TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

山口百恵の軌跡と奇蹟~こんな風に過ぎていった

 12月28日付オリコンのDVDランキングにて『ザ・ベストテン~山口百恵 完全保存版 DVD-BOX』が第2位をキープしている。
 引退して29年経つ歌手の、それも5枚組の高額DVD-BOXが、である。
 昭和のテレビ歌謡歌番組の歴史的記録をより多くの人に鑑賞してもらいたい商品として、これは大変素晴らしい出来事だ。



 この5枚のDVDに納められているのは紛れもなく昭和の歌姫の足跡である。山口百恵の7年6ヶ月の芸能生活のうち、驚愕の3年間の時を目の当たりにできるのだ。スタジオ・レコーディングでは味わえない、百恵の生の歌唱の凄さを体験できる映像集である。

 山口百恵が『ザ・ベストテン』に初登場したのは、番組開始第2回目の1978年1月26日。第8位で登場した「赤い衝撃」からランキング全122回の歴史がはじまった。
 1位を獲得した回数は8回。うち最高票数は1980年5月15日の『謝肉祭』が獲った9339票。
 『謝肉祭』は1980年3月7日の婚約発表後に初登場し、トップを獲得すること3回。髪をアップにした姿の艶やかさ。友人アン・ルイスの披露宴から駆けつけ衣装ではない白のスカートと紫のジャケット姿でありながら、迷宮セットの上で歌う時の華やかさ。
 『謝肉祭』を歌っている時期の百恵は婚約発表後とはいえ、とにかく、女神のような凛々しさと目を見張るほどの美しさに輝いている。

 この『謝肉祭』から『ロックンロール・ウィドウ』『さよならの向う側』とつづく3連チャンにおいて、人智を超えた怒濤のパワーが炸裂し、稲妻の如く世の中を席巻。テレビの中を駆け抜けていった百恵である。

 『勝ってにしやがれ』で沢田研二にレコード大賞を持っていかれた1977年。その雪辱に燃えた百恵は女の潔さで勝負した。
 1978年は、5月『プレイバックpart2』8月『絶体絶命』でジュリーへの包囲網を敷き、12月のアルバム『曼珠沙華』で“官能”を見せつけた百恵は、1979年の『A FACE IN A VISION』で“オンナ”に変貌していくのだった。

 番組で、したたかさと凄みを加えた百恵の姿を見事に捕らえたのが『絶対絶命』だ。
 初登場は、MOMOE BANDのザ・ムスタシュをバックにしたバンド編成でオリジナル通りに歌うが、翌週の宮間利之とニューハードの演奏は、スタジオ・ヴァージョンをブッた斬るほどの超高速アレンジという驚愕のサウンドを聴かせる。そのサウンドに乗る百恵の歌唱は筆舌に尽くし難い。
 究極は、9月21日放送の音声機材のトラブルが起きた日だ。
 生番組におけるハプニングとはいえ、テレビの歌番組としては稚拙なミスが重なるクオリティが低い放送なのだが、歌う百恵にはその存在の凄さを見せつける映像となっている。イントロの演奏がオフとなり百恵のマイクもオフぎみ。しかし、どの日の歌唱にも増して凄みのある声でまったく動じない百恵は、サビにつづく「やってられないわ」のフレーズ後の「どちらを選ぶの」では目ぢからの強さが増し、そのふてぶてしい表情は、殺気あるパフォーマンスとなって見るものを圧倒している。

 しかしこの年のレコード大賞は、ものの見事にピンクレディに足元をすくわれてしまったな。

 とにかく「時代と寝た女」と云わしめた1979年の百恵は、確実に歌手として完成に近づいていた。
 それは、初めてで最後のリサイタルが証明している。

MOMOE.jpg

 リサイタル最終日の名古屋御園座では、しなやかな大人の女に変わった生々しい百恵を魅せてもらった。

 恋人宣言をした1979年10月20日から、1980年3月7日に三浦友和との婚約発表、そして10月15日の引退までの日々の記録はリアルなドキュメンタリー映像であり、『ロックンロール・ウィドウ』と『さよならの向う側』では、当時の超過密スケジュールがとんでもないものだった、いや、一人の歌手の引退までの凄まじさと充実度が手に取るように分る。

 最後の映画撮りとレコーディングで忙しい合間に、レコーディング・スタジオで歌って魅せた『ロックンロール・ウィドウ』は迫力抜群である。
 9月18日に初登場したラスト・ソング『さよならの向う側』は、ランキング上は10回あるのだが、スタジオ登場はたったの1度きりだった。その唯一スタジオでの歌唱は、6分10秒のフルコーラスで最後を飾っている。
 その姿、山口百恵はやっぱり菩薩であった。

