TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

歌謡曲番外地



 1960年代後半から1979年までの約10年間が、歌謡曲が娯楽音楽として最も充実した黄金期だったと思う。
 日本語ロックの確立、ニューミュージックの台頭、ポップ・アイドルたちの認知など、そのジャンルは無数の枝を伸ばしながら、入り乱れ、絡み合い、巨大な音楽市場を創り出した10年間だ。
 テレビでは、演歌とロックとアイドルを同じ画面で見ることができたのだ。

 しかし当然のことながら、テレビで綺羅星の如く無数に輝いたヒット曲歌手たちとは別に、魅力的な歌い手なのに知られることのない作品たち、いや、そんなところに収まりきれなかったと云った方がいいのだろう。光の影の部分で輝いていた魅力的なミューズたちもいっぱい居た。

 そんな個性豊かな歌手と作品をディープに紹介している本が、「Hotwax presents 歌謡曲名曲名盤ガイド」シリーズのひとつ『歌謡曲番外地~Queen of Japanese Pops』だ。

 表紙に『vol.1』と謳われているように、これは全9章3部作の書籍になるようで、今回のテーマは『バッド・ガール』『セクシー・フェロモン』『やさぐれ』。
 
 1960年代後半から1979年までの10年間と云えば、その間、大衆の間を漂流した藤圭子がいた。「さすらい」「やさぐれ」「宿命」「嘆き」「怨み」と、彼女に常についてまわったこのキーワードが、今回のテーマに嵌まってるわけだ。

 小山ルミ、杉本エマ、大信田礼子、フラワー・メグ、ザ・シュークリーム、渥美マリ、池玲子、渚まゆみ、辺見マリ、エルザ、安西マリア、ガールズ、沢知美、杉本美樹、賀川雪絵、荒井千津子……………
 モデルから女優まで、名前を見ただけでも涎が出そうな“異端”となる歌手たちが網羅されているし、名前さえ初めて聞くような個性派のミューズたちもいっぱい紹介されている。

 昔から天の邪鬼な性格のため、ヒット歌手のレコードより、これら個性的な歌手のレコードの方を買っていたわけで、とりわけ個人的には、サンとロペとか、津々井まり潤ますみいとのりかずこらは、嬉しいピックアップだ。
 実は今回、「サンとロペ」の詳しいデータを知る事ができると期待したのだが、編集部でも不明だったようで、ますます、謎多きデュエットとなった。

 本のはじめに「これはジャケット写真と文字で『歌謡曲』を楽しむ本である。」と書かれているように、実にいろいろと楽しめる。
 例えば、歌謡ソウル・グループベルベッツのジャケ写が、ポインター・シスターズの1stアルバムのもろパクリだったとかね。

 昭和歌謡、70年代歌謡曲に興味のあるひとは、必須のガイド本だ。間違いない。

 スペシャルCDは杉本エマの『好き/ おやすみ電話』。

 
 シングル・ジャケットの復刻が嬉しく、歌声、ジャケ写、メロディと総てが大傑作。
 ここまで、何度も、何度も聴いている。これだけでも、買いだよな。

 さて、この『歌謡曲番外地』は連動企画として5月26日(予定)にCDも発売さる。
 津々井まりのデビュー曲『人魚の恋』のB面『悪なあなた』をタイトルにして、他に小山ルミやエルザやシュークリームが収録されるようだが、今回も荒井千津子の『ふうてんブルース』や太田とも子の『恋はまっさかさま』『とおく群衆を離れて』の収録は無理なのかなぁ。
 ウルトラ・ヴァイヴさんには是非、これらのCD化を実現して欲しい。

◆歌謡曲番外地~Queen of Japanese Pops
 発行元:ウルトラ・ヴァイヴ 
 発売元:(株)シンコーミュージック
 定価:2,100円(税込)

