TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「ジーンズブルース 明日なき無頼派」*中島貞夫監督作品



監督:中島貞夫
脚本:中島貞夫、金子武郎
撮影:増田敏雄
音楽:井上忠夫
主題歌:「ジーンズぶるうす」梶芽衣子
出演:梶芽衣子、渡瀬恒彦、内田良平、室田日出男、川谷拓三、橘真紀(加納エリ子)、堀越陽子、山本麟一、曽根晴美、菅貫太郎

☆☆☆ 1974年/東映/91分

    ◇


 乱交パーティを開くバーの雇われママ聖子(梶芽衣子)は、退屈な毎日にウンザリし、ふらっと車で夜の町に飛び出していく。
 同じ頃、高利貸しの殺しを頼まれた殺し屋たちの手先になっているちんぴら次郎(渡瀬恒彦)は、自分の命の危険を悟り、殺しの報酬500万円を盗んで車で逃走する。
 郊外の十字路で、聖子と次郎の車が衝突。車が炎上するのを横目にふたりは、通りがかった車を盗み猛スピードで走り去る。
 次郎は、たったひとりの妹(堀越陽子)に金を渡すために日本海を目指すという。そんな次郎の思いやりに心を和ます聖子は、彼と共に旅を始めるのだった。
 一方、500万円を持ち逃げされ怒り心頭の殺し屋のボス本郷(内田良平)は、手先の早川(室田日出男)と石松(川谷拓三)、高利貸しの情婦マリー(橘真紀)らとふたりを執拗に追いかけていく。
 必死に逃げる聖子と次郎は途中、ハンター(曽根晴美)の猟銃を盗み、ガソリンスタンド強盗や田舎町の賭場荒らしをしながら故郷の丹後へと向かのだが………。
 
    ◇

 梶芽衣子の役名〈聖子〉は“せいこ”ではなく、“ひじりこ”と呼ぶ。
 こうして活字で〈聖子〉と見れば、“ひじりこ”と変わった読み方でも理解できるのだが、映画館で“ひじりこ”って聴いた時には何言っているのか全然分からなかった。変なところだけが印象に残っている。

 1974年は梶芽衣子出演作品を一番多く観た年だった。『野良猫ロック シリーズ5作品』('70~71)や『女囚さそり 701号怨み節』('73)『仁義なき戦い 広島死闘篇』('73)などを名画座で後追い鑑賞し、この年の封切り作品では『修羅雪姫 怨み恋歌』『無宿』に熱を上げ、『ジーンズ・ブルース 明日なき無頼派』も期待を持って封切館に足を運んだのだが、作品としてはイマイチでがっかり感の強い作品だった。併映の『ワル・ネリカン同期生』(谷隼人のワル・シリーズ3作目)よりはぐっとマシだったのだが……。

 『女囚さそり』を払拭し次なるステップに踏み出そうとした梶芽衣子が、中島貞夫監督に提案したのが“和製ボニー&クライド”だったらしく、男と女の逃避行から最期には体制の権力に倒れる、ってものを作りたかったのだろうが、過剰な演技で能天気に笑わせる渡瀬恒彦とクールビューティな梶芽衣子が相容れることなく終わってしまっている。
 終幕で、瀕死でヒクヒクと苦しんでいる渡瀬(この演技は笑える)を楽にしてやるために、無情に射殺する女の哀しみはどこ空々しい。
 警官隊に囲まれるラスト、ライフルを持って抵抗する梶芽衣子の立ち姿は様になっているが、警官に額を撃ち抜かれるショットは稚拙でいただけない。

 始めから最後までハイテンションな内田良平。スタントなしで車に引きずられる吃音男の川谷拓三。インパクトある髪型の中古車屋の山本麟一。情夫に貢くために兄を騙すフテブテしい堀越陽子など、脇を固めるメンツは充実している。

 映画音楽を手掛けることが少なかった井上忠夫の劇伴は貴重であって、ここで聴かれるロックテイストあふれる曲群は最高にカッコいい。
 そして、映画公開と同時にリリースされた梶芽衣子が歌う主題歌「ジーンズぶるうす」も井上忠夫の傑作曲だが、当然映画はヴァージョンが違っており、冒頭、アコースティック・ギター1本で無常感を漂わせて唄う梶芽衣子の歌声にはシビれるばかりである。
これらの劇伴はCD「鉄砲玉の美学/中島貞夫の世界」で聴くことが出来る。

 作品の出来は中途半端な感じを受けたのだが、総じて梶芽衣子のカッコ良さだけは変わらないので嫌いな作品ではない。

ジーンズぶるうす



スポンサーサイト

SUMMER TIME BLUES




23年前の騒動 

いまさらだけど

ハッキリ物言いが云えたROCKERの存在は大きかったよな


★キヨシローを探して★


What's Going On





    母よ
    大勢の人が泣いています
    兄弟よ
    遠くで大勢の人が死んでいます
    僕たちは見つけなければ
    今ここに愛を運んでくる方法を

    一体何が起こっているんでしょう
    ああ、何が起こっているんでしょう?


