TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

風とともに消えた、杏真理子


コンプリートシングルズ+/杏真理子

 満を持しての杏真理子の音源CD化が、シングルをコンプリートした以上に、未発表の曲を5曲も発掘してくれるとは、まさに驚愕の音源集となった。

01.さだめのように川は流れる
02.涙の空に虹が出る
03.理由(わけ)ある旅
04.虹
05.雪わり草
06.冬の記憶
07.地下鉄のスー
08.風とともに消えた
09.あやまち
10.いちどくらいはいい
11.夜が明ける
12.雨に咲く花
13.黒い花びら
14.雪が降る
15.君の名を呼べば
16.夜のメロディー
17.ブルージーンと皮ジャンパー
18.明日は月の上で
19.ヘイ・ジュテーム
20.みなし子のように
21.熱愛
22.さよならばかり
23.わるい娘
24.さだめのように川は流れる[オリジナルカラオケ]

☆印:初CD化  印:未発表曲

 低く、暗く、重く、非凡な歌声を持った杏真理子は、デビュー曲「さだめのように川は流れる」で注目はされたのだが、大きなヒットに恵まれぬまま5枚のシングルを残し歌手活動を一時休止、歌の勉強のために渡米した。そして次に彼女の名前を耳にしたのが、遠い異国からの訃報…
 享年23の若さで(当時のプロフィールでは1951年生まれと表記されているが、現在は1949年生まれとされるので25歳が正しいのかもしれない)幕を下ろした人生を、歌のように〝さだめ〟と片付けるにはあまりに残酷なことだ。

 それにしても、オリジナル/カバーを含めここにパッキングされた曲群の素晴らしさ。歌の実力は半端なく、彼女の凄みある歌声と歌唱力が、唯一無二のものだったことをあらためて知らしめられた。
 未発表曲にいたっては、これがなぜお蔵入りだったのかと思えるくらいの水準の高さで、4曲すべて阿久悠の詞世界だ。
 存命であれば、これまでにもっと素晴らしい作品が生み出されていただろうと思うと、まさに世の儚さである。

 そして、このCD復刻に尽力した藍渕邪子という音楽ライターによる6ページにわたるライナーノーツも、熱い執念が感じられる素晴らしいレヴューとなっている。(リリース年月日に誤植が見られるが…)

スポンサーサイト

THE DEEP歌謡コレクション〜沢知美シングル集発売

SawaTomomi_all-about-sawa.jpg 1st LP「沢知美/魅力のすべて」より

 2月22日リリースの杏真理子につづいて、日本コロムビア〜THE DEEP歌謡コレクション企画第4弾、沢知美『コンプリートシングルズ』が4月19日にリリースされる。
 アルバムとしてCD化されるのは『人の気も知らないで~沢知美とあなたの夜』につづいて2枚目で、今や中古市場で7インチシングルを見つけるのが困難な現状で、オリジナル曲だけを網羅し、フェロモンあふれる歌声を余すことなく聴くことができるのは、嬉しいニュース…

 メーカーインフォメーションによる収録曲は、初CD化を含んだ16枚のシングルA面全曲と、B面楽曲で初CD化となる7曲を収録した全23曲。もちろん2017年最新リマスタリングで収録される。

01.私にいわせて
02.夜更けのロビイ
03.あなただけを
04.ひと夏の恋だった
05.蒼い月の光
06.セロシヤ・プロモーサ
07.夢はいらない
08.霧の夜のすすきの
09.雨になりたい
10.東京ミッドナイト
11.夜にとけたい
12.知りすぎたのね
13.モーニング・ブルース
14.恋の鏡
15.私はかもめ
16.罪ある女
17.夏の女
18.夏の夜のできごと
19.ブルー・モーニング・ブルース
20.雨の言葉
21.ガラスの城
22.甘い生活
23.気ままに愛して

印:初CD化

 さて、シングルA面コンプリートと謳いながら、1967年の2ndシングル「アンブレラのブルース」が抜けているのはどういう訳か。初CD化となるB面「あなただけを」を優先したというなら、「私はかもめ」のB面「明日がつらい」とか「罪ある女」のB面「エヴァの誘惑」も、と欲が出てしまうではないか。

SawaTomomi_watashi-wa-kamome_ep.jpg

◆人の気も知らないで~沢知美とあなたの夜
SawaTomomi_hitonokimosiranaide.jpg

杏真理子のアルバム、念願入手…



さだめのように川は流れる

 1971年6月にリリースされた杏 真理子唯一のLPを、ついに入手。ただし、見開きに閉じてあるはずのピンナップはなく、ジャケには2cmほどの底割れ…まぁ、安価だったので仕方のないこと。以前、買いそびれた悔しさもあるので、とりあえず即買いである。


 アルバムは、A面にオリジナル曲4曲と“ロカビリー三人ひろし”の井上ひろしと水原弘の「雨に咲く花」と「黒い花びら」、B面には杏真理子が敬愛するサルヴァトーレ・アダモの6曲が収録されている。

side A
01. さだめのように川は流れる
02. 虹
03. 夜が明ける
04. 涙の空に虹が出る
05. 雨に咲く花
06. 黒い花びら

side B
01. 雪が降る
02. 君の名を呼べば
03. 夜のメロディー
04. ブルージーンと革ジャンパー
05. 明日は月の上で
06. ヘイ・ジュテーム


 享年23の若さで(当時のプロフィールでは1951年生まれと表記されているが、現在は1949年生まれとされるので25歳が正しいのかもしれない)人生に幕を下ろした杏真理子については、既出記事『歌謡曲外伝/杏真理子』に付け加えることもないので今回はスルーするが、彼女の非凡な歌声に惚れ込んだ阿久悠にしてもメジャー歌手となることが叶わなかった運命の流転を、アルバムB面のアダモの曲群に感じずにはいられない。
 低く、暗く、重い歌声に、あらためて歌の巧さと世情の儚さに惹き込まれるのである。

 「ブルージーンと革ジャンパー」と「ヘイ・ジュテーム」は、ザ・ハプニングス・フォー解散後のクニ河内がアレンジしている。

 アルバムでしか聴くことが出来ないオリジナル曲で、英語タイトルをDay breaksと謳った「夜が明ける」は、作詞阿久悠、作曲馬飼野俊一の重厚なやさぐれ歌謡だが、1974年追悼アルバムとして再発された時には何故か外され、4枚目のシングル「地下