TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「疑惑」*野村芳太郎監督作品



監督:野村芳太郎
原作:松本清張
脚色:松本清張
撮影:川又 昂
出演:桃井かおり、岩下志麻、柄本明、鹿賀丈史、仲谷昇、真野響子、森田健作、北林谷栄、小沢栄太郎、三木のり平、伊藤孝雄、内藤武敏、松村達雄、丹波哲郎、山田五十鈴

☆☆☆☆ 1982年/松竹/127分

    ◇

 現実に九州で起こった三億円保険金事件を下敷きにした松本清張の原作(1982年発刊の短編)を、作者自身が脚色(撮影用台本は野村芳太郎と古田 求)したサスペンス映画。
 映画化にあたって国選弁護士を女性に変えることで、岩下志麻はニヒルスティックに、桃井かおりはエゴイスティックに大暴れする“悪女映画”として、女性同士の感情の葛藤がドラマチックに描かれた傑作となっている。

 ある雨の日の夜、富山県新港湾の埠頭で車の転落事故が発生し、地元財閥白河酒造の御曹司(仲谷昇)が亡くなった。同乗していた後妻の球磨子(桃井かおり)は自力で泳ぎ救出されたが、彼女には過去に幾多の犯罪歴があり、今回も夫にかけられた三億円の保険金目的の殺人ではないかと誰もが疑った。なかでも北陸日日新報の秋谷(柄本明)は、積極的に球磨子糾弾のキャンペーン報道を展開する。
 そしてついに、物的証拠のないままに球磨子は逮捕され、裁判がはじまる。
 心証は真っ黒で圧倒的に不利な状況に加え、球磨子の悪評に恐れをなした弁護士たちは次々に辞退していく中、国選弁護人として民事専門のエリート女弁護士・佐原律子(岩下志麻)が担当することになった…………。


    ◇

 鬼塚球磨子〈おにづか・くまこ〉って名前もマズイわよねぇ。
 これがさぁ、ン~と、
 たとえばさぁ、橘小夜子とかさぁ、早乙女静子なんて名前だったら、ずいぶん違うんだぁ。
 あんた、わたしが殺ったと思ってんでしょ?
 きらいだなぁ、わたしアンタの顔


 激情型の炎の女・通称“鬼クマ”を演じる桃井かおりと、知的で氷のような冷たさを持つ女弁護士に扮する岩下志麻が最初に接見室で対面するシーンは、このあと展開していくふたりの間の緊迫感を十二分に伝えている。
 ふたりの心理的葛藤、いがみ合い、駆け引きを、2大女優が火花を散らして対立する様はとにかく圧巻である。

 独特の台詞まわしと人を喰ったような眼差しで挑発する桃井かおり。原作では身長172cmの大柄グラマーの“鬼クマ”だが、体格以前にそのふてぶてしさと居直る姿で桃井かおりでしかない性悪女を見事に作り上げている。
 記者会見で突っかかる柄本明に対して「あなたねぇ、もう少し後ろに下がってくださるぅ?」と発するシーンは、桃井かおりの強烈な個性が成せる巧妙な台詞まわしでニンマリとさせられる。法廷での半狂乱ぶりも凄まじく迫力満点である。
 球磨子がどんなに反社会的な“毒婦”で世間から非難の目を向けられている女だとしても、今回の事件(事故)に関しては“無罪”であると、小さな謎をひとつひとつ解きながら毅然と法廷に立つ岩下志麻は、別れた夫に引き取らせた幼い娘を想う母親の心情や夫を奪った女性(真野響子)への冷ややかな感情など、自立し、仕事ひと筋に働く女が直面する意地と淋しさの両面が見え隠れする。弁護士を女性にしたことでの人間ドラマの深みが出ている。

 映画の3分の2は、回想を織り交ぜた法廷劇。
 1978年公開の『事件』で見事な法廷シーンを演出した野村芳太郎監督は、ここでも同様に緊迫感あるドラマを展開し、証人として登場する小沢栄太郎、山田五十鈴、三木のり平らベテラン俳優らは見せどころを競っている。特に、蓮っ葉でべらんめぇ言葉をまくしたてるクラブのママに扮した山田五十鈴は他を圧倒する。
 また、タチの悪い女に惑わされる仲谷昇の情けなさや、正義というペンを振り回す柄本明の傲慢ぶりや、球磨子とは腐れ縁の元情夫鹿賀丈史の軽妙さと卑屈さなども見応えある演技だ。

