TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

名曲ベストヒット歌謡【昭和40~49年】

 ご贔屓筋の『帝都熱烈音盤解放戦線』にならって、放送された曲目を覚え書きとしてアップしておきます。

    ☆

 昭和40年~49年10年間のベスト50曲を、各年ごとの”名曲ベスト5”として、秘蔵映像とスタジオでの生演奏が放送されました。
 司会は竹下景子とモト冬樹。スペシャルコメンテーターは地井武男。

 スタジオ出演は笹みどり、扇ひろ子、山本リンダ、黛ジュン、錦野旦、セルスターズ、野路由紀子、本田路津子、鶴岡雅義と東京ロマンチカ、敏いとうとハッピー&ブルー、ロス・インディオス、マヒナスターズ、宮路おさむ。

 各人からは「今だから話せる話」が語られたのですが、黛ジュンさんが石原軍団(プロダクション)だったなんて知りませんでした。当時どこのプロダクションも引き取り手のなかった黛さんを、裕次郎さんが面倒見てくれたようです。『天使の誘惑』が日本レコード大賞の大賞を受賞したとき、高価な毛皮をプレゼントされたそうです。
 また、宮路おさむさんが江利チエミさんと、夜行列車のデッキで朝まで飲み明かした話も興味深かったです。


3月26日テレビ東京系『名曲ベストヒット歌謡:昭和40年~49年』
    (19:00~21:48/3時間スペシャル))

スポンサーサイト

テレビで見た懐かしのひと

 野路由紀子さんがテレビで歌っていました。

 テレビ東京の「名曲ベストヒット歌謡/昭和40~49年」において、
 昭和46年の『私が生まれて育ったところ』を披露していました。

 なんでも昨年くらいから歌手活動を再開したらしく、
 歌唱力は全然落ちていません。
 もちろん可愛らしさも、体型も、なんらお変わりもなく。
 うれしいですねぇ。

 ♪いやになっちゃうわぁ  ♪笑い話よねぇ



 他には、
 セルスターズの『悪魔がにくい』をテレビで聴くのが久しぶりだったし、
 梶芽衣子さんが4年前の同番組のスタジオで歌ったVTRも、
 見逃した人には、うれしい放映だったでしょう。
 『怨み節』のドスの効かせかたは、当時以上でしたね。

ジャンク・ボックスの中身

 久しぶりに中古屋巡りをして来ました。
 ここ2年近く、アナログの中古レコードには手を出していなかったのですが、ブログで昭和歌謡の話をするようになったことから、ふたたび、フツフツと中古シングルへの購買欲が芽生えてきたようなのです。

 中古レコード屋さんには、レコード棚の下などにジャンク箱というのがあります。大体が100~
300円くらいでしょうか。

 今回の買い物は、井出せつ子、八代亜紀、青江三奈、内藤やす子、中川梨絵、緑川アコ、扇ひろ子などを購入です。

 八代亜紀『ブルーレイン大阪』は200円で、映画を観てからはぜひ手に入れたかったブツ。緑川アコは70年代後期の『別れ話は女から』で300円、これはチリチリノイズが目立ったけれど、見かけないからねぇ。
 青江三奈『国際線待合室』は、ベスト盤CDを1枚持っている程度のファンだったのですが、先日某所で『国際線待合室』のB面未CD化曲『愛して恋して別れた二人』を聴いてから気になっていたものです。100円。
 中川梨絵の『踊りましょうよ』は既に持っているものですが、これも100円だったので……。と云うより、本当は大好きな梨絵さんの唯一のレコードが、何で100円なのよと憤慨気味で購入です。実は、これで3枚目です(笑)………どなたかにお譲りしても良いのですが……。

「男坂」志水辰夫

otokozaka-bunko.jpg

 幾度も、繰り返し読みたくなる小説がある。
 ぼくにとってはこの志水辰夫であり、先頃、文庫化された本書をあらためて買い求め、読み直した。同じ箇所で、目頭が熱くなる。話の結末がわかっていても、卓越した描写に泣かされる。