スポンサーサイト

カルトGSコレクション日活編2



 Hotwax @traxの『カルトGSコレクション日活編2 ~東京ア・ゴーゴー!Mid 60's in Japan 』です。

 本来、あまりGSやエレキ歌謡を聞くことが少ないのに、こう言ったコンピレーションもの、特に映画用トラックの別テイクとなれば食指が伸びてしまうのがここ数年の傾向です。

収録曲
01. 青春ア・ゴーゴー!のテーマ 
 「青春ア・ゴー・ゴー」(1966)より
02. 青春ア・ゴーゴー!/ジュディ・オング+ヤング&フレッシュ 
 「青春ア・ゴー・ゴー」(1966)より
03. 二人の銀座/山内賢・和泉雅子 
 「二人の銀座」(1967)より
04. 東京ナイト/山内賢・和泉雅子 
 「東京ナイト」(1967)より
05. セイ・ママ/ジュディ・オング 
 「青春ア・ゴー・ゴー」(1966)より
06. リトル・ロビー/ジュディ・オング 
 「青春ア・ゴー・ゴー」(1966)より
07. 北国の青い空/奥村チヨ 
 「紅の流れ星」(1967)より
08. 涙くんさよなら/ヤング&フレッシュ 
 「涙くんさよなら」(1966)より
09. 踊りたいわ/和泉雅子 
 「二人の銀座」(1967)より
10. 甘えてみたい/バニーガールズ 
 「二人の銀座」(1967)より
11. 夜といっしょに/志摩ちなみ 
 「夕陽が泣いている」(1967)より
12. 夕陽が泣いている 
 「夕陽が泣いている」(1967)より
13. 恋の苦しみ/尾藤イサオ 
 「二人の銀座」(1967)より
14. 銀のフルート/尾藤イサオ 
 「二人の銀座」(1967)より
15. バラが咲いた/ジョニー・ティロットソン 
 「涙くんさよなら」(1966)より
16. 涙くんさよなら/ジョニー・ティロットソン 
 「涙くんさよなら」(1966)より
17. 二人の銀座/ヤング&フレッシュ 
 「二人の銀座」(1967)より
18. 君をもとめて/ヴィレッジ・シンガーズ 
 「二人の銀座」(1967)より
19. 夕陽はるかに/トニーズ 
 「夕陽が泣いている」(1967)より
20. 初恋の人/ヤング&フレッシュ 
 「東京ナイト」(1967)より
21. 健のロック/山内賢 
 「東京ナイト」(1967)より
22. 東京ア・ゴーゴー!/高木たかし 
 「青春ア・ゴー・ゴー」(1966)より

 今回のこのアルバムは、「カルトGSコレクション 日活編~麻生レミ/フラワーズ」の続編で、1962年に日活の若手俳優だった山内賢や和田浩治らで結成された“ヤング&フレッシュ”というバンドが主演した映画の音を集めたものなのだが、この辺りのことはあまり詳しくないのだなぁ。
 リアルタイムは中学生で、映画を観てレコードを買ったのは「二人の銀座」くらいかな。「二人の銀座」を観に行ったのも和泉雅子がお目当てで、当時、日活の女優さんはみんな可憐なお姉さんでしたからね。
 この中でも『踊りたいわ』を歌う和泉雅子が何とも可愛いです。

 7曲目の奥村チヨの『北国の青い空』が、映画用オリジナルテープだけあってアップテンポの珍しいヴァージョンで収録されています。CD化として貴重かも。

 12曲目のインスト『夕陽が泣いている』は、ファズ・ギターとドラムの軽快な前奏から主題に流れていく恰好いいヴァージョンです。劇中では“ヤング&フレッシュ”が演奏しているらしいが、かなりの実力。“ヤング&フレッシュ”は『二人の銀座』の単独演奏も素晴らしい。
 そのヴォーカルの山内賢が熱唱する『健のロック』や、尾藤イサオの歌も恰好いいR&Bナンバーに仕上がっています。