    ◇

  ◆以下、物語の結末に触れます。

  ☆     ☆









 裁判は、意外な事実が判明して球磨子が無罪を勝ち取る。

 祝杯を上げ、酒の肴に保険金を受け取り損なったことを弁護士のせいにしてはしゃぐ桃井かおり。それを、冷たく睨む岩下志麻。
 「あんたってサァ、ほんと、嫌な目つきしてるわねぇ」と桃井が絡むと「あなたみたいにエゴイストで、自分に甘ったれてる人間、大嫌いなの」と岩下志麻が返す。
 ふたりのプライドが一触即発を迎える。
 「あんたみたいな女、嫌いよぉ」ボトルの赤ワインをグラスにつぐように、岩下志麻の真っ白なスーツに垂らす桃井かおり。
 微動だしない岩下志麻は、何喰わぬ顔で吸っていた煙草を消し、勢い、持っていたグラスの中のワインを桃井に浴びせる。
 「わたしは今まで通りのわたしのやり方で生きていくわ。男たらして、しっかり生きてみせるわよぉ」
 「せいぜい頑張ってね。またしくじったら弁護してあげるわよ」
 女優ふたりの風格が漂う、映画史に残るシーンとなっている。

 プラットホームで多くのひとから好奇な目を浴びながら電車に乗り込む桃井かおりの、晴れ晴れと煙草を吸う顔が複雑に歪みながらも、しぶとく生きていく女の顔に変化して終るラストカットが印象的だ。



スポンサーサイト

「朝日のあたる家」浅川マキ

 昨晩からずっと浅川マキのアナログ・レコードをターンテーブルに乗せて聴いている。
 ぼくが持ち合わせている浅川マキのレコードはほとんど70年代のアルバム(70年代だけで10枚もある)なのだが、あの時代のザラザラした空気感とブル-ジーな音を閉じ込めたアルバム群としては、すべてに最高の楽曲が収められている。

 独自の世界観をもった浅川マキは、表現者として自作の楽曲には必ず“作詞”でなく“作詩”と明記している。それは外国曲を唄う時も同じで、決して訳詞ではなく“日本語詩”として完成しているところに、浅川マキのアーティストとしての姿勢が見られる。

 ベッシー・スミスの「難破ブルース」、ビリー・ホリディの「マイ・マン」、ダミアの「暗い日曜日」、ロッド・ステュアートの「ガソリン・アレイ」「オールド・レインコート」「If I'm On The Late Side」、そしてその他「セント・ジェームス病院」「ジンハウス・ブルース」「トラブル・イン・マインド」………どの歌も、原曲の世界観を損なうことなく浅川マキの世界に引き入れている。
 その中でも好きなのが「朝日のあたる家」だろうか。

>

 1971年9月にリリースされた2枚目のアルバム『Maki II』の、B面の最後に収められていた新宿花園神社での実況録音で、ギター2本だけで唄うブルーズの一級品である。
 アコースティック・ギターを奏でる萩原信義は、70年代にパーマネント・グループとして一緒に活動しているが、このときはまだプロになる前の大学4年生。もうひとりは、萩原信義の友人でサウスポーながら弦を張り替えず演奏をする杉浦芳博である。

 この浅川マキの「朝日のあたる家」はちあきなおみの歌唱でも有名だし、ちあきヴァージョンも素晴らしいのだが、やはり、リアルタイムで聴いていただけに浅川マキの歌唱が一番しっくりとくる。
 このアルバムは過去にCD化はされたのだが浅川マキの意向によって廃盤にされているので、今やYouTubeでしか聴くことができない。嬉しいようでもあり残念でもある。
 レコードでは、演奏が始まる前のチューニングと浅川マキの喋り声など、ざわざわとした会場の雰囲気が収録されており、当時の会場の空気を臨場感たっぷりに感じられるのだが………。

 ちなみに『Maki II』に収められている「めくら花」では、ストロベリー・パス(成毛滋、角田ヒロ、江藤勳)の演奏をバックにしている。

浅川マキさん 急逝



突然の訃報
またひとり 不世出なシンガーが逝ってしまった

1月17日(日)名古屋市内のホテルで倒れ 
市内の病院にて心不全のため永眠
享年67

BLUESを唄うにも JAZZを口ずさむにも まだまだこれからなのに………

15日から3日間、名古屋のJAZZ喫茶「LOVELY」で公演中だった
ひと月ほど前 マキのライヴに行きたいねと話したところだったのに……
また 行きそびれた
…………
永遠に 行きそびれてしまったんだな

今夜はおしまい
もう店じまいって呟いているよう

“赤い橋”を渡っているのか
もう 振り返ったりはしないんだよな

    ◇


ブログを始めた2005年の初っぱなの記事がマキさんだった
もう一度書き記しておこう
 
はじめてマキさんを知ったのは 真崎守の漫画「袋小路」と云う作品に引用された詩だった
そして 「夜が明けたら」「ちっちゃな時から」などを題材にした真崎守の作品から
マキさんのレコードを聴くようになった

