TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「波の塔」*中村登監督作品

naminotouposter.jpg

監督:中村登
原作:松本清張
脚本:沢村勉
音楽:鏑木創
出演:有馬稲子、南原宏治、津川雅彦、桑野みゆき、峯京子、沢村貞子、二本柳寛、石浜朗、岸田今日子、西村晃、佐野浅夫、佐藤慶

☆☆ ☆ 1960年/松竹/98分

    ◇

 原作は週刊誌『女性自身』に連載された松本清張の長編ロマンで、人妻と青年検事の愛を描いたメロドラマである。

 高級官僚の一人娘田沢輪香子(桑野みゆき)は、旅先の上諏訪で考古学を趣味とするひとりの青年と出会う。帰郷後、友人と調布の深大寺に出かけたおりに美しい女性を連れ添ったこの青年・小野木(津川雅彦)と再会した。
 小野木は将来を嘱望された東京地検の新任検事。女性は結城頼子(有馬稲子)といい、自分のことは何も語らない謎多き女性だったが、小野木はある贈収賄事件の捜査で頼子の素性を知ることになる………。


    ◇

 映画は、男を堕落させる魔性のヒロインとして有馬稲子の魅力で貫かれている。
 宝塚歌劇団の娘役トップスターであっただけに、その屈指の美貌で、日常のルールを守るしとやかな妻の顔と、女のエロスを共有してくれる男を激しく求める女の顔といった、女の二面性を見事に演じきっている。和装と洋装を何度も着替えて登場する有馬稲子は、派手やかな顔立ちと、真っすぐに見つめる大きく煌めいた瞳が魅力であろう。

 頼子の夫となる結城康雄を演じる南原宏治も素晴らしい。悪に手を染めながらも、繊細な一面を持った男を重厚な芝居で見せてくれる。リアルタイムで観た映画やテレビのなかの南原宏治は既に個性的な悪役としての存在感であったが、この作品でもたしかに敵役ではあるのだが、実は妻を一番愛していた男であり、何より津川雅彦より断然イイ男なのである。
 反対に若干二十歳の津川雅彦の稚拙さが目立ってしまうのだが、これは意図したものだろう。現在、名優として名を馳せる津川雅彦の若き日の姿であったが、2006年のテレビドラマ化では頼子の夫役(人間関係の背景が変わってはいるが)でベテランたる芝居を見せていたようだ。

 小説では輪香子の父親と、政界の裏側で暗躍する政治ゴロの結城との汚職事件が、松本清張らしいサスペンスを導いていくのだが、映画ではこのサブストーリーは置き去りにされている感もあるが、あくまで主点は男と女の危うい関係。頼子と小野木の恋愛、康雄と頼子との恋愛、このふたつの情念の話として進んでいく。

 頼子と小野木はモスクワ芸術座の『どん底』を観劇していて知り合い、いつしか秘密の逢瀬を繰り返す仲になっていくが、この頼子という女性は、実はとてもしたたかな女といえる。はじめは偶然の出会いでも、次の出会いは女の方が誘っている。
 確かに、夫の生き方に幻滅と嫌悪を覚えしまった妻がその居場所を見失い、それでも家庭だけしかないという状況では、女の生き場所は外の世界へ急速に傾いていくのだろう。だから、頼子がこれまでにも何度か男を誘ってきたのであろうと想像できる。正義に燃え、まっすぐに生きてきた男を誘うのは何の手練もいらない。

「ぼくは、何もあなたの事を知らないんだ」
「わたしは結城頼子よ。あなたは私という女だけを見つめてくれればよろしいの。わたしの係累をいっさい知る必要がございませんわ。お会いする時は、わたしの方から連絡します」

 有閑マダム然と「わたしは結城頼子よ」の言い回しが絶品。
 
 その頼子が、小野木に対して本気の愛を捧げようとしていく。これまで本当の愛を感じないまま過ごしてきた偽りの日常への反動があったとしても、それは決して夫への復讐ではない。しかし頼子は、夫と小野木から真実の愛を見いだすことができないまま、自己完結を選んでしまう。
 女にだらしなくても魅力のあった夫に従属しながらの自己愛と、正義感に燃える一直線の男の社会的地位が閉ざされた未来を考えたときに捧げる究極的な愛が、本当は女の自己中心的な愛でしかなかったことに気づく。
 結局、誰も愛することができなかった女の不幸なのだ。迷宮を彷徨った末のラストシーンとなる。