必須のHotwax presents

 今月は久々に、Hotwax 必須モノが出ます。

 まず書籍は、歌謡曲名曲名盤ガイドとして『歌謡曲番外地~Queen of Japanese Pops』が、来週28日に刊行されます。
 やさぐれ、セクシーものとして、70年代の裏バンを張ってきたクィーンたちが勢揃いです。ビジュアルとして楽しみたい一冊ですゾ。
 ultra-vybeの公式HPには、荒井千津子と津々井まりが載っており嬉しくなっちゃいます。荒井千津子の歌はCD化されませんねぇ。本の方には大橋恵子や清ルミも載っているかな?
 そしてビックリしたのが、そのHPのタイトルバックに“サンとロペ”の『夜泣き女』のジャケが写っていることです。これを知っているひとは、ほとんど居ないと思いますヨ。
 この本に関しては、購入後にあらためて書きましょう。

 そしてもうひとつは音盤で、“カルトGSコレクション”の第2弾『日活編2』です。

 今月はあと、元ウエスト・ロード・ブルース・バンドの永井“ホトケ”隆の新バンド「The BLUES POWER」のデビューアルバムが発売されるので、《70's アウトロー・セレクション》として『反逆のメロディー』『流血の抗争』『不良少女 魔子』の3本のDVDをいまだ購入できてましぇ~ん(涙)。 

サントラ盤「赤い鳥逃げた?」初CD化



 藤田敏八監督の映画『赤い鳥逃げた?』のサウンドトラック盤が、遂にCD化されました。

 これは凄いゾっ!
 よくぞCD化してくれた。ずっと、ずっと、待っていた代物です。
 それも、なんと 1300円という低価格! 

 オリジナルLPはン万円の値が付いています。今までに3度お目にかかったことがありますが、ひとつはカセットテープという、これまた超レア物でしたから、ひとつとして手が出ませんでした。

 今回のCDも完全限定ですから、買い逃しのないようにご注意申し上げます。

 藤田監督が東宝で初めて撮ったこの映画は、アメリカン・ニューシネマの影響をモロに受けており、1973年という時代の閉塞感と挫折感を見事に表している傑作でした。
 作品レヴューもいつか致しましょう。

収録曲
01. メイン・タイトル
02. マコのテーマ
03. 旅の最中に
04. 猟銃
05. ビルディング
06. 猫
07. 赤い鳥逃げた?(唄:安田南)
08. 山の手
09. 愛情砂漠(唄:原田芳雄 w/桃井かおり、大門正明)
10. 宏のテーマ
11. オレンヂ・ブリッヂ
12. 封筒を開けたら
13. 赤い鳥逃げた?(インストルメンタル)


 サントラ盤は、ピコこと樋口康雄の劇伴としての水準の高さはもとより、原田芳雄と安田南が歌う2つの主題歌が魅力的なのです。

 桃井かおり演じるマコのマンションで、原田芳雄がポロンポロンとギターをつま弾きながら、呟くように歌った『愛情砂漠』は、この映画を観た者の頭の中にいつまでも響きつづけたはずです。

 サントラ盤とは別に安田南も別のところで『愛情砂漠』を歌っており、こちらは去年『やけっぱちロック~やさぐれ歌謡★最前線』でCD化済みです。
 
 安田南は、『気まぐれ飛行船』というFMの深夜放送で片岡義男と一緒にパーソナリティをしていました。ジャズシンガーとしてカルトな人でもあるのです。彼女が歌う主題歌『赤い鳥逃げた?』はフォークタッチの軽やかな楽曲で、桃井かおりと大門正明の野っ原でのセックスシーンのバックに流れたと記憶します。