 東京公演で義援金の募金活動を行ったシンディ・ローパーが、この「What's Going On」を21日の大阪公演で感動的に歌ってくれたようだ。
 それも、アンコールで前席の観客から受け取った日の丸の国旗を羽織りながら、突然に………。

 「What's Going On」は、ベトナム戦争から帰還した弟の話を聞いたマーヴィンが作った1971年の反戦メッセージだが、この歌詞の一部がいま、ここニッポンから世界に発信するに相応しいメッセージだ。

 シンディ、ありがとう。


わたしたちの試練


人間の無力さを思い知らされた今
太古のナニモノから、ニッポンが試されているのか

多くの被災者の方々が
どれだけ深い傷を負ったことでしょう
でも日本中の、いや、
世界中のみんなが、同じ傷みを感じています

未曾有の被害に遭わなかった地域の我々に何ができるのか
軽々しく「頑張って」などと云えない状況と思います

精一杯 考えます

祈ります

こころを強く持って、あきらめないでください

友人よりの地震に関する拡散希望情報です


■避難場所等の情報

【拡散希望】
全国避難場所一覧 http://bit.ly/eVdXpd 
au災害用伝言掲示板→ http://bit.ly/euuWSb 
ウィルコムhttp://bit.ly/ehTZkT 
docomo災害用伝言掲示板→ http://bit.ly/etnjvX via web

東京の避難所一覧です。http://cgi.mobile.metro.tokyo.jp/aps/tosei/bousai/hinan.html

【拡散情報】ビックカメラが充電器を無料開放。サントリーが自販機を無料開放(ボタンを押すだけでいいそう)無料開放避難場所は【池袋】立教大学【御茶ノ水】明治大学リバティタワー 【新橋】新橋第一ホテル 【品川】品川プリンスホテル 【新宿】高島屋タイムズスクウェア 【渋谷】青山学院大

■災害に関する注意情報

【拡散希望】まだ大きい地震があと1回は来るそう。なるべく水ものは下に降ろし、ガスの元栓は締め切り、すぐ出られるように簡単でいいので荷物を作っておいて下さい。報道局、警視庁、気象庁大パニックらしい。

【拡散希望】阪神淡路大震災は余震が続き三時間後に最大の揺れがきたので気を緩めないで下さい 【今回の地震はプレート型の為、東京では夜に地震が発生する可能性があるそうです!十分注意をして下さい!】

【拡散希望】神奈川県、鎌倉市、江の島では水が引いています。大きな津波が来る前兆です。早く高台へ避難してください!!!川、海へ近付かないでください!津波は時に新幹線よりも速いスピードで襲ってきます!!

【拡散】阪神淡路大震災は三時間後に最大の揺れがきたので、気を緩めないでください だそうです。

■伝言ダイヤルに関する情報

災害用伝言ダイヤル「171」

[被災者の方]
1.伝言ダイヤル「171」を押す
2.自宅の電話番号を押す
3.伝言を録音する。

[安否を確認したい方]
1.伝言ダイヤル「171」を押す
2.安否を確認したい方の電話番号を押す
3.録音された伝言を再生する

RT @allabout_news: 災害用伝言ダイヤルと伝言板の使い方 http://allabout.co.jp/gm/gc/1076/  

■電話に関する情報

【拡散希望】現在携帯のメールは勝手に受信せず、新着メールの問い合わせ(センター問い合わせ)をしないと受信しないです。教えてもらわないと気がつかない人がいます。拡散RTを繰り返してあげてください

【拡散】電話の使用は極力避けましょう。緊急の連絡(119,110)で必要としています。安否の確認は災害伝言板ダイヤル171、ツイッター・ネットやSkypeを使いましょう。情報には最悪な状況である場所もあるかもしれません。

