TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「夜の終る時」

原作:結城昌治
脚本:鎌田敏夫
監督:真船 禎
出演:岸谷五朗、余貴美子、鳥羽潤、京本政樹、寺田農、西岡徳馬、甲本雅裕、ウド鈴木

放送:2007年12月10日/TBS「月曜ゴールデン」

    ◇

 富士見署の菅井(岸谷五朗)は叩き上げのベテラン刑事。強行班係の最前線でいくつもの事件と戦ってきた。その菅井刑事が恐喝事件で逮捕状が出ている元暴力団員の関口(樽沢勇紀)を取り逃した。誰かが関口に警察の動きを教えていたのかも知れない。富士見署では大沢課長(西岡徳馬)や腰木刑事(寺田農)、瀬尾刑事(京本政樹)らの疑いの目が徳持刑事(根本博成)に向けられた。関口と徳持は高校の同級生だった。正義感の強い徳持は自らの潔白を証明しようと聞き込みに走った。
 その徳持が全裸死体で発見された。現場はビジネスホテルの一室。それは関口がチェックインした部屋だった。
 やはり徳持を殺したのは関口か?…
 妻子を亡くしている菅井は、恋人の千枝(余貴美子)に向かってそうつぶやいた。千枝は過去に菅井が逮捕した強盗犯・宮坂(平井賢治)の妻で、その宮坂を悪の道に引きずりこんだのも関口だった。
 菅井たちは全員で関口を追い、ついに身柄を拘束したがなかなか口を割らない。そんな時、関口の弟分・千葉(ウド鈴木)が富士見署に差し入れを持って現れた。
 しかし、その菓子を食べた途端関口は苦しみ出し、悶死する。数日後、千葉も死体で発見される……。《TBS公式サイトより引用》

    ◇

 和製ハードボイルド小説の先駆者である結城昌治の初期の代表作がドラマ化され、12月10日に放映された。2005年に撮影され、お蔵入りになっていた2時間ドラマだった。

 1963年に日本推理作家協会賞を受賞したこの小説は、ハードボイルドと云うより推理小説の傑作にあたる。
 高校生の頃、エド・マクベインやミッキー・スピレインなどの海外ハードボイルド小説が並ぶ父の書棚の中から、国内の作家として結城昌治を見つけた。そして、直木賞受賞の『軍旗はためく下に』や『あるフィルムの背景』『虫たちの墓』『殺意の軌跡』ら中から、一番タイトルに惹かれたのが『夜の終る時』だった。
 今回、ドラマ化を聞いたあとに再度読み直したのだが、いま読んでも実に面白い。人間が生きている。
 小説は二部構成になっていて、本格推理として書かれた第一部のあと、第二部では倒叙形式で犯人の独白でストーリーがカットバックしながら進行。大機構の警察内部の腐敗を描きながら、中年男の哀しさが見事に描かれている傑作です。

 今回の映像化は、かなり忠実に小説の世界がなぞられていた。悪い奴らがのうのうと生きる社会の矛盾に突き当たりながら、何も報われない刑事という職業の虚しさと、正義ゆえに陥る落とし穴に嵌まり、もがき苦しむ刑事の姿。
 そしてドラマは、堕ちていく男と女に主眼を置き、濃厚な人間ドラマとなった。
 
 自分が逮捕し刑務所に送った犯人の妻と情交を重ねる菅井警部(岸谷五朗)。
 キャリア組を軽蔑し常に自分の足で現場を踏み、地取り捜査に執念を燃やしながら、幾つもの表彰を受けてきたベテラン刑事が陥ったのは、孤独という暗闇だ。
 同じように、地道に働いていた夫が強盗犯に姿を変えたことで、悲しみに打ちひしがれた女、千枝(余貴美子)が彷徨ったのも孤独。
 メロドラマ的な陳腐なきっかけとはいえ、男と女が惹かれあい、互いを求め合い癒しあえば、社会の道徳など見えなくなる。

 後半、小説の第二部にあたる箇所では、哀れな男・岸谷五朗と、寂しさだけで生きてきた女・余貴美子の、存分に堕ちていく姿から目を離せなくなった。

 小説の千枝は二十代の女。第二部の菅井の独白は、離れることができない若い女への疑問と不信の念から、中年男の痴情が綴られる。待ち合わせに来ない女への未練。そして裏切られる菅井。声に出ない叫び声で終っている。
 