春爛漫

自宅目の前の公園です

遠くまで出かけることなく、存分に楽しめます。

width="300"

width="300"

width="300"

width="300"

good bye 成毛滋

 ミュージシャンの成毛滋さんが、去る3月29日に亡くなった。
 享年60。先日の鈴木ヒロミツさんと同い年だった。

    ☆

 ギター好きの友人から、驚異のテクニックを持った日本人ロック・ギタリストが居ると聞いたのが1970年頃で、それが、1967~69年の間にGSバンド“ザ・フィンガーズ”でギターを弾いていた成毛滋。
 “ザ・フィンガーズ”解散後に渡米し、帰国してスタジオ・ミュージシャンとして頭角を表してきた頃で、ぼくらが認識した初めての日本人のロック・ギタリストと言っていいだろう。

 1970年12月21日、ジョン・メイオールを招いて東京有楽町の日劇で催された記念すべきROCK CARNIVAL第1弾で、前座バンドの一つとして成毛滋グループの演奏を生で聴いた。

 翌71年、角田ヒロ(現つのだ☆ひろ)と共に“ストロベリー・パス”名義のアルバムを発表し、そして、高中正義をベ-ス奏者として正式加入させ“フライド・エッグ”が結成された。高中正義は当時17歳。

 成毛滋はギタリストであると同時に、高度な技術を持ったキーボディストでもあって、ストロベリー・パス”名義のアルバム『大烏が地球にやってきた日』や、“フライド・エッグ”のデビューアルバム『ドクター・シーゲルのフイライド・エッグ・マシーン』では、プログレッシブなイメージの曲が多かったと記憶する。

    ☆



 ぼくが唯一持っているアルバムは、この『グッドバイ・フライド・エッグ』。
 A面が日比谷野外音楽堂での「フェアウェル・コンサート」の模様で、B面がスタジオ録音。解散後にリリースされたもので、クリームの『グッドバイ・クリーム』をかなり意識した作りだ。

 A面のライヴでは10分を超える演奏を含め、3人の高度な演奏技術とアンサンブルが楽しめ、B面では、柳ジョージをヴォーカルに迎えた曲での成毛滋の早弾きを聴くことが出来る。
 そして、ラスト曲「521秒間の分裂症的シンフォニー」でのハモンド・オルガンとギター・ソロを存分にちりばめた、プログレッシブで壮大な交響曲には感動さえ覚えるのである。
 70年代初頭に、日本人でこれだけの演奏を繰り広げた成毛滋さんを、あらためて賞賛したいと思う。

 thank you NARUMO   good bye NARUMO

 ご冥福をお祈りします。

「闇に抱かれて」*武田一成監督作品



監督:武田一成
脚本:たかい・すみひこ(高田純&荒井晴彦)
出演:風祭ゆき、夏麗子、鶴岡修、北見敏之

☆☆☆★ 1982年/にっかつ/68分

    ◇

 ゲームセンターでひとりはしゃいでいた女が、買物袋を抱えながら交差点に立っている。隣に立つアベックを横目に、女は、青信号でも渡ろうとしない。何度も歩行者用ボタンを押しながら、その場に佇む女。
 スレンダーな体躯と憂いある美しさの風祭ゆきが、都会に暮らす女の孤独な心象を滲ませながら、映画は始まる。

 女の名前は美枝子(風祭ゆき)。住んでいるアパートに帰っても、部屋には上がろうとはせず、隣接した空地で三角野球をしている小学生に混じって時間を潰している。
 アパ-トの部屋には、同居生活をしている幼馴染みの親友で、同じ出版社に勤めている綾子(夏麗子)が、妻子あるルポライターの本間(鶴岡修)と躰を重ねている。恋人もいない美枝子は、本間が来る日は散歩に出ることにしているのだ。

 ある日、会社に本間の妻が現れ、本間の子供を堕ろしてきたことを告げる。急激に心が醒めてしまった綾子は、その晩、バーで自殺志願の男(北見敏之)と知り合い、三宅島へ自殺をしに行くことを決意する。綾子を追って美枝子と本間も三宅島へ向かう。

