TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「新 女囚さそり 701号」*小平裕監督作品



監督:小平裕
原作:篠原とおる
脚本:鴨井達比古
音楽:平尾昌晃
主題歌:「あいつの残影(かげ)」多岐川裕美
挿入歌&エンディング:「そしていまでは冬が好き」多岐川裕美
出演:多岐川裕美、夏 夕介、范文雀、中谷一郎、山本麟一、衣麻遼子、叶 優子、高村ルナ、根岸とし江、紺野洋子、小林稔侍、浅香光代、金子信雄

☆☆☆ 1976年/東映/88分

    ◇

 梶芽衣子の『さそり』4作が終了してから4年、新シリーズの松島ナミには『聖獣学園』('74)で主役デビューした当時新進女優だった多岐川裕美が抜擢された。


 女子大生の松島ナミ(多岐川裕美)の姉の妙子(范文雀)は、法務政務次官の三浦衆議院議員(中谷一郎)の秘書。その三浦代議士は政治献金を巡って騒然とする世情のなか、灰色高官として疑惑の渦中にいた。
 ある日、ナミと婚約者の小坂(夏夕介)の目の前で妙子が何者かに連れ去られてしまった。ナミが姉から託されたのは1本のカセットテープ。そこには政府がひっくり返るほどの陰謀が録音されていた。
 数日後、テープを交換に姉の居所を三浦に問い正すナミは、そこで姉が野党の国会議員の慰めものの道具として利用されていることを知らされる。
 テープが恋人の小坂が持っていることを知った三浦は、口封じのためにナミを犯し妙子を殺害。財力と権力に寝返った小坂の証言で、ナミは姉殺害の罪を着せられ女子刑務所に送られてしまう。
 その日からナミは、姉の復讐を誓い“さそり”へと変身していく。
 やがて千紗という女囚(根岸とし江)が入所してくる。千紗が三浦の差し金と見抜いていたナミは、罠と知りながら千紗の助けで脱走を成功させ、復讐の修羅の道を歩むのだった……。

    ◇

 伊藤俊也監督版(『女囚701号/さそり』『女囚さそり 第41雑居房』『女囚さそり 701号怨み節』)が奇抜でホラー趣味の極地だっただけに、本作はかなりインパクトに欠けるまともなB級映画になっているのだが、篠原とおる劇画にはお馴染みのデブキャラの老名主(浅香光代)の執拗なリンチや、真っ赤な口紅を塗りたくる悪趣味的芝居や、ナミとの格闘で火だるまになる浅香光代も、刑務所所長の山本麟一がナミの攻撃で左目を潰されるのも、原作はもちろん、梶芽衣子の『さそり』第1作を踏襲し、更に、極彩の血糊画面や悪辣な奴らが白塗りでイメージされたりと、前シリーズの助監督をしていた小平裕監督が伊藤俊也監督vs梶芽衣子の『さそり』にリスペクトしているのが感じられ、それなりに成功はしている。

 黒のコートを翻し裏地の豹柄模様をなびかせる多岐川裕美が、国会議事堂を背景に憎き中谷一郎を刺殺するラストシーンは、『女囚701号/さそり』で日の丸がなびくシーンに重なる面白さで、多岐川裕美の歌う「そしていまでは冬が好き」(デビューシングル「あいつの残影(かげ)」のB面)が拙い歌唱ではあるが効果的である。
 因にオープニングに流れる「あいつの残影(かげ)」はフォーク調の平尾歌謡曲で、まるで歌謡映画のような幕開け。

 多岐川裕美は前年公開の『仁義の墓場』で演じた薄幸の情婦役が哀しいまでに印象深いものがあり、梶芽衣子の後を継いでどうなんだと思ったものだが、思ったより悪くなかった。こうして見直してみても、彼女の大人の落ち着きとクールに発せられる眼光は、唯一の梶芽衣子後継者だったろうに。
 美人なのがイイ。だから、この1本で降板したのは実に惜しかった。ただし、台詞回しの優しさが“さそり”としては難があるのだが。