 ドラマの方は、男女の痴情がより鮮明に描かれていた。小説での若い躰に溺れた中年男といった図式を、それ以上に哀感憂うような世界に変えた脚本の妙と、それに応えた余貴美子と岸谷五朗の情感ある演技に何度も感動。

 闇という夜の終るとき、大都会の真ん中で、虚しく響く女の絶叫と、男の怒号。
 鳥肌が立つほどの悲哀だ。

 エンドタイトルロールの途中、一瞬見せる岸谷五朗の表情が忘れ難い。

スポンサーサイト

Zeppelin、一夜限りの再結成

 アトランティック・レコードの創設者アーメット・アーティガンの功績を讃えるためのトリビュート・コンサートが、12月10日に催されました。
 目玉は何といってもレッド・ツェッペリンの再結成ライヴ。当初は11月26日に予定されていたのだが、ジミー・ペイジが指の骨折をしたことでこの日の開催。毎度お騒がせのゼップですが、ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズとともに、故ジョン・ボーナムの息子ジェイソン・ボーナムの四人の鉛船は無事浮上したようです。

    ◇

LIVE at LONDON's O2 ARENA
December 10, 2007


01.Good Times Bad Times
02.Ramble On
03.Black Dog
04.In My Time Of Dying
05.For Your Life
06.Trampled Under Foot
07.Nobody's Fault But Mine
08.No Quarter
09.Since I've Been Loving You
10.Dazed And Confused
11.Stairway To Heaven
12.The Song Remains The Same
13.Misty Mountain Hop
14.Kashmir
15.Whole Lotta Love
~encore
16.Rock And Roll


    ◇

 セットリストをご覧のように、アトランティックでのデビューアルバムのA面1曲目で始まる衝撃。
 69年、初めてゼップの音に触れた瞬間を思い出すほどの、興奮の幕開けではないですか。

 と、ここまでは気持ち的に喜んでいますが、やっぱり、いまさらの再結成となると「キーを落としたプラントの歌」「指が動かない」「ボーナムがいなけりゃゼップにあらず」etc……と、いろんな声が聞かれます。ぜ~んぶその通りよ。

 それでもさ、何か胸ときめくものがあるんだなぁ。
 いいのダいいのダ、あんなに美しかった容貌がどんなに変わってしまっても。それでも見たかった………。

 テレビ中継やネット生中継がなかったですが、youtubeで何曲かが公開されている模様。白髪のジミーには驚いた。
 ブートもいっぱい出るのだろうな………。
 でも、やっぱり、買わないよな………たぶん(笑)。

「虜~TORIKO」 甲斐バンド



 甲斐バンドのオリジナル・アルバム17タイトルが、紙ジャケット・シリーズで発売になった。各アルバムには1~2曲の未発表曲がボーナストラックとして収められ、オリジナル・ジャケットの再現も興味あるところ。

 この『虜~TORIKO』は、80年代を代表するレコーディング・エンジニアのボブ・クリアマウンテンを迎えた“NY3部作”(『黄金/GOLD』『LOVE -0〈ラヴ・マイナス・ゼロ〉』とつづく)の最初の作品で、名曲揃いで大好きなアルバムだ。
 今も車のなかのHDには、このアルバムの「ブライトン・ロック」を1曲目にして、「ダイナマイトが150屯」「ジャンキーズ・ロックンロール」など前作の『破れたハートを売り物に』の曲を混ぜながら、「BLUE LETTER」「虜」の流れでしょっちゅう聴いている。

 さて、復刻にあたり甲斐よしひろが明かした『虜~TORIKO』の裏話には驚いた。
 クリーム色の表紙にくすんだ藍色で書きなぐられた「TORIKO」のタイトルと、薄らと白抜きされた女体のシルエットのジャケット。同封された3枚のカラー・フィルムを重ね合わせると、表紙のシルエットのピンナップを見ることができるようになっていた。
 その、両手をロープで釣り上げられ片足を縛られたソバージュ髪の女性が、若き日の余貴美子さんだったと明かされたのだ。
 びっくり!だなぁ~もう!
 ストーンズの76年のポスターに似たその写真、よ~く見てみると確かに余さん。しかし、云われなきゃ気づかないよっ。

 1982 年の余さんと云えば自由劇場時代で、「上海バンスキング」や「もっと泣いてよ、フラッパー」のフラポー役を演じていたころ。
 二十代の彼女の姿を、ここで発見するとは思わなかったなぁ。
 ますますこのアルバムの虜ではないか!