 さて、ここからこの映画は、ミケランジェロ・アントニオーニ監督の名作『情事』('60)を踏襲するようなストーリー展開を見せる。

 シチリアのある島で突然姿を消した恋人アンナを探す青年サンドロと、女の親友クラウディア(モニカ・ヴィッティ)。発見できない不安な捜索の間に、いつしか二人の間に愛が芽生え、クラウディアは後ろめたさを感じながらも情事に耽り、次第にふたりの頭からアンナの存在が薄れていく。
 そしてある日、クラウディアは男が娼婦と過ごす姿を見て唖然とする。クラウディアには男の気持ちが判らない。涙を流してひとり泣く男。男の背中を抱くクラウディア。それが女の許しなのかどうか、判らない。

 人間の孤独、愛の不確かさと不安を描いた『情事』は、ある出来事をまったく簡素に観客に呈示するだけで、詳しい事柄は一切描かれない。「愛の不毛」「愛の不条理」と云った言葉が生まれたこの映画には解答のない非日常があるだけで、十代の頃観たぼくは見終わったあと訳も判らず、モニカ・ヴィッティの掠れた声と気怠く冷めた表情だけが印象に残った。

 この映画は、『情事』への解答かもしれない。
 激しく昇りつめた愛のあとにくるのは、往々にして白々しく空虚なもので、瞬時に欲望の対象を変化できる性も珍しいことではないし、恋愛の快楽に溺れていても、ほかが満たされない人生なんてこの世にはいっぱいある。女も、男も、孤独より空虚な官能を選んでも不思議ではない。

 『闇に抱かれて』のラストは、涙する男を許した美枝子が、再びふたりの前に現れた綾子に新たな三角関係を告げるところで終わる。

  

GONIN コンプリートボックス



 長い間、制作会社の倒産による版権問題が壁となりDVD化が叶わなかった石井隆監督の映画『GONIN』が、シリーズ第2弾の『GONIN 2』とともに、新たに制作された『GONIN リアルエディション(ディレクターズカット)』を含め、3枚組『GONIN コンプリートボックス』として発売されました。『GONIN』『GONIN 2』のバラ売りもあります。

 佐藤浩市と本木雅広がセクシュアルな妖しさを漂わせ、出てくるすべての男たちが甘美な色香を振りまく『GONIN』は、石井監督初のメジャー一般作として1995年に公開されたアクション大作で、血と暴力に溢れた石井ワールドは、クライム・ムービーとして世界レベルにも達した出来栄え。

 これまで『GONIN』を見るには、レンタル・ビデオかディレクターズカット版のレーザーディスクしかなかったわけで、当然ビデオは画像が悪く、雨と夜のシーンが魅力の石井作品を見るには不適切な代物。LDは確かにディレクターズカット版として劇場版より10分ほどの追加シーンが盛り込まれることで、暴力の度合いが強くなり見応えはあったのだが、如何せん制作サイドの都合でラストシーンをブッた切るといった問題あるヴァージョンだったのだ。

 男たちが最後にはみんな死んでしまう『GONIN』に対し、どんなに男たちに立ち塞がれても、しぶとく生き抜いていく女たちが登場するのが『GONIN 2』。 
 余貴美子の切れのいいアクションに魅了されながら、喜多嶋舞の輝く裸体に固唾を飲みながら、大竹しのぶの軽妙さに頬を緩めながら、夏川結衣の怯える眼差しに聖女を感じながら、百花繚乱の女たちの生と死の美学に酔いしれることができる。

 『GONIN リアルエディション(ディレクターズカット)』は、1996年のLD〈特別版〉の追加シーンと同じものに細かい修正が施されているのだが、何と云っても、ラストーシーンをオリジナルに戻してあるのが嬉しい。
 LD が映画とはまったく違う代物だと云われても、あんなハードな終わり方では、万代(佐藤浩市)と三屋(本木雅弘)の関係性の余韻を味わうことが出来ず、かなり不満ものだったのですからねぇ。