 あっという間に殺される小林稔侍とともに、ちょっとしか顔を出さない贅沢な役回りの范文雀も、やはり美しくイイねぇ。

 ナミの刺客として登場する根岸とし江(現・季衣)は本作が映画デビューで、つかこうへいの舞台『ストリッパー物語』で注目されたあとだけに、その面構えも態度も堂に入った存在感。

 さて、カメラテストを兼ねて秘書役としてワンシーンに登場(当然クレジットはされていない)する夏樹陽子が、晴れて三代目“さそり”を受け継いでいく。


★仁義の墓場★


スポンサーサイト

「さそり」*ジョー・マ



蠍子 SASORI
監督:ジョー・マ
原作:篠原とおる
脚本:ジョー・マ、ファイア・リー
撮影:ジョー・チャン
音楽:吉川清之
主題歌:「怨み節」中村 中
出演:水野美紀、サム・リー、ブルース・リャン、エメ・ウォン、石橋凌、夏目ナナ、ディラン・クォ、ペギー・ツァン、ラム・シュー、サイモン・ヤム

☆☆ 2008年/日本・香港/100分

    ◇

 1970年「ビッグコミック」誌に連載がはじまった篠原とおるの劇画『さそり』が初映画化されたのが1972年。70年代を席巻した“女囚さそり”梶芽衣子の松島ナミ登場だった。
 梶芽衣子版は『女囚701号/さそり』『女囚さそり 第41雑居房』『女囚さそり 701号怨み節』『女囚さそり けもの部屋』と4作つづき、以降、多岐川裕美、夏樹陽子で新ヴァージョンが製作され、Vシネマとしても小松千春や岡本夏生(監督は池田敏春!)がヒロインを努めてきた。
 そして20世紀に入って最初の松島ナミが、吹替えなしでアクションに挑んだ水野美紀。香港オールロケーションによる日本/香港との合作映画となる。


 幸せな結婚を目前に、婚約者ケンイチ(ディラン・クォ)の妹と父親を殺す羽目になり、刑務所に服役する松島ナミ(水野美紀)。
 赤城(ブルース・リャン)、ソウロウ(サム・リー)、セイコ(エメ・ウォン)ら、自分を陥れた殺し屋たちへの復讐と愛する恋人への再会を願うナミだが、その思いも虚しく、刑務所のなかでのバトルに巻き込まれ、瀕死の状態で森の中に埋められてしまう。
 やがてナミは“死体収拾人”(サイモン・ヤム)に助けられ、彼から過酷な訓練を受け、完璧な殺人者へと姿を変えるのだった。
 そして遂に、ナミの殺し屋たちとその背後にいる黒幕への復讐が開始される………。

    ◇

 クールビューティーな梶芽衣子に対して水野美紀もアクションを目指す女優だけあって、タフな立ち回りや夏目ナナとの肉弾戦はそれなりに見応えがある。特に、日本刀をかまえるときの腰の入れ方は、日本人として恥ずかしくない殺陣の基本姿として美しい。

 共演者はバーのマスター石橋凌と、ナミと敵対する凶暴な女囚エリカで存在感を見せつける夏目ナナ以外は香港の俳優陣だが、その顔ぶれは豪華だ。
 ジョニー・トー作品の常連サイモン・ヤムはナミに武術を叩き込む謎の男、ラム・シューはオリジナル『女囚さそり』で渡辺文雄が演じたような執拗で悪辣な刑務所所長を演じ、殺し屋集団のサム・リーの冷徹漢ぶりも存在感豊かだが、妖しい美しさを放つ女殺し屋エメ・ウォンと黒幕ペギー・ツァンの上品で可憐な顔立ちに目がいくのは仕方がないか。
 そして殺し屋集団のボス役を、かつて70年代のカンフー映画で一世を風靡したブルース・リャンが演じているのだが、隠遁生活から復帰した60歳にして水野美紀とのカンフー・アクションのキレはさすがである。