スポンサーサイト

『ザ・ベストテン』山口百恵 完全保存版 DVD-BOX

 歌姫、降臨…………
 ついに発売された『ザ・ベストテン~山口百恵 完全保存版 DVD-BOX』



 ベルベット素材と金箔押しロゴの豪華ボックスに、辞書風装丁のデジパックにDVDが5枚。
 7時間以上の至福な時間が詰め込まれている。

IMG_2541.jpg

IMG_2544.jpg

 60ページのゴールド・ブックレットには、全12曲・122回のランキングチャートと、『ザ・ベストテン』ならではの豪華美術セットのスナップや番組エピソードを記載。
 
    ◇

 今年最後の大きな買い物は、大晦日過ぎまで存分に楽しめそう。(今年の紅白は見る気が失せている)
 今晩は、まず“特典映像(43分)”を見てみた。

 宇崎竜童と阿木燿子を鳥越俊太郎がインタビューするかたちで、当時の楽曲提供に至る話から、唯一無二な存在とする山口百恵という歌手の感性の話まで、これまで少しは見聞きしたエピソードも交え、両人の口から初めて聞く貴重な証言となっている。
 インタビューの合間には、『ザ・ベストテン』が開始される前に放送されていた『トップスターショー』から、「横須賀ストーリー」「夢先案内人」「イミテーション・ゴールド」「秋桜」の貴重映像が織り込まれている。

 チャートを見ていて気づいたのは、122回のランクインにして1位を獲得したのはたったの8回。少し意外か。
 そのなかで2回以上トップに立ったのは、女性ソロシンガーとしては初の1位となる「いい日旅立ち」と「謝肉祭」「ロックンロール・ウィドウ」の3曲だけである。
 百恵の上にいるのはピンクレディであり、ジュリーであり、秀樹に、ツイスト………。
 「ロックンロール・ウィドウ」と拮抗してたのが「ダンシングオールナイト」。
 百恵最後の曲「さよならの向こう側」に立ちふさがったのが松田聖子というのも、歌姫の一時代が終ったことを象徴している。

 30数年前の昭和の歌謡チャートから、いったい何が見えてくるのだろう。何を感じていくのだろう。

 

「透光の樹」*根岸吉太郎監督作品



監督:根岸吉太郎
脚本:田中陽造
原作:高樹のぶ子
撮影:川上皓市
音楽:日野皓正
出演:秋吉久美子、永島敏行、平田満、吉行和子、寺田農、田山涼成、戸田恵子、うじきつよし、村上淳、松岡俊介、唯野未歩子、高橋昌也

☆☆☆ 2004年/日本・シネカノン/121分

    ◇

 原作は、谷崎潤一郎賞を受賞した高樹のぶ子の同名小説。

 ドキュメンタリー番組の制作会社社長の今井 郷(永島敏行)は、25年ぶりに金沢の鶴来に立ち寄った。かつて取材をした高名な刀鍛冶・山崎火峯(高橋昌也)を訪ねるが、火峯は寝たきりとなり、離婚して出戻った娘の千桐(秋吉久美子)が看病をしていた。郷の脳裏には高校生だった千桐の姿が浮かぶ。娘と老人を抱え、借金に追われる毎日を送っている千桐にたいして、郷は援助を申し出る。
 「あなたの身体が欲しい」と云う郷に躊躇をしながらも、「わたしを買ってください」と申し出を受ける千桐。逢瀬を繰り返すごとに、ふたりの身体は求め合わずにはいられないものとなっていく。
 そんなある日、郷に末期となる大腸癌が見つかる…………。

    ◇

 秋吉久美子と永島敏行が濃厚なセックスシーンを繰り広げるR-18指定のこの作品は、萩原健一の降板劇もあり大いに騒がれたものだが、なんと言っても主演女優秋吉久美子に尽きる。

 萩原健一と共演した『夜汽車』('87)以来に見る秋吉久美子。
 その存在感は、70年代の藤田敏八の3部作『赤ちょうちん』『妹』『ヴァージン・ブルース』('74)からして大胆な脱ぎっぷりで他を圧倒していたし、この作品と同じ根岸吉太郎が監督した『ひとひらの雪』('85)での艶かしさは久美子31歳の時。
 しかしこの作品の久美子は50歳だ。
 とてもその年齢には見えない肌とプロポーションで、このあと何度も全裸と性愛のリアルな表情をさらけ出すのだが、その美しさとキュートな雰囲気は、あらためて同年齢の他の女優との格差を見せつけるものだ。

