となる「ナウでクールな世界に挑戦」の惹句。
 宇崎竜童と阿木燿子と内藤やす子のトライアングルが織りなす、弾きたかったメロディと、描きたかった詞と、歌いたかった歌。三人がその瞬間に創り出したかったものが、高い完成度を持って昇華している名アルバムである。
 阿木燿子の詞の世界は、暗く、哀しく、地を這うように奥深い。

 終電近くの電車の中で、よくある話のように男と女が知り合い、子供へのケーキを持った男と重い荷物を持った女が、冗談のつもりで深い仲になる。電話は困るよと云われても、もう手遅れ。
 男に降りかかる“火のこ”のような女の歌「火のこ」から、タフで、したたかで、しなやかな女たちの歌がつづいていく。

 山口百恵の「絶体絶命」('78)のような修羅場ではないが、トライアングルな相関世界を描く「あるアングル・トライアングル」は、「手のひらの中の地図」の構成を変形させた手法で主人公が時間軸を飛び越える。

 こういう時に 男はどうして黙るのだろう
 こういう時に 女はどうして泣き出すのだろう
 私と云えば 初めての煙草に火をつける

 夕暮れ間近のコーヒーショップの窓際の席。男と愛人を前に醒めた態度をとる女。その時ふと、女は幼かった日を思い出す。 
 小学校のときの音楽の時間。花形の楽器はみんなに取られ、いつも、人気のないトライアングルを叩いていた思い出。
 時間は過ぎ、「嗚呼、どうしてこうなっちゃったんだろ」とため息をつく。自分を俯瞰する女の孤独が浮かんでくる傑作だ。

 「私のいい人」では命燃やした宴の後は男と女の仲なんて長くはつづきはしないと歌い、「酔ヶ浜」は恋に酔いつぶれた女の火遊びを軽快なボサノヴァのメロディで歌う。

 酒には肴が要る 浜には魚が居る 
 銀の鱗を光らせて 波打ち際で跳ねるのさ
 今夜はどこの浜辺へ 泳いでゆこう

 美しく持て余した女の軀が、白いシーツの上で泳いでいる様が浮かんでくる阿木燿子の言葉遊びが光る名作。心地よく口ずさめる大好きな歌だ。

 三面記事に載るようなヤンチャをしてきた女が掴んだ小さな幸せも、どこか不安に揺れる「サタデー・クィーン」。そして、終電車に乗って来た女は「三番列車で」でどこかへ消えてしまう。

 ラスト曲の9分を超える「 F#m エフ・シャープ・マイナー」は、デビュー前の内藤やす子がビアガーデンで、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドと対バンでブルース・ロックを歌っていた姿に被せたスローブルース。JANIS JOPLIN の「BALL and CHAIN」のような余韻を持たせてくれる。

    ◇
内藤やす子×宇崎竜童
★ないないづくし★
★やさしさ尋ね人★
★One Last Night★

エンカ×ブルースの兆し、「手のひらの中の地図」内藤やす子

 
ないないづくし

side A
01. ないないづくし
02. とまり木
03. 想い出ぼろぼろ
04. 手のひらの中の地図
side B
01. 心はどしゃ降り
02. 淋しい街に風が吹く
03. ジントニックをもう一杯
04. ぬけがら
05. いくじなし
06. さよならの町


 1976年リリースの内藤やす子セカンド・アルバムは、3枚目のシングルで大ヒットした「想い出ぼろぼろ」がLPの帯タイトルになっているが、アルバムタイトルは『ないないづくし』。
 A 面の4曲が宇崎竜童/阿木燿子とのコンビネーションで、収録曲の中で秀逸なのが7分以上に及ぶ「手のひらの中の地図」だろう。

 冬の道玄坂でふらりと手相を見てもらうと「男運が悪い」と告げられる女。
 酒場で真面目そうな男と知り合って、同棲するも男は勤めを辞めてギャンブル通い。女の蓄えも底をつき「今に楽させてやる」とうそぶく男は、どこかに消えた。
 ひとり頭の中だけで地中海、サンフランシスコ、シャンゼリゼ、ロンドン・ブリッジ、サハラ砂漠にシベリア、世界を旅する空想に耽る。
 夜の仕事に就いた彼女が、疲れた躰でふと手のひらを見てみると、そこには「男運の悪い」命の地図が見える………。

 空想の旅紀行を軽快に歌いながら、合間の語りでは人生の行き止まりに佇む女のやさぐれ具合を孤独感込めて独白する。
 まさに〈カタカナ・エンカ×ブルース〉の兆しでもあるトーキング・ブルースだ。

 70年代の宇崎竜童/阿木燿子の世界観は、人生のどん底と荒んだ生活を送る者たちの喪失感と居直り。ひとりぼっちでは生きていけないが、タフにひとりぼっちでも生きるしかないと言っている。
 軽佻浮薄な80年代と違ってこの時代をリアルに、歌に体現したのが内藤やす子であろう。
 1976年6月にリリースされた山口百恵の『横須賀ストーリー』と、10月に発売された内藤の『想い出ぼろぼろ』。宇崎竜童/阿木燿子コンビにとって最強の歌い手ふたりであった。


 内藤やす子が脳内出血で倒れ、後遺症のリハビリのために音楽活動を休止にしてから6年以上が経つ。
 演歌、歌謡曲、ブルーズ、ロックと何でも歌える内藤やす子のCDを探してみると、ベスト盤ばかりで少し寂しくなる。それも80年代以降のものばかりだ。
 80年代以降「こころ乱して運命かえて」や「ラヴ・イズ・オーヴァー」「六本木ララバイ」などヒット曲も多いので不満はないものの、「弟よ」「想い出ぼろぼろ」は80年代以降に吹き込み直したヴァージョン。
 やはり初期のコロムビア時代の傑作にもっと陽の目に当てて欲しいよ。伸びのあるハスキーヴォイスは、後年のシブさにも勝る魅力なのだから。

 この「手のひらの中の地図」をはじめ、コロムビア盤の曲はCD『エッセンシャル・ベスト』で聴くことができるが、1970年代のオリジナルLP『すきま風』『ないないづくし』『サタデー・クィーン』『ONE LAST NIGHT』『やさしさ尋ね人』はすべて名作、傑作なのだから、ぜひともオリジナル形態で復刻してもらいたい。

    ◇
内藤やす子×宇崎竜童
★サタデークィーン★
★やさしさ尋ね人★
★One Last Night★

ぼくらにチカラを Lennon day

strawberryfields_imagine.jpg
N.Y セントラルパーク〈Strawberry Field〉にて

POWER TO THE PEOPLE

and

NO NUKES


You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one


声を上げつづけていくことが 大切
ぼくらは ジョンの叫びを 忘れない


午後10時50分………
煌めく偉大なる遺産からチカラをもらおう……


Love

Don't Let Me Down
Revolution 1
Strawberry Fields Forever

Happy Christmas(War is Over)
Give Peace a Chance
Power to the People

Yer Blues
I've Got A Feeling
Come Together
How?

Imagine

The Ballad Of John & Yoko
Woman
Beautiful Boy
Mother
Jealous Guy

Cold Turkey
Slow Down
Mr. Moonlight
Tomorrow Never Knows
In My Life
A Day In The Life
She Said,She Said

I Am The Walrus
Happiness Is A Warm Gun
Lucy In The Sky With Diamonds
Across The Universe
I Found Out

Help!
A Hard Days Night
I Call Your Name
Hey Bulldog
Rain

Sexy Sadie
Cry Baby Cry
Julia
(Just Like) Starting Over