 効果音に印象的なものがある。
 横浜公園内の頼子と小野木のキスシーンでは、頭上にヘリコプターの轟音を響き渡らせ二人の行く末を暗示させる。終盤の安旅館では、電車の連結音や蒸気の音が相まって、頼子の心の奥に横たわる諦めと決意の木霊として聴くことができる。

 その国鉄操作場近くの安旅館のシーンは映画のオリジナルで、ここでは絶世の美しさに魅せられる有馬稲子に息を呑む。哀しく、切ない表情は何度も観たくなるカットである。

 素晴らしい台詞もある。

 「どこにも行けない道ってあるのね。道があるからどこか行けるかと思ったのに」

 原作通りの台詞で、女の虚無感が実によく表れている。

    ◇

 尚この原作は、これまで幾度となくテレビドラマ化されている。
◎1961年/フジ:昼ドラ・シリーズ/池内淳子、井上孝雄
◎1964年/NET(現テレビ朝日)ポーラ名作劇場/村松英子、早川保、夏川大二郎◎1970年/TBS:昼ドラ・愛の劇場/桜町弘子、明石勤
◎1973年/NHK:銀河テレビ小説/加賀まりこ、浜畑賢吉、神山繁
◎1983年/NHK:土曜ドラマ/佐久間良子、鹿賀丈史、山崎努
◎1991年/フジ:金曜ドラマシアター/池上季実子、神田正輝、西岡徳馬
◎2006年/TBS:松本清張ドラマスペシャル/麻生祐未、小泉孝太郎、津川雅彦

スポンサーサイト

名古屋TOKUZOに宇崎竜童がやってくる!

  TAKE THE BLUES TRAIN ~ 3DAYS 4ACTと題して、名古屋・京都・大阪でライヴハウス・ツアーを行う宇崎竜童。
 名古屋は今池のTOKUZO
 ツアーメンバーが京都・大阪と違う3ピースバンドを従えてのライヴだが、3日間ともにゲストとして大西ユカリが登場する。
 一度で2度おいしいライヴではないかい?

    ☆

宇崎竜童 TAKE THE BLUES TRAIN
4月8日(木)
宇崎竜童with御堂筋ブルースバンド
ゲスト:大西ユカリ
会場:名古屋今池TOKUZO
開演:19:00/開場18:00
料金:4,000円
全自由席:別途ドリンク代要

「石井隆の世界」review 2 更新

石井隆の世界』の[Column]に投稿したレヴューが更新された。

 今回も過去記事関連なのだが、大幅に加筆修正したものを投稿したので石井隆ファンは十分に楽しめると思う。
 左のバナーからどうぞ……。


「トプカピ」*ジュールズ・ダッシン

topkapi-dvd_.jpg

TOPKAPI
監督:ジュールズ・ダッシン
原作:エリック・アンブラー
脚本:モンヤ・ダニシェウスキー
撮影:アンリ・アルカン
音楽:マノス・ハジダキス
出演:メリナ・メルクーリ、マクシミリアン・シェル、ピーター・ユスティノフ、ロバート・モーリー、エイキム・タミロフ、ギルス・セガール、ジェス・ハーン

☆☆☆★  1964年/アメリカ/120分

    ◇

 1960年代、世界中でスパイ映画とお洒落な犯罪映画が流行し、この作品のあとでは同じような女泥棒と相棒のコンビが大活躍の『唇からナイフ』('66)や、泥棒映画の金字塔『黄金の七人』('65)など数々の傑作が生み出されている。
 本作も軽妙洒脱な泥棒映画の傑作として記憶に残る作品である。この映画でバックギャモンというゲームを知り、トルコ軍楽を初めて耳にした。

 天才的女盗賊エリザベス(メリナ・メルクーリ)は、次ぎなる獲物としてイスタンブールのトプカピ宮殿博物館に展示されている“世界一のエメラルド4つ”が嵌め込まれた宝剣を狙っていた。パリにいる愛人ウォルター(マクシミリアン・シェル)に連絡し、早速仲間を集めることにする。今回は、発明狂の英国貴族ページ(ロバート・モーリー)、聾唖の軽業師ジュリオ(ギルス・セガール)、怪力のフィッシャー(ジェス・ハーン)ら犯罪歴のない専門分野にたけた素人たちを選んだ。そこにもう一人、ギリシャでインチキ観光ガイドをしている英国人シンプソン(ピーター・ユスティノフ)が加わることになり、いよいよ6人はイスタンブールに乗り込むのだが…………。