■ガス復活方法の情報

【拡散希望】 ガスが止まってしまった方へ。東京ガスは震度4で自動停止機能が働く。復帰は簡単。メーターの左上にある黒いキャップを外して中のボタンを奥まで押しこむ。メーター上部の赤ランプが3分点滅するので、その後復活します。

■犯罪に関する注意情報

【拡散希望】災害時に、「お風呂を貸す」「トイレを貸す」そういった言葉で女性を騙し、レイプする犯罪が過去発生しています。避難や徒歩での移動など、出来る限り、いや、絶対に独りにならないで。
どうか、どうか気をつけてください。

※コピペ、拡散願います。 ※3月12日現在

「オッド・トーマスの予知夢」ディーン・クーンツ



 死者の霊を見ることができる青年オッド・トーマスの青春成長記シリーズの4作目となる本作は、現在のところこれ以降の物語が書かれていないので、まずは、第1部の完結編となる。

 海辺の町マジック・ビーチに引き寄せられやって来たオッド・トーマス。そこで暮らし始めて1ヶ月以上経つ彼は、海が真っ赤に染まり幻想的に海面がうねる悪夢を夜中に二度見るようになる。
 ある日、桟橋でアンナマリアという謎めいた女性に会う。彼女はなぜかオッドのことを知っており、怪しげな男たちに狙われていた。この町で何かが起きようとしていることを調べはじめたオッドは、やがて恐ろしい陰謀を知ることになる……。

    ◇

 今回、ボダッハと呼ばれる人の死を嗅ぎ付けて現われる悪霊は登場せず、アルマゲドンとなる大量の死の予感は、オッドと陰謀を企む人間との間で共有するビジョンに現われる。
 何かしらの使命を得ているアンナマリアと一緒にいるときに感じる奇跡の体験で、オッドはひとりで陰謀と闘うことを決心するのだが、それはオッドの“正義”に基ずく自らのアイデンティティを認識することに繋がっている。
 だから、何の迷いもなくジェームズ・ボンドのようなアクションを繰り広げる事になる。
 今回はハードボイルドだ。

 これまでの3作とは決定的に違うオッドの姿は「えっ?こんなことアリ?」って展開で、これまで読んできた我々ファンには大きな違和感がつきまとうのだが、しかし、それでも、詩的な描写と映画的アクション、アクションの間に放たれるオッドのユーモアは文句なく面白い。

 相変わらず、オッドを取り巻く人間たちは個性豊かで魅力がいっぱいである。
 流れ着いたオッドを料理人として雇う家の住人は、御年八十八になる元映画俳優のハッチ。映画的にものを考え、ファンタジーのなかで生きている。
 この町で出来た友人ブロッサムは、幼少時に酔っぱらった父親に燃え盛る灯油缶に放り込まれ、形成外科の手術跡が生々しい姿となり“陽気なモンスター”と呼ばれている。「悔恨は必ず贖罪につながる」と信じていて、自分を殺しかけた父親を老人ホームに入居させて面倒をみている。
 ワンシーンだけ登場する元ごみ収集会社を経営していたバーディは、1959年型のキャディラックに乗った老婦人で、オッドの大きな後ろ盾になる。
 そして、前作でプレスリーの霊と入れ替わり登場してきたシナトラの霊は、今回大活躍する。オッドとシナトラとのやりとり(オッドには霊が見えても霊と会話をすることはできないのだが)は読み応えあり。

 「人生ってつらい。でもそればかりじゃないわ」

 正体がわからないままのアンナマリアと一緒に旅をつづけるオッドには、生きているレトリヴァーと幽霊犬ブーとシナトラの霊が。そして、“陽気なモンスター”もつづく予感。
 彼らの旅の先、第2部が待ち遠しい。

    ◇

オッド・トーマスの 予知夢/ディーン・クーンツ
訳:中原裕子
【ハヤカワ文庫】
定価 1,029円(税込)

「竜二」*川島透監督作品

ryuji.jpg

監督:川島透
脚本:鈴木明夫(金子正次)
撮影:川越道彦
助監督:坂本順治(阪本順治)
主題歌:「ララバイ」萩原健一
挿入歌:「プレイバックpart2」山口百恵
出演:金子正次、永島暎子、もも、北公次、佐藤金造(桜金造)、菊池健二、岩尾正隆、小川亜佐美、銀粉蝶、笹野高史、高橋明、泉アキ