モノクロームの世界
しかし
真っ暗な闇の中に うっすらと黒いグラデーション が敷かれた世界観
唄が物語られる世界
酒と煙草とけだるい黒の世界
やさぐれて 落ちぶれて 捨てられ て 流されて 
孤独と不安を表現するマキさんの唄には
だれもが“ちょっと長い関係”を持ちたがる

時代とは関係のないところで唄われる歌
ひっそりと 沁みる唄声がいつまでも響いてくる

心安らかにお眠りください


「自殺への契約書」

marie-octobre.jpg

MARIE OCTOBRE
監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
原作:ジャック・ロベール
脚色:ジュリアン・デュヴィヴィエ、ジャック・ロベール
撮影:ロベール・ルフェヴル
出演:ダニエル・ダリュー、ベルナール・ブリエ、セルジュ・レジアニ、ポール・フランクール、リノ・ヴァンチュラ、ロベール・ダルバン、ポール・ムーリッス、ポール・ゲール、ダニエル・イベルネル、ノエル・ロクベール、ジャンヌ・フュジュ・ジル

☆☆☆★  1959年/フランス/99分/B&W

    ◇

 名匠ジュリアン・デュヴィヴィエの後期の傑作ミステリー。

 水に流す気? 彼は殺されたの。
 このままうやむやにしたら、お互いにもう友ではなく、容疑者よ。


 第二次世界大戦中にレジスタンス運動の闘士として戦った仲間10人が、終戦15年目にかつてのアジトに集められた。15年前のその日は、屋敷がゲシュタポに乗り込まれグループのリーダーだったカスティーユが射殺された日だった。
 ただ一人の女闘士マリー(ダニエル・ダリュー)が意外な事実を告白する。カスティーユの死は、実は仲間の裏切りによるものだったこと。そして、いまこそ、その裏切り者が罰せられないといけないと告げる。
 集まった10名のあいだで、裏切り者の究明が始まる………。

    ◇

 フランスの推理作家ジャック・ロベールの原作を、作者自身とデュヴィヴィエ監督が脚色した室内劇で、登場人物は集まった10人と屋敷に働く老家政婦の11人だけ。

 そのキャスティングが多彩。
 ロベール・アンリコ監督の大傑作『冒険者たち』('67)で強烈な印象を残したセルジュ・レジアニが、マリーを慕うルジェを演じる。気が弱く卑屈な感じが実に巧い。
 大好きなリノ・ヴァンチュラは、いかにも彼にお似合いな荒っぽい男を好演。
 そして、紅一点ダニエル・ダリューのクール・ビューティーな佇まい。彼女の作品は晩年に出演したフランソワ・オゾン監督の『8人の女たち』('02)しか見たことがないのだが、真相を暴くまで終始一貫した冷たさと非情さを見せる“無表情の美しさ”が素晴らしい。
 この他にも名優ベルナール・ブリエや、『悪魔のような女』('55)が印象的だったポール・ムーリッスなど、個性豊かな面々が顔を揃えている。

 ひとりひとりの嘘や思い違いが交差し次々と秘密が暴かれ、主人のマリーや老家政婦までが容疑者となる展開。その大広間だけで繰り広げられる緊迫シーンは、シドニー・ルメット監督の『十二人の怒れる男』に似たディスカッション・ドラマとして圧巻である。
 初見は60年代後半に見たテレビ放映で、とにかく容疑者が二転三転するストーリーに釘付けになった覚えがある。

 しかしこんなに面白いのに、デュヴィヴィエの作品としては戦前の名画の数々(映画史に残る『望郷』『我等の仲間』『地の果てを行く』等々)に比べて案外評価されていないようだ。DVD化もされない、忘れ去られた不遇の傑作と云える。


「大烏が地球にやって来た日」ストロベリー・パス



Strawberry Path

 今年の干支・寅にちなんで載せた“スピード・グルー&シンキ”から、70年代日本ロックのインパクトあるアート・ジャケットから動物だけを選んでメンバー相関図的に並べてきた。
 これは、成毛滋と角田ヒロのふたりが“ストロベリー・パス”名義で1971年に発表した『大烏が地球にやって来る日』。
 漫画家の石ノ森章太郎が描いたカラスが印象的である。

    ☆

収録曲
01. I Gotta See My Gypsy Woman
02. Woman Called Yellow "Z"
03. The Second Fate
04. Five More Pennies
05. Maximum Speed Of Muji Bird
06. Leave Me Woman
07. Mary Jane On My Mind
08. Spherical Illusion
09. When The Raven Has Come To The Earth