 しかし、映画の出来はまったく感心できない。
 『女囚さそり』のヒロインを借り同じく梶芽衣子の『修羅雪姫』の復讐譚にした脚本は、『修羅雪姫』のイメージで撮りあげたタランティーノの『キル・ビル』の焼き直しにしか見えない稚拙さで破綻を露にしている。
 梶芽衣子の『さそり』は通俗娯楽映画以上に、官憲(恋人)と体制(国家)と権力に属する者たちへ刃を向けた新しいヒロイン像であったことと、『修羅雪姫』も“因果応報”と“女の業の深さ”と“宿命”が根底にあるドラマだ。その怨念と時代の空気を体現できるヒロインが、当時の梶芽衣子でしかありえなかったからこその“復讐のヒロイン”だったはず。後発の作品がただのオンナの復讐ドラマに終わってしまうのは道理であり、そこにリメイクの意味合いを見い出すことはできない。

 過去の『さそり』を意識しないところでのドラマづくりなのだろうが、スタイリッシュな映像に凝り過ぎた画面は、5~6分のミュージックPVならいざ知らず、フェイドイン/フィイドアウトのスローモーションとフラッシュ効果の多用は、ただ困惑と疲労を覚えるだけだ。
 後半、ナミと殺し屋ひとり一人とのバトルはワイヤー・アクションのオンパレードで、次第に笑えてくるのは必至である。まあ、これが香港アクション映画の神髄だと云われればそれまでだが、こんなシーンより、前半の刑務所内でのナミとエリカの身体を張った熾烈なアクションの方が何倍もの迫力がある。
 終盤、水野美紀とブルース・リャンとのカンフーアクションで、水野のひと太刀がブルース・リャンの胴体と両足を斬り離すところは、中原早苗の胴を真っ二つに切断した『修羅雪姫』藤田敏八監督へのリスペクトであろうが、『修羅雪姫』において藤田監督は、劇画原作を意識してあえて大量の血ノリ描写でスプラッターに徹したことに比べると何ともおとなしい表現。どうせ荒唐無稽な話なんだから、梶芽衣子にオマージュを捧げた『キル・ビル』のように潔さが欲しいところだ。

 ナミの後ろ姿に主題歌「怨み節」が流れるエンディング……ここが一番いいってどういうこと。梶芽衣子の無常感とはちがって、情念に震える怨恨節を聴かせてくれる中村中(なかむら あたる)。
 この歌声が聴けたことで、本編はこの歌のPVだったと思うことにして☆2つで納得しよう。

Forever、 じょんれのん

12月8日
午後10時50分を 過ぎたところ…………………
毎年 この一日 この時間まで聴いている曲たち

The Ballad Of John & Yoko
Don't Let Me Down
Revolution 1
Strawberry Fields Forever
Happy Christmas(War is Over)
Give Peace a Chance
Norwegian Wood
No Reply
Tomorrow Never Knows
In My Life
Sexy Sadie
A Day In The Life
She Said,She Said
I Am The Walrus
Happiness Is A Warm Gun
Lucy In The Sky With Diamonds

Yer Blues
I've Got A Feeling
Eveybody's Got Something To Hide Except My Monkey
Come Together
One After 909
I Want You

Imagine
Jealous Guy
(Just Like) Starting Over
Woman
Beautiful Boy

Mother
Instant Karma!
Power to the People
Whatever Gets You Thru the Night
#9 Dream
Mind Games
Love
God

Across The Universe
I Found Out
Cold Turkey
Slow Down
Mr. Moonlight
Be-Bop-A-Lula
Stand by Me
Rock'n Roll Music

Help!
A Hard Days Night
I Call Your Name
Hey Bulldog
Being For The Benefit Of Mr.Kite
Rain
Cry Baby Cry
Julia
Dear Prudence
Real Love
Oh My Love