    ◇

 映画は、幻想的な色使いでエリザベスが観客に語りかけるかたちで始まり、エリザベスらの行動が描かれていくが、シンプソンが登場してからは彼の行動と視点でストーリーがコミカルさを増し進行。そしてクライマックスは、スリリングなサスペンスに仕上がっている。

 厳重に保管された宝剣を盗み出す奇想天外な方法は、三十数年後にブライアン・デ・パルマの『ミッション・インポッシブル』において引用されたあの有名なアイデアである。『ミッション・インポッシブル』の原型となるTV『スパイ大作戦』('66年~)の当初の脚本が犯罪集団を想定していたというのだから、各分野のエキスパートを集めて任務遂行する型が、本作から始まったといってもあながち間違いではないのかもしれない。

 イスタンブ-ルの夕闇の美しさからクライマックスに至る演出は、灯台のサーチライトを使ったスリリングなシーン(『大脱走』('63)の興奮が甦える)や、無音状態(現実音)とクローズアップ多用で生まれる緊迫感が最高潮となる。

 このスリリングなシーンで観客に緊張と緩和を与えるのが、マヌケで高所恐怖症の男を絶妙に演じるピーター・ユスティノフ。コメディをなんなくこなす英国人俳優の彼は、このユーモアあふれるキャラクターで2度目のアカデミー助演男優賞を受賞している。後年はエルキュール・ポアロが当り役となった。

 「銃は強力な武器にはなるが、それに勝てるのは頭脳だ。銃を使うより芸樹的だ。」
 オシャレな泥棒映画の鉄則は美学を持った色男がいること。ウォルターを演じるマクシミリアン・シェルはオーストリアの俳優で、彼もまた『ニュールンベルグ裁判』('61)でアカデミー主演男優賞に輝いている名優である。

 そして、なんと言ってもメリナ・メルクーリ。『唇からナイフ』のモニカヴィッティや『黄金の七人』のロッサナ・ポデスタのようなセクシー・シーンはないけれど、40代半ばの美しさと、ハスキーな声と大きく鋭い瞳で見つめられれば、誰もが「あなたの指示に従います」と服従の徒となる貫禄がある。
 監督のジュールズ・ダッシンの夫人であり、『日曜はダメよ!』('60)では陽気な娼婦を演じてカンヌ国際映画賞女優賞を得たギリシャ出身の国際派女優。後に、祖父と父親につづいてギリシャの政治家となり、文化大臣にまでなったのは有名。

 さて、この手の映画の定石通りに意外な結末を迎えたあと…………

 「名案があるの」
 「オー、ノー!やめてくれ!」
 「クレムリンにあるロマノフ王朝の宝石よ」
 Here They Go Again…………

 舞台のカーテンコールの如く、6人が集まる終り方もまたお洒落なのだ。


「キッスで殺せ[完全版]」*ロバート・アルドリッチ



KISS ME DEADLY
監督:ロバート・アルドリッチ
原作:ミッキー・スピレーン
脚本:A・I・ベゼリデス
撮影:アーネスト・ラズロ
音楽:フランク・デヴォール
挿入歌:マディ・コムフォート、ナット・キング・コール
出演:ラルフ・ミーカー、アルバート・デッカー、ポール・スチュアート、クロリス・リーチマン、マキシン・クーパー、ギャビー・ロジャース

☆☆☆  1955年/アメリカ/107分/B&W

    ◇

 セックス&ヴァイオレンスを扇情的に描写した《通俗的ハードボイルド》の旗手ミッキー・スピレーンの“探偵マイク・ハマー”シリーズが原作で、ロバート・アルドリッチ監督のB級カルト映画として名を残している。

 深夜のハイウェイをドライブしていた私立探偵のマイク・ハマー(ラルフ・ミーカー)は、クリスティーナ(クロリス・リーチマン)と名乗る謎の女性をピックアップする。直後、3人の男たちに襲われクリスティーナは殺され、ハマーも重傷を負ってしまう。
 背後に複雑な事件が潜んでいるのを感じたハマーは、クリスティーナが最後に言い残した「私を忘れないで」の謎を解きながら、《パンドラの箱》をめぐる巨大な陰謀に巻き込まれていく………。

    ◇

 原作(「燃える接吻」)からタイトルだけを受け継ぎ新たなストーリーに作り上げられた本作は、いわゆるパルプ・マガジンの謎と暴力描写の体裁は整っているが、代わりにハードボイルドに必要な女たちに難点がある。
 ハマーの秘書であり恋人のヴェルダ(マキシン・クーパー)をはじめ、ハマーを取り巻く女たちはいっぱいいるのに、肝心のヴェルダからして美人でないのが痛いし、要となる悪女のギャビー・ロジャースに全然魅力がない。