 主演男優云々など、どうでもいい。
 確かにショーケンだったらと想像をしてみると、デカダンな男の色香では永島敏行など到底足もとにも及ばないだろうが、あの時期のショーケンは声帯の問題もありやはり無理だったと思う。
 無骨な永島敏行も何だかなぁと想像はしたものの、神代辰巳の『噛む女』('88)や石井隆の『人が人を愛することのどうしようもなさ』('07)など見ていると、今は彼でもアリだなと思えてくる。強面ながら繊細さも合わせ持つ不思議な男優である。

 日野皓正のトランペットが流れる以外には自然音しか聞こえないくらい静かな進行と、心に残るいくつかの台詞が文学作品の格調を保っている。

 「この辺り寒いから、一気にくるんです。春が……。 だから、みんな狂っちゃう」

 平泉寺のカタクリの花を見せる千桐が、郷にお金を渡して初めて抱かれるシーン。何年もひとりでいた女の身体の初々しさを、秋吉久美子の表情は見事に応えている。

 最後の逢瀬をする民宿でのゆったりとした夕食シーンが、実はとても艶かしい。
 甘エビを食する永島敏行の台詞と、久美子が発する「すけべ………」という一言。その久美子の表情はとても妖艶だ。

「この右の耳は、ぼくの耳で、右の乳房は、ぼくの右胸で、この右目で見ているものは、ぼくの目で見ている」

 鄙びた駅舎と二両電車の中での最後の別れは、中年男女の狂おしいまでの熱情が伝わってくるシーンだが、大げさな音楽で感情を高ぶらせるようなこともなく、淡々と進んでいくところが根岸監督の巧さ。

 「あなたの身体の半分は僕なんだ。勝手に殺したりしないでくれ。」

 情念だけで生きようとしている久美子に、永島敏行が投げかける言葉の冷静さが切ない。

 ただ、「老い」と「性」がテーマになっていることで、永島が逝ったあと15年後の久美子の恋慕の濃さを表すラストシーンは、今時の59歳にしては老け過ぎたメイクの久美子に興醒めする。

シネマの手帖、そして映画館の記憶



 この雑誌は、『暮しの手帖』の別冊で「DVDで楽しめる250本の名作ガイド[昭和篇]」と副題がついている。
 先に紹介した『オールタイム・ベスト 映画遺産200[日本映画篇]』とは趣がちがい、邦・洋画取り混ぜてのピックアップは懐かしい映画館の想い出までもを募らせるガイド本。
 「映画は映画館で見るべし」そんなこと基本なんだけど、最近はDVDで鑑賞することの方が多くなった。これは、DVD化されている作品のみの紹介だ。いつでも観られる、何度でも観られるいい作品が満遍なく掲載されている。
 ただし、DVD化されていない斉藤耕一監督の『約束』や神代辰巳監督の『青春の蹉跌』や西村潔監督の『白昼の襲撃』、アンジェイ・ワイダ監督の『灰とダイヤモンド』やアンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督の『悪魔のような女』のような、お勧めガイドには是非加えたい作品がまだまだあるので、早く手軽に見られるようにしてほしい。
 作品紹介には、その作品の記憶に残る名台詞が一言づつ載せられ、思い出への入り口になっている。

    ◇

 映画館の記憶……………
 映画は大きなスクリーンの大音響で見る醍醐味がある。映画館の帰り道に、いま見た映画の余韻に浸ることもできる。出かけた街の様子もどこかに記憶され、映画とともに思い出の一部になる。
 だから、映画館っていい。
 しかし今、記憶にある映画館ってのは昭和の時代のものでしかない。
 
 かつてシネラマ映画館というのがあった。“スーパー・シネラマ方式”で上映される映画館は、テアトル東京と大阪OS劇場、そして名古屋の中日シネラマ劇場の3ヶ所しか存在せず、中日シネラマ劇場は世界一のワイドスクリーンを誇っていた。
 子供の頃、毎年正月には家族で映画館に行く我が家の習慣で、『アラビアのロレンス』も『サウンド・オブ・ミュージック』も『マッケンナの黄金』もここで観た。
 子供の目からすると、いまのシネコンのような楽しさがあったのかもしれないが、この大きな劇場の使命も90年代にして終ってしまった。

 正月以外は、ほとんど映画館へはひとりで行くものだった。
 高校生のころ、学校をサボッて名画座で観たアニエス・ヴァルダ監督の『幸福』。その映画館で初めて男色痴漢にあった記憶。
 東京では渋谷の某館の2階が、薔薇族たちのたまり場と言われていた。出没するのが分っていても、あそこの劇場の2階の一番前はスクリーンが見やすかったな。
 一番たくさん映画を観ていた青春期に、憶えている映画館の匂いは煙草の匂い。
 名古屋東映の2階にあった東映パラスでは、松田優作の『遊戯シリーズ』や『ヨコハマBJブルース』がよく似合っていた。いつまでも修繕されない壊れた椅子の後ろが毎回の指定席だ。
 日活ロマン・ポルノの館内はいつもすえた香り、椅子が狭くて前の客の頭がジャマで、席をいろいろ変えてうろうろしたり。悪条件ばかりだから思い出は残っている。
 