    ☆

 ステージでの成毛滋はギターを弾きながらキーボードを操っており、ギタリストとしての腕前もキーボードの巧さも超一級である。

 1曲目のヴォーカルは、当時ザ・ゴールデン・カップスに在籍していたためクレジットされていない柳ジョージが担当。ベースはジャズ畑から江藤勲が参加している。
 ハード・ロック、プログレッシヴ・ロック、インストゥルメンタル、バラードと聴き応えある楽曲揃いである。
 そして、その名バラードとなるのが7曲目の「Mary Jane On My Mind」。
 いまでは老若男女、誰もが知る不朽の愛のバラード「メリー・ジェーン」の初出として一般的に有名になったアルバムではあるのだが、“つのだ・ひろ”名義のシングルカットはだいぶ後のことだし大ヒットもしていないと記憶する。
 アルバムでの成毛滋のギター間奏が逸品である。

 某財閥の御曹司だったことでも知られる成毛滋。彼の親友・景山民夫がライナーノーツを書いている。
 ユニットは恒久的バンドではなくこの1枚を残すのみだが、のちの“フライド・エッグ”への大きな布石となっている。


「ミルクタイム」柳田ヒロ

yanagidahiro-milktime.jpg

 “日本のニューロック”の名盤アートをもう一枚。
 今度のゴリラも、インパクトは十分。

 キーボード奏者・柳田ヒロが“エイプリル・フール”や“フード・ブレイン”で活動した後、1970年11月に水谷公生〈ギター〉、角田ヒロ〈ドラムス〉、石川恵樹〈ベース〉、玉木宏樹〈エレクトリック・ヴァイオリン〉、中谷望〈フルート〉のサポートでリリースした、初のソロ・アルバムである。
 角田ヒロと石川恵樹は初期の“フード・ブレイン”メンバーで、若松孝二監督の『新宿マッド』('70)のサウンド・トラックを吹き込んでいる。

    ☆

収録曲
01. LOVE ST.
02. RUNNING SHIRTS LONG
03. WHEN SHE DIDN'T AGREE
04. HAPPY, SORRY
05. YUM
06. LOVE T
07. FISH SEA MILK
08. FINGERS OF A RED TYPE-WRITER
09. MILK TIME
10. ME AND MILK TEA AND OTHERS


    ☆

 鍵盤を縦横無尽に駆け回る柳田の破壊的奏法と、水谷公生のアグレッシブルなギターがプログレッシヴでアートなロック・サウンドを構築し、ヴァラエティ豊かなジャムセッションを体感できる、70年代初頭の日本ロックの熱情を感じる一枚である。


ファンサイト「石井隆の世界」更新

 2009年9月に開設された、映画作家/劇画家の石井隆氏のオフィシャルファンサイト『石井隆の世界』が久々に更新されたので報告しておこう。

 ファンとしてのお祝いメッセージと[Q&A]への投稿、そして、過去レヴューではあるが[Column]にレヴューさせてもらった。
 [What's New]から読むことができるので、ぜひ、ご一読を………。

「晩餐」フード・ブレイン

foodbrain-bansan_0108.jpg

Food Brain

 インパクトあるジャケットが、日本の“ニューロック時代”に幕を上げた。
 トラの次は象印で行こう………。

 ギタリスト陳 信輝が、柳田ヒロ〈キーボード〉、角田ヒロ〈ドラムス〉、石川恵樹〈ベース〉と共に1970年に結成したヘヴィ・セッション・バンド“フード・ブレイン”である。

    ☆

収録曲
01. That Will Do
02. Naked Mountain
03. Waltz for M.P.B
04. Liver Juice Vending Machine
05. The Conflict of The Hippo & The Pig
06. Clock
07. One-Sided Love
08. The Hole in A Sausage
09. Dedicated to Bach


    ☆

 ベース担当が石川から加部正義に交代してレコーディングされたこの『晩餐』は、公式に残された唯一のオリジナル・アルバムで、全曲インプロヴィゼイションとなるインストゥルメンタル・ナンバーで占められている。
 
 柳田のハモンド・オルガンとピアノがアグレッシブルに踊り狂い、加部はベースをリード・ギターのように弾きまくり、角田ヒロは高速ドラミングで疾走する。

 同時代の数々のスーパー・バンドのなかで、最もパワフルなバンドと証明されているのである。

SPEED, GLUE & SHINKI



あけまして おめでトラ

 虎の絵が精悍な、云わずと知れたヘヴィ・ブルース・ロック・バンド“スピード・グルー&シンキ”のアルバム・ジャケット。

 リーダー陳 信輝のエモーショナルなギター、スピード(ドラッグ)ことジョーイ・スミスのパワフルなドラム、グルー(シンナー)こと加部正義のドライヴ感豊かなベース。このスリーピース・バンドに、ゲスト参加としてキーボードにチャッピーこと渡辺茂樹と大口ひろしのドラムが加わった、1972年発売の2ndアルバムである。