歌謡曲外伝【美脚編】

  前回の歌謡曲外伝【東映スケバン編】の大信田礼子ピンナップのつづきは、美しい御御足を揃えてみた。

    ◇



安倍律子◆ 愛のきずな/誰れかの恋人 1970年

 書籍『歌謡曲番外地』において“濡れた声”の持ち主と絶妙なる賛辞を得た安倍律子のデビューシングルは、ジャケット写真が2種類あるのだが、当然初回盤に限る。
 ドキドキするようなアングルも決まり、レコードに針を落とせばさらに鼓動が早くなる。ジャケ写を見ながら妄想するのがこのレコードの正しい聴き方である。
 ジャケットの裏面は、モノクロながら水着姿でポーズする姿が艶かしい。グラビアでは当たり前のようなポーズを歌謡曲の新人デビュー曲のジャケ裏に載せるのも、黛ジュンのようなバタ臭い顔ではなく純日本的な顔だちの安倍律子だからこそ、余計に感じるフェロモン度の高さだ。 
 翌年にリリースした1stアルバムでは、ちあきなおみ、奥村チヨ、いしだあゆみらのカバー曲でキメている。

    ◇



荒井千津子◆ ふうてんブルース/バカな涙と云わないで 1967年

 男物のシャツ一枚羽織り、彫りの深いマスクで睨まれては男は太刀打ちできまい。
 荒井千津子は松竹の女優で、松山容子の「めくらのお市」では女壷振り師、「いれずみ無惨」では背中に獅子の彫り物をした高級コールガールに扮していたし、カルトGS映画「進め!ジャガーズ/敵前上陸」では女殺し屋パンチガールズ(レッド)だったな。
 さすらい歌謡の「ふうてんブルース」は、緑川アコのアルバムに収録されているものとは同名異曲。
 B面の「バカな涙と云わないで」は、ビッグバンドのダイナミックさがさながら日活映画の主題歌のような雰囲気をもつ佳曲。

    ◇



平山三紀◆ マンダリンパレス/ピロートーク 1979年

 平山三紀の数多いシングルジャケットのなかで、彼女の綺麗な脚線美を拝見できるのがこれ。
 1970年にデビューした平山三紀の70年代最後の曲であり、このワーナー時代からこれまでに4度アレンジを変えて吹き込み直されている代表曲のひとつだ。
 どんな別れの歌でも、ジメジメしないでイイ女でいつづけるのが三紀ワールド。
 強烈なアップテンポのロックンロール歌謡だが、シングルレコードの回転数を遅くして聴いてみるのも面白い。彼女の独特な声質と歌唱が、また違った不思議な世界を創りだすのだ。一聴あれ。

名美のいる景色★「人が人を愛することのどうしようもなさ」



 映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」は“名美再生”にふさわしい場所であるように、過去の石井劇画がいくつものモチーフとして使われていた。
 古くからのファンには、カット割りひとつからそれがどの劇画なのかが連想でき、故に、名美とともに迷宮を彷徨う快感を感じていた。

 今回のDVD化には、本編でカットされたシーンや石井監督のコメンタリーが特典として付いており、それにより、一層顕著に劇画と映画の二重写し的作法を見ることができる。
 覚え書きのつもりで類似点などを記しておく。

    ◇    ◇ 
 
 まず映画は、クライマックスとして劇画【愛の行方】('80)と【主婦の一日】('92「カンタレッラの匣」所載)がある。

 冒頭に出てくる劇中劇『ブラックバード』は、映画ファンにもお馴染みの「夜がまた来る」を下敷きに“黒の天使”を登場させているのだが、興味深いのは特典映像の『“ブラックバード”の真相』の中に収録された多くのカットされたシーンだ。
 名美(『ブラックバード』内では名もなき女殺し屋)が階段上から追っ手を蹴り落とす様には、劇画“黒の天使シリーズ”の基になった“パイソン357シリーズ”のあるひとコマが頭に蘇る。
 銃を構える恰好が決まるカットはよく見かけるのだが、大きく脚を蹴り上げるシーンは“パイソン357シリーズ”の【ヒットガール】('80「少女名美」所載)と【横須賀ロック】('76)だろうか。映画の方はまるで劇画のようにストップモーション気味に決まるカットになっており、マネージャー岡野役の津田寛治が、カメラの横で素で微笑んでいるのが印象的。
 その岡野に関しては、『ブラックバード』のフルヴァージョンとして岡野の登場シーンが追加されたことで、名美に対する岡野の純粋さがより際立っている。
 惜しいカットだったと思う。
 岡野という存在は、レヴューでも書いたが【象牙色のアイツ】('83「象牙の悪魔」所載)に登場する丈太郎だ。
 ひとを愛することが叶わない儚い存在として、岡野がいた。
 岡野の妻から発せられた「人が人を愛することのどうしようもなさ」は、ここに登場するすべての男女が一方通行の愛に翻弄されていたことを示す。