ジョン・レノンが教えてくれた


N.Y セントラルパーク〈Strawberry Field〉にて


WAR IS OVER ! if you want it

all we are saying is GIVE PEACE A CHANCE

POWER TO THE PEOPLE, right on

and

NO NUKES


山口百恵の全活動記録、BOOK-BOXで刊行



 「山口百恵引退30年記念プロジェクト」の一環として企画された山口百恵オフシャル・ブック完全記録「山口百恵」が、2012年3月に発刊される。

 CD-BOX[Complete MOMOE PREMIUM][MOMOE PREMIUM update]で歌記録が成され、DVD-BOX[夜のヒットスラジオ][ザベストテン]において映像記録が一応完結(NHKなどまだまだアーカイブス映像は沢山残されているが)したなかで、次に期待されていたのが、レコード・ジャケットやポスターなど大量のグラフィックにおける集大成だ。
 そして、遂に実現された。

 これは山口百恵の現役8年間の全記録を納めたもので、3冊に分けられたLPサイズのBOOK-BOX仕様は[Complete MOMOE PREMIUM]と対になっているところが美しい体裁。
 
 内容は、[第1章]が未発表写真集と活動年表。
 デビューから引退までのアーカイヴ写真を掘り起こし、特にレコード・ジャケット用に撮影された写真はアウトテイク写真で構成され、誰もみたことのない「もうひとつのジャケットストーリー」が再現されているという! それも約180ページにわたって…………!

 [第2章]はディスコグラフィ。204ページという膨大さに驚く。

 [第3章]がグラフィック集。映画、コンサート、レコードのポスターはもちろん、販促物からグッズ、ファンクラブの会報誌・新聞にいたるまでの豊富さ。
 膨大な資料の掘り起こしに感謝、感謝の雨霰だよ。

 全冊通して、評論家や著名人らのコメントや文章は一切掲載されていないというのも[活動記録集]としての客観性に優れていると思う。

 神格化されたともいえる山口百恵の足跡は、感動的である。
 
 書店では購入できない通販オンリーの限定予約本のため受付期間は2011年12月5日より2012年2月上旬まで。
 価格1万5300円は決して安くはないのだが、今後、他のどんなアーティストでもなし得ないであろう完全無欠の活動記録は、文化遺産ものだと思うよ。


◆予約は下記より
★完全記録「山口百恵」★ソニー・マガジンズ

「水のないプール」*若松孝二監督作品

1982_A-Pool-Without-Water_pst.jpg
A POOL WITHOUT WATER
監督:若松孝二
脚本:内田栄一
音楽:大野克夫
出演:内田裕也、MIE、中村れい子、藤田弓子、紗貴めぐみ、浅岡朱美、殿山泰司、安岡力也、常田富士男、赤塚不二夫、黒田征太郎、タモリ、沢田研二、原田芳雄

☆☆☆★ 1982年/東映セントラルフィルム/103分

    ◇

 仙台で実際に起こったクロロホルム強姦事件を題材に内田裕也が企画し、ピンク映画の巨匠と云われていた若松孝二監督が初めて一般映画(R指定)として撮りあげた作品で、劇場では石井聰互監督の『爆裂都市』との併映だったが、パンクやニューウェーヴのVIOLENCE ROCKの喧噪より、Rock'n Roll 裕也のFUCK'N ROCKな犯罪性に共鳴した映画であった。

 男(内田裕也)は地下鉄の職員。切符切りや駅での決まりきった仕事で、毎日がつまらない。
 ある雨の夜、帰り道の公園の暗がりで暴漢に犯されそうになった少女じゅん(MIE)を助ける。
 家に帰ると太った女房(藤田弓子)は口うるさく、出勤すれば退屈な時間。そんなイライラのせいか、酒場でヤクザ(沢田研二)と喧嘩をして右手を傷めるが、公園の傍らにある“水のないプール”でシャボン玉遊びをしていた不思議な少女みく(浅岡朱美)に出会う。
 夏休みの一日、男は珍しく家族でピクニックに出かけた。息子が昆虫採集で集めた蝶などにクスリを注射して処理しているところを眺めながら,男はある事を思いつく。例えば、女を昆虫のようにクスリで眠らせ自由に扱ったら、今の退屈な気持ちが癒されるだろう。
 男は、遠い町で中学教師を装い薬局で大量のクロロホルムを購入し、真夜中、かねてから目を惹かれていた喫茶店のウェイトレスねりか(中村れい子)の部屋に、奇妙な防塵マスクで身を固め忍び込む。
 男は夢のような生活と輝きを取り戻す。それからというもの、男は何度もねりかの部屋に侵入しては美しい裸身を優しく犯す日々をつづける。男の優しさは、ねりかの下着を洗濯し、朝食の用意までする異常さだった。
 朝、目覚めると、ねりかは不思議な感覚にとらわれている。まるで夢。やがてねりかは、この侵入者の優しい存在に不思議な感覚を持つようになる。
 そして男は、随所で夢のような犯行を行っていく………