 この本の巻頭カラーには、昭和からつづく映画館が紹介されている。愛知県西尾市にある西尾劇場。映画のセットではないかと見間違うような佇まい。御年63年の映画館である。遠くはないから、一度行ってみよう。
 東映系列で館内にはスターたちのポスターがいっぱい。菅原文太がいる。高倉健がいる。梅宮辰夫がいる。千葉真一がいる。女優なら佐久間良子、賀川雪絵らしい写真も見える。あの頃、どこの小さな町にもあった系列劇場は、一歩入れば各社銀幕スターたちの砦だった。

 シネコン・スタイルになって、映画館が綺麗になり気持ちよく映画鑑賞ができるし、満員で立ち見なんてこともないし、途中で入場してくる人もなく、ストレスがないってのは良いことに決まっているはずなのに、快適な環境になればなったで今度は映画館の記憶が残らない。

 シネコンって、なんであんなにポップコーンを食べる客が多いのだ。ぼくは嫌いだ。
 そしていまの映画館では、好きな映画を繰り返し観ることができなくなった。あの頃は一日中映画館の中に居られたのに。
 ……何度も何度も繰り返し同じ映画を見た記憶………

シネマの手帖[昭和篇]
   発行:暮しの手帖社 
   定価:1,400円(税込)

映画遺産200[日本映画篇]



 キネマ旬報創刊90周年ということで、映画人・文化人・読者が選ぶ“心に残る珠玉の10本”『オールタイム・ベスト 映画遺産200[日本映画篇]』が出版されている。([外国映画篇]は近日刊行)

 1位から10位までのラインナップは以下のとおり。

    ◇

第01位 東京物語
第02位 七人の侍
第03位 浮雲
第04位 幕末太陽傳
第05位 仁義なき戦い
第06位 二十四の瞳
第07位 羅生門
第07位 丹下左膳餘話 百萬兩の壷
第07位 太陽を盗んだ男
第07位 家族ゲーム
第10位 野良犬
第10位 台風クラブ

    ◇

 昨年の12月1日は、ここで「 TEA FOR ONE 邦画オールタイムベストテン」を選出していた。
 よくある企画。
 キネ旬では過去30年の間にこれで5度目となり、半分はやはり不動の名作に占められているが(順位は若干変動している)、10年単位で顔ぶれの違う作品、それも70年代以降の作品が多く入るようになった。団塊世代以下の映画人が多くなれば当然だろうか。
 その象徴が『太陽を盗んだ男』と『仁義なき戦い』であり、作家性の強い森田芳光監督と相米慎二監督の作品も、日本映画史上に燦然と輝いていることは間違いない。

 映画人・文化人らが選出した10本の作品は同率1位として計算され2人以上に選ばれた200本が作品紹介。そしてジャンル別に選んだベスト・テン(「漫画原作ベスト10」「フィルムノワールベスト10」「ロマンポルノベスト10」「映画ポスターベスト10」等々)は面白くて好きな企画だ。
 その中から、お気に入りの石井隆と萩原健一の作品を探してみると、思わぬ作品が入っていたり、逆に、何で選ばれていないのだろうと不思議。

 石井作品『人が人を愛することのどうしようもなさ』と根岸作品『透光の樹』を並べた秋本鉄次は“らしい”選出で好感。
 他の石井隆作品は『天使のはらわた 赤い教室』『天使のはらわた 赤い淫画』『天使のはらわた・赤い眩暈』『ラブホテル』が選出されている反面、読者選出のオールタイム・ベスト200には『GONIN』97位と『ヌードの夜』118位の2作品のみであり好対照。読者選出には、石井作品に限らずロマンポルノはまだまだランクインされない現状である。

 ショーケン主演の映画では、映画人選出には『青春の蹉跌』に7人。『股旅』に4人。あとは『アフリカの光』『恋文』『約束』が1人づつ。
 行定勲監督が『恋文』を選び、塚本晋也監督が『青春の蹉跌』と『股旅』の2本を選べば、廣木隆一監督も『股旅』と『アフリカの光』。
 犬童一心監督は『約束』を次々点扱いで票には加算されなかったが、これが読者の選んだ200本となると『約束』が89位で一番支持されており、以下『青春の蹉跌』151位、『股旅』160位となる。切なく、ショーケンが彷徨えば心に残る。

 当たり前ではあるが、“心に残る映画”とは人それぞれのもの。


オールタイム・ベスト 映画遺産200[日本映画篇]
   発行:キネマ旬報社 
   定価:1,800円(税別)