 劇中劇『ブラックバード』内で喜多嶋舞が電気ショックの拷問をされるシーンが映画の予告編など宣伝媒体に利用されているが、この電気ショックシーンが映画で使用されるのは初めて。『花と蛇』の2作でSM緊縛の称号が刻印されていても、劇画でもあまり印象にない。この『ブラックバード』の設定と同じものは【赤い弾痕】('86「夜よふるえて」所載)だろうか。

 倒れる名美に人影が近づき名美が「だれ?」と問いかけるタイトルバックは、石井監督の意向では“もうひとりの名美”ということになる。これは【聖夜の漂流】('76「イルミネーション」所載)のラストカットに似ている。

 名美が娼婦となり行きずりの男を誘う場所が廃病院。台本上のラブホテルから変更されたのだが、これこそ石井隆らしい設定だ。石井隆ファンの友人とのメールで交わした事柄なのだが、この廃病院の屋上に洗濯物が翻っていることの“不自然さ”も、石井作品のキーポイント。友人が指摘した言葉どおりに、ポーランド映画「灰とダイヤモンド」('57 アンジェ・ワイダ)が石井監督の記憶の隅にあった事がコメンタリーで明かされていた。
 劇画では、名作【雨のエトランゼ】('79)の“反故原稿”の中に大きく描かれている。

 今回久々の名美のいる風景で、注目だったのが名美の眼鏡をかけた姿であった。
 劇画内で土屋名美が眼鏡をかけた姿(サングラスは除く)は、【夜をください】('80「月物語」所載)と【悪戯の小窓】('85「甘い夜」)に見られる。(【夜にアイ・ラブ・ユー】('79)のワンカットはその範疇に入らない。)
 【悪戯の小窓】は自称探偵に扮した19歳の土屋名美が、大人の女の虚実に巻き込まれる話。
 【夜をください】はひとりぼっちの名美が“エロイムエッサイム”の呪文を唱えることで写真本の中に入り込み、主役として見られる快感を得ながら本当の自分ともうひとりの自分を行き来する話だった。妄想の中を彷徨う名美ということでは同じで、最後には向こう側(写真の中)に行ったきりになる顛末からは、「人が人を愛することのどうしようもなさ」での結末を夢想の中に放り投げたと想像するファンがいても不思議ではないだろう。(そんな読者・観客は希有な存在なのは承知………笑)

 眼鏡をかけた名美が最初に登場するシーンは、深夜のベッドの上で一時の安らぎを求める名美に対し、冷たい態度を示す夫を誘うシーンだった。女優の私生活が眼鏡をかけることでリアルに表現されていた。劇画では【裸景の漂流】('84「ラストワルツ」所載)に同じものがあった。
 この眼鏡のアイデアが、現場の喜多嶋舞の楽屋で思いついたとコメンタリーで石井監督が口にするのだが、腑に落ちないのは、クライマックスに近づくにしたがっての妄想と現実の名美を観客に判り易くするための眼鏡着用だと云うわりには、もし楽屋でそのアイデアが出なかったら、後半の名美と鏡子の入れ替わりをどのような形にしたのか興味が湧く。

 そしてラストシーンは【ジオラマ】('92「カンタレッラの匣」所載)だ。
 彷徨った末の名美が辿り着いた先………そこに、狂気の名美が存在する趣向だ。

 今回、コメンタリーで石井監督は観客への判り易さを強調している。
 確かにオープニングの電気ショックシーンからしてネタばらしが隠されてはいるのだが、通り一遍の妄想劇だけでは、やはり石井隆の本質ではないような気がする。
 それは、村木を登場させないこととも共通しているのかもしれないが、何か、石井監督の中では二重の構造を持つ作品として「人が人を愛することのどうしようもなさ」は成り立っているのではないだろうか。
 石井隆のなかでは、“名美”そのものの亡き妻への想いが試練としてのしかかっていた時期があり、その想いが、何かのかたちで残されていこうとしているのではないか。

 
☆reviewはこちら☆
「人が人を愛することのどうしようもなさ」

★彷徨う名美ふたたび★