 男と女の自由への跳躍。
 日本がバブルに向けて疾走していた頃、現実社会に虚構を求め夢と並走した中年男と美女が、お互いの自分の夢の中を自由に浮遊し、こうしたいとか、こうされたいと願う“夢犯映画”とでも云おうか。
 性犯罪を大人のメルヘンなどと評することはできないが、大人の男の幻想を少年が昆虫を標本する心理と重ね合わせるあたりに、どこかウイリアム・ワイラーの名作『コレクター』('65)を想起することができる。


 夢はいつか覚める時が来る。
 その夜、意気揚々とねりかの部屋に侵入すると、そこはいつもと違って、ねりかは同僚の女性2人を泊まらせていた。男は“水のないプール”でシャボン玉を飛ばすみくのイメージに誘われ、マスクを外してシャボン玉遊びに興じ、自ら昏倒。そして、幻想を知らない女たちの通報により逮捕された。

 ねりかは告訴をしなかった。
 「わたし、被害者とは思っていないし……」
 「もう、誰も来てくれないじゃないの」
 「だって、あんまり素敵なことがつづいちゃったから」


 快楽を得るために安息と安定を捨て、男の生活が破綻しても“夢のつづき”の先にある、生き生きとした自由を男は得たのか。“水のないプール”で遊泳する男の贅沢さを、内田裕也が堕落と破滅の時代の空気を表出しながら闊歩している。
 最後に“水のないプール”で大の字になり、俗世間に舌を出すユーヤさんは、どこまでも“ロッケンローラー”である。

 映画のタイトルは内田裕也命名。船橋ヘルスセンターの“水のないプール”で寂しくロッケンロールを歌ったときの屈辱的な記憶と、その話を聞いたジョン・レノンが“水のないプール”でジョイント・コンサートを開こうと語った思いを、ユーヤさんは映画への情熱に転化したようだ。

 「イメージフォーラム」誌1982年2月号の製作ノートによると、MIEをキャスティングに推薦したユーヤさんの少女じゅんの扱いに対する不満などで、クランクアップ5日前になって若松監督と対立したとある。
 もちろん演出に関して若松監督は「裕也がロックバカ20年なら、俺もピンクで20年やっている」と譲らず、一時はユーヤさんが降りると発言するところまでいったが、翌日、冷静になったユーヤさんは俎板の鯉となり撮影はつづいたという。
 常に命がけで演っているというユーヤさんの心意気が、映画に反映されたのかどうかは当人でなければわからないところだが、いまだカルト映画として根強い人気を博している起因は、やはりユーヤさんの生き様が見え隠れするからだろう。

 本作が公開された1982年は『TATTOO〈刺青〉あり』の高橋惠子、『蒲田行進曲』の松坂慶子、『野獣刑事』のいしだあゆみ、『疑惑』の岩下志麻&桃井かおり、『さらば愛しき大地』の秋吉久美子&山口美也子、『ザ・レイプ』の田中裕子と、そうそうたる女優陣の顔ぶれが並んだなかで、前年の『嗚呼!おんなたち 猥歌』につづいて内田裕也と共演した中村れい子も麗しく、存在感を発揮していた好きな女優だ。
 この年は曽根中生監督の『悪魔の部屋』でジョニー大倉とも共演していて(年間MY BEST 10)、ともにRock'n Roller相手に美しく輝いていたのだった。