☆☆☆★ 1983年/東映セントラルフィルム/92分

    ◇

 劇場公開の1週間後に、33歳の若さで癌のためにこの世を去った金子正次。
 癌と診断されてから何本かの脚本を書き上げ、苦難の末に自主制作で完成させた本作。死して名を残した無名の俳優は、この1本で伝説になってしまった。いまだに、この映画への高い評価はつづき、金子正次の魅力と輝きが失われる事もなく、それはまるで松田優作と同じように強い思いを持つファンは多い。

 名もなき役者金子正次と、大スター松田優作の因縁は有名な話。
 自主制作映画を劇場にかけるのは至難の業で、そこで奔走したのが同い年の朋友松田優作だった。東映セントラルフィルムで配給、公開を実現させ、映画の成功を見届けた金子を看取ったのも松田優作。そして、その命日11月6日が、奇しくも松田優作の命日になった偶然までもが伝説に凄みを加えている。
 映画に人生を賭けた金子の姿は、スクリーンの中でリアルに生きている。

 監督は、金子の朋友でこの作品がデビューとなる川島透。
 やくざの世界に生きる人間と堅気の世界に生きる人間たちを、小さなエピソードを積み重ねながら、きめ細やかに描いている。どの人間にも感情移入できるのが、この作品の魅力だろう。

    ◇

 花城竜二(金子正次)は新宿を縄張りにしている三東会の組員で、三年前暴力事件で逮捕された時、妻のまり子(永島暎子)は両親に泣きつき彼と別れることを条件で保釈金を出してもらった。以後、妻子と別居している竜二は、マンションでルーレットカジノを開き羽振りを良くしている。
 面倒を見る弟分と暮らしているが、バーゲン品を見繕い金を貯めることを楽しみにしている彼らが弄しく、組の兄弟分らの日常も小市民的だ。金ばかり貯まっても、充たされないものが身体の中を通り抜ける思いを感じていた。
 やくざから足を洗った先輩(岩尾正隆)の店で弱気な心情を吐露する竜二は、ついに自ら堅気の世界へ踏み込む決心をする。ピラニア軍団の岩尾正隆の渋さと、女房役の小川亜佐美の甲斐甲斐しさがいい。

 竜二は、九州の妻の実家に妻子を迎えに行き、東京で酒屋の店員として出直すことにした。
 ごくありふれた、ささやかな幸せに囲まれた、親子水入らずの生活。初めの頃はその日常に満足をしていたが、次第に、退屈な時間を満足しているかのように振る舞い努めだす。

 しかし、自分のシマを譲った舎弟のひろし(北公次)が当時の自分より羽振りよく訪ねて来たり、もうひとりの舎弟だった直(桜金造)がシャブ中になり堕ちていく姿を見たり、苦楽をともにした友(菊池健二)の落ちぶれた死に様を目にしているうちに、彼のなかの血が騒いでたまらない。

 家計簿を見て溜め息をつくまり子に怒鳴り声をあげる竜二。酒の配達の途中、トラックに同乗する中年のオヤジ(笹野高史)の昔の悪行状に、「どうしたんだよ!それがっ」と吸っていた煙草をオヤジの掌に押し付ける様といい、次第に竜二のなかの渇きがピークになってくる。

 そしてある日、商店街の肉屋の特売場の行列に並ぶまり子と娘のあや(もも・金子正次の実娘)の姿を見たとき、たまらない気持ちになり、ふたりに背を向けてしまう。
 竜二の顔を見てすべてを理解するまり子は、娘に「九州に帰ろうね」と言うことが精一杯だった………。


 男にしがみついていたくても、男に行きたい道があるのなら、行かせてやる女の潔さと哀れさ。
 映画の終幕、永島暎子の凍りつく笑顔は絶品だ。

 そのまま、新宿の雑踏を歩く竜二の姿のラストシーン。
 タイトルロールに被る萩原健一の歌声に痺れる。

 その無邪気な 澄んだ瞳
 夢見ている 幼ない子
  元気でいるかい
  友達 いるかい
  せめて お前に 
 My Baby Lulla-By

 1984年1月16日の栄東映パラス。映画館を占める中年のやくざ映画好きな客たちが、次々と煙草を吹かしながら席を立つ中、タイトルが終わっても場内は灯りも点かず、緞帳も降りてこない状態の真っ黒なスクリーンに、延々とフルコーラスでショーケンの声が響いた。あの時間の、なんとも切ない気持ちが思い出される。