 でも、何かしらこの作品に惹かれる…………。
 それは、核心となる《パンドラの箱》の正体がプルトニウムだという実にもって不気味なオチもそうだが、全編に流れる不可解さではないだろうか。ストーリーとして難解で、説明が足りない箇所も多々あるのだが、映像的カットに見るべきものが多い。

 裸足で逃げて来るクロリス・リーチマンの足もとのアップから始まるオープニングは、ノワール映画の雰囲気が満点。そして、タイトルロールが画面の上から流れてくるという斬新さで一気に惹き込まれる。
 ギャビー・ロジャース登場シーンのカメラ位置も面白いし、謎の男(アルバート・デッカー)を終始足もとの靴だけカメラが追っていくのにも引きつけられる。
 そして、[完全版]において数カットが追加された異様なラストの鮮烈さ。
 これぞB級カルトの味わいなのだ。

「一年でいちばん暗い夕暮れに」ディーン・クーンツ



 クーンツらしからぬ詩的なタイトルで目を惹く新刊は、“オッド・トーマス・シリーズ”の間にリリースされた“犬”への愛に満ちたサスペンス・ストーリー。

 ドッグ・レスキューとして虐げられた犬の保護施設を運営するエイミーが、ある日、恋人の建築家ブライアンとともに不思議なゴールデン・レトリーバーを助ける。自ら2頭のゴールデン・レトリーバーを飼っているエイミーは、ニッキーと名付けられたその犬も仲間に加えた。
 その夜帰宅したブライアンは、突然ニッキーの肖像画を描く衝動に駆られ、一昼夜にも及びデッサンする手が止まらなくなるという奇妙な体験をする。
 同じ頃、邪悪な男女一組がある計画を実行に移そうとしていた。
 そして、孤児だったエイミーの隠された過去を掘り起こそうとする二人の探偵や、謎の殺し屋らが現れるのだが…………。

    ◇

 ストーリーはダークな人物設定満載のチェイス物として楽しめるのだが、ラスト数頁は驚異の展開。読んだものたちの読後感を混乱させる強者クーンツの面目躍如というか、とにかく、凄いと云う言葉しか形容できない。クーンツ節を堪能できる快作である!

 エイミーとブライアンと犬のニッキーら善に対し、彼らに絡んでくる悪党たちのキャラクターが相変わらずイカレていて面白い。
 恐ろしくヴァイオレンスなムーンガールとハロー。ヴァーチャル世界に嵌る探偵ヴァーノン・レスリーと若い相棒ボビー。徹底した非情ぶりを見せる殺し屋ビリー・ピルグリムと葬儀屋ジュリエットとの短いエピソードなど、ここ10数年のクーンツらしい比喩的表現が盛り込まれた無意味な会話の数々が冴えている。

 バラバラと思われる登場人物が終盤につれてひとつの環となるのだが、ただ、収拾のつかないエピソードが放りっぱなしの山となるところはご愛嬌。ご都合主義なところがクーンツらしいのだからここは目をつぶるとして、一気呵成ノンストップで突っ走るクーンツのストーリーテリングは、やはり凄いのだ。
 クライマックスは、サム・ペキンパーの映画のスローモーションを思い浮かべるシーン描写で、迫力と、哀切と、そして……………混乱。
 常にクーンツらしさを忘れない最終章まで、心して読め。と云ったところだろう。

    ◇

一年でいちばん暗い夕暮れに/ディーン・クーンツ
訳:松本依子、佐藤由樹子
【ハヤカワ文庫】
定価 1,029円(税込)


レズリー・ウエスト、あのバンドを再結成!

West Bruce jr and Laing

 1972年、アメリカン・ハードロック・バンド“マウンテン”のレズリー・ウエスト(Guitar)とコーキー・レイング(Drums)が、ジャック・ブルース(Bass, Vocals)を加えてクリームの夢よもう一度と活動したのが“ウエスト、ブルース & レイング”だった。
 今回、ジャックの息子マルコム(Bass, Vocals)が親父の代役となり、再度、この1月から始動したのが“ウエスト、ブルースjr & レイング”だ。これはそのリハーサル・プロモ映像。





 そして、1月29日のNY公演の模様。




 マルコムのヴォーカルは親父さんにそっくりだし、ベース・プレイのテクニックはやはり蛙の子はカエル。
 いやぁ、素晴らしい!

 来日はあるか!?