 1981年に上梓されたハードボイルドの傑作『飢えて狼』を読んで以来、氏の格調高い文体、いわゆる“シミタツ節”に魅了されつづけている。
 氏の作品集はハ-ドボイルドあり、冒険小説あり、スクラップスティック・コメデイあり、そして情痴小説ありと、この26年間にいろいろなジャンルを見せてくれているが、一貫しているのが、登場人物が寡黙なダンディズムで貫かれていることだ。

 短編となると、その寡黙さは登場人物だけにとどまらず、寡黙な文章そのものが見事に登場人物を浮かび出させる効果となり、読後の余韻を感受する歓びが圧倒的に大きくなる。
 志水辰夫の作品に触れていたいのは、それ唯ひとつに尽きる。

 さて、表題の「男坂」とは、【神社・仏閣などに通じる二つの坂道のうち、傾斜が急なほう】のことで、反対に、ゆるやかな坂のほうを「女坂」と呼称するという。

 本書は、その“急な坂”を生きてきた男たちの人生の機微を、何気ない日常生活の中からすくい取った七つの短編集であり、穏やかな生活に背を向け、お天道様の下からはぐれ、ひっそりと人生の黄昏を下る男たちへの挽歌となっている。


扇風機
 母親の実家に滞在している小学校2年生の少年が、
 近所の堤防の上で粗野で薄汚いなりの見知らぬ男と出会う…………
 表題の扇風機が、見事な小道具として読者に差し出される。

再会
 出会いたくなかった旧友と仕事中に偶然再会してしまい、恐喝される主人公。
 家族を守るために云われるままにする男の、家族団欒な日常描写の秀逸さ………
 ラスト、ふたりの男の行動が、なんとも恰好良すぎる。

サウスポー
 事務長として勤める病院に入院している余命いくばくもない身寄りのない老女。
 幼いころ近所の私娼街で働いていた女性だった。
 荼毘(ダビ)に付された女性を通して、過去の苦い思い出を辿る男。

パイプ
 過去を秘めた男たちの心の繋がり………

長くもない日
 郷里を捨て、通りすがりの街で飲み屋の女のところに居着いてしまった男。
 病に倒れた年上の女性を看る毎日に、ある日、男の心を乱すことが起きる。

あかねの客
 編中、唯一ミステリーを感じる作品。
 15年前に夫を事故で亡くした和枝。
 ある日、彼女が働く寂れた湯治宿に無骨な男が泊まる。
 忌み嫌われ不審がられる男の行動に、和枝は夫の事故に心騒がす。
 哀切感漂うラストの描写に、ただただ感嘆。胸が詰まる。


 経営する会社を乗っ取られ、田舎に戻って老母を介護する男。


 登場する男たちは、何も語らない。
 主人公が語らない代わりに、情景描写が見事に語る志水作品。
 そこから見えてくる、男たちの哀切に咽ぶ心情。

 各編のラストの一文に、圧倒的な余韻を残す“シミタツ節”に酔ってもらいたい。


    ◆

男坂/志水辰夫
【文藝春秋】定価 1,600円(税込)
【文春文庫】定価 600円(税込)

鈴木ヒロミツ氏急逝

 突然の訃報が届きました。
 俳優でありミュージシャンの鈴木ヒロミツ氏が14日、肝細胞がんのためお亡くなりになりました。

 ぼくらの世代には、グループサウンズのモップスのヴォーカリストとして、丸メガネに長髪で「月光仮面」を歌っていた姿が焼き付いています。
 「朝まで待てない」「たどりついたらいつも雨振り」など、当時のGSの中ではゴールデン・カップスと並んで異質な、いや、本格的なロック・バンドとして認知されていました。特にモップスは、当時のサイケデリック・サウンドを体現したバンドとして希有な存在でした。

 ソロになってからは司会や役者として活躍されていて、特に、我が中日ドラゴンズの大ファンでもあり、ドラファンには近しい感じのする方でした。
 日本一を見られずに鬼籍入りだなんて、悔しいです。
 享年60歳。 まだ早いです。

 昨年のアイ高野氏といい、GSスターの訃報は寂しい限りです。
 ご冥福をお祈りします。

LESLIE WEST * BLUE ME



 2006年に発売されたレズリー・ウエストのブルース・ロック・アルバムです。
 2005年の『GOT BLOOZE』と2003年に発売された『BLUES TO DIE FOR』の2作を含め、ブルース・カバー・アルバム3部作とでも云いましょうか。
 今回も、レズリーの渋い歌声と重低音なギターの音色を聴かせてくれます。

 同じようにブルース・カバー・アルバムを出しているゲイリー・ムーアがそうであるように、レズリーの音楽的ルーツにアルバート・キングやバディ・ガイなどの名があっても、特に黒人ブルースだけというわけではなく、フェイバリットなアーティストとしてのクラプトンやP・タウンゼントなどの流れにあるだけに、楽曲へのアプローチも巧みである。


    ☆

01. BLUES BEFORE SUNRISE
02. I WOKE UP THIIS MORNING
03. FOUR DAY CREEP
04. HIT THE ROAD JACK
05. STANDING AROUND CRYING
06. ONE THING ON MY MIND
07. GREEN RIVER
08. SINNER'S PRAYER
09. WOMAN
10. TORE DOWN
11. SUMMERTIME

    ☆

 1930年代に活躍したピアノ・ブルースの第一人者リロイ・カーの「BLUES BEFORE SUNRISE」から始まり、やはりこの曲をカバーしたことのあるレイ・チャールズの「旅立て、ジャック!(HIT THE ROAD JACK)」、マディ・ウォーターズの「STANDING AROUND CRYING」、ハンブル・パイのライヴではオープニングを飾る古いブルース曲「FOUR DAY CREEP」、サミー・ヘイガーが在籍していた70年代のハードロック・グループのモントローズの「ONE THING ON MY MIND」、ブル-スとカントリ-を融合させたジョン・フォガティの名曲「GREEN RIVER」、フリーの「WOMAN」、そして、ガ-シュインの名曲でありジャニスの名唱が忘れ難い「SUMMERTIME」と、何ともヴァラエティな選曲である。


    ◆



BLUES TO DIE FOR(2003)
01. CRAWLIN' KINGSNAKE
02. BOOM BOOM
03. MEAN MISTREATER
04. I'M READY
05. TALK TO YOUR DAUGHTER
06. DON'T START ME TALKIN'
07. HELLHOUND ON MY TRAIL
08. BORN UNDER A BAD SIGN
09. DOWN BY THE RIVER
10. I GOTO THE BLUES
11. WHY I SING THE BLUES

 ジョン・リー・フッカー、ソニー・ボーイ・ウィリアムスン、ロバート・ジョンソン、アルバート・キング、マジック・スリム、B.B.キングらのお馴染みラインナップです。

CHICAGO * 10 RAZZLE-DAZZLE YEARS



 ブロードウェイの伝説の男ボブ・フォッシーが演出・振付した『CHICAGO』が、1996年にリバイバル上演されてから10周年を迎えた。
 2006年11月にはニューヨークで、一夜限りの10周年記念公演『10 RAZZLE-DAZZLE YEARS』が、歴代の豪華キャストを勢揃いさせて開かれた。
 70年代の初演版のオリジナル・キャストはもちろんのこと、リバイバル版を含めてこれまでに『CHICAGO』の舞台に立ったロキシーや、ヴェルマ、ビリー、エイモス、ママ・モートン、サンシャインらに扮した何人もが、各ナンバーごとに入れ替わり演じ、熱唱したとのこと。
 映画女優のメラニー・グリフィスや、ブルック・シールズのロキシー・ハートにはすごい興味がある。見てみたかったなぁ。

 そして、この10周年を記念した特別プロダクション・チームが、2007年2月8日から3月4日までの間、東京・日生劇場で公演を行なった。
 今回、もちろん観劇してきた。ぼくをよく知る人たちには呆れられるだろうが、LONDONで、NEW YORKで、またNEW YORKで、そしてTOKYOと、まだまだ見足りないのだよ。キャスト違いで何回でも観たくなるのが、この『CHICAGO』なわけです。

 今回の主要キャストは、これまで観たなかでもかなり満足のいくもので、特に、ヴェルマ・ケリー役のテラ・C・マクラウドは素晴らしかった。ダンスのダイナミックさと退廃的ムード、そして少しハスキーな歌声に風格を漂わせ、誇り高く生きているディーバとして申し分ない人物像を創りあげていた。ぼくのイメージにはぴったりな女優だった。

 ロキシー・ハート役のミシェル・デジーンも適役。
 彼女は2005年の来日公演でもロキシー役を演じたらしいが、ぼくが観るのは初めて。キュートで小悪魔的な愛すべきロキシーにピタリとハマっており、見せ場のひとつ「ロキシー」を歌う場面でのユーモアたっぷりなひとり芝居では、会場の雰囲気をグッと惹きつけたと思う。

 注目されたのが、元Backstreet Boysのケヴィン・リチャードソンが弁護士ビリー・フリンに扮したことだろう。Backstreet Boysのリーダーだった頃から『CHICAGO』の舞台には上がっており、スマートで敏腕な弁護士の風格はあったのだが、少し大物感には欠けていたかな。

 ロキシーの夫でお人好しのエイモスが歌う「ミスター・セロファン」は何度聴いてもジーンとくるナンバーなのだが、今回のエイモス役のケヴィン・キャロランは特に素晴らしい歌声を聴かせてくれた。最後、ロキシーに相手にされず静かに退場する後ろ姿に、盛大な拍手が贈られたのが印象的だった。


    ☆

演出:ウォルター・ホビー
振付:アン・ラインキング
[オリジナル…台本・振付・演出:ボブ・フォッシー]

【キャスト】
ロキシー・ハート    ● ミシェル・デジーン
ヴェルマ・ケリー    ● テラ・C・マクラウド
ビリー・フリン     ● ケヴィン・リチャードソン
エイモス・ハート    ● ケヴィン・キャロラン
看守ママ・モートン   ● キャロル・ウッズ
メアリー・サンシャイン ● R・ビーン

公演:2007年3月2日 東京・日生劇場 1階D列21番


◆2005年ニューヨーク・ブロードウェイ版のレヴューはコチラ

カスバの女~緑川アコ・夜のムードをうたう



 昭和の夜の女の歌謡曲を語るとき、絶対に避けては語れない歌手のひとり、緑川アコのクラウン時代のアルバムが紙ジャケCDで復刻された。

 「夢は夜ひらく」でデビューした翌年の1967年に発売されたこのオリジナル・アルバムは、決して光の当たらない暗い路地のどん詰まりに咲く、徒花のごとく生きている女の世界が歌われている。
 60年代といえばまだまだ絶対的な歌唱力を求められた歌謡曲の世界で、その実力はもとより、圧倒的な存在感と独自性を持った緑川アコが、酒場の女の寂しさ、孤独な女の辛さ、身を売る女の哀しい息づかいを、豊かな感情のうねりと凄みで歌ったアルバムである。
 これが艶歌。だからこそ名盤す。

 先に発売された“幻の名盤解放歌集*コロンビア篇”『酔いどれ女の流れ歌』で聴かれた「カスバの女」や「夢は夜ひらく」は、一時引退後の70年に新たに吹き込み直されたヴァージョンであって、ジャケットのセンセーショナルなことで話題になった『酔いどれ女の流れ歌』も名盤に違いはないのだが、肝心の「夢は夜ひらく」に至っては藤圭子ヴァージョンで歌われていたわけで、やはり、オリジナルのアコヴァージョンをちゃんと聴いておかないといけないだろう。


収録曲
01. カスバの女
02. ふうてんブルース
03. 夢は夜ひらく
04. 星降る夜のブルース
05. 女の恋は夜の花
06. 女の運命
07. 惜別のブルース
08. わたしの涙は赤いバラ
09. ブルースをやって
10. つめたい夜のブルース
11. あなたは命
12. 東京エレジー
13. 面影のブルース
14. 死ぬまで愛して


 アルバムには、全体のコンセプトを形成するために各曲の頭に緑川アコの台詞が入っている。緑川アコといえば独特の低い唄声なのだが、台詞を発する声が女優の佐藤友美に似ているのにはびっくりした。台詞まわしも結構上手くて、歌の世界に浸るための魅力的な効果になっている。

Hotwax vol.7



 最新号の特集は、映画が石井聰亙と『不良番長』シリーズ。音楽がカルメン・マキとジョニー大倉です。
 今回はインタビューが多く、そして、非常に読み応えがあるものばかり。

 まず巻頭特集では、石井聰亙監督のインタビューと70~80年代の7作品の紹介。その作品がインディーズであるのにも関わらず、海外でも大いなる賞賛を得ている石井聰亙の世界とは何か。彼の作品に触れたことのない人にも、面白い読み物だと思う。
 リアルタイムでは『狂い咲きサンダーロード』と『爆裂都市』の2本しか観ていないのだが(日活版『高校大パニック』は数に入れず)、石井聰亙のアーティスティックな視線が、19歳のデビューから現在まで一切の妥協もブレもなく、いまも、走り続けているのが頼もしい。

 特集2のカルメン・マキのインタビューでは、彼女がロック歌手としてバンド活動する過程の1970年に、ジョン・メイオール来日で開催された“第1回ロック・カーニバル”に出演していたことを知りびっくり。初めて体験したロック・コンサートだったけれど、全然覚えていないや。

 第3特集は、映画『不良番長』シリーズ。
 DVD-BOX発売を記念しての梅宮辰夫アニィの特別インタビューですが、その偉大なるB級映画「不良番長」は、ひとつも観たことがないので勉強させて頂きます。

 4つ目の特集はジョニー大倉のインタビューで、これに関してもあまり知識のないアーティストです。映画俳優としてはよく見ているのだが、彼の音楽を聴くことはあまりなく、キャロルにしても当時は聴いていなかった。
 
 付録のスペシャルCDは『不良番長』で、八木正夫のジャズ・フレーバーが軽快です。


    ☆

 いつものように、巻末のインフォメーションで目を惹いたものがいくつかある。

 まず発売日が決定しているものは、DVD“70's アウトロー・セレクション”として『反逆のメロディ』(原田芳雄、藤竜也)『流血の抗争』(宍戸錠、梶芽衣子)『不良少女 魔子』(夏純子)の3作品が4月16日に出る。

 同じ4月発売予定では、昨年の10月に急逝された田中登監督の単行本『映画監督 田中登』が出版される。“Hotwax vol.6”の誌上掲載では惜しくもカットされた6時間インタビューが、完全掲載されることを望みます。
 その書籍に関連して、田中登監督作品のデータや写真、出演女優のインタビューなどのメモリアルブックも発売される。

 “歌謡曲名曲名盤ガイド・シリーズ”は、いよいよ「1960年代」が刊行。

 そして、そして“ヴィジュアル・ブック・シリーズ”として『歌謡曲番外地~クィーン・オブ・ジャパニーズ・ポップス』と題して、小山ルミ、杉本エマ、大信田礼子、渥美マリ、東てるみ、安西マリア、フラワー・メグなど、70年代カルト歌謡のクィーンたちが紹介されます。連動企画でCDも発売予定らしいので、春先はガールズ・ポップが咲き乱れる~。


◆Hotwax vol.7 発行元:ウルトラ・ヴァイヴ 
         発売元:(株)シンコーミュージック
         定価:1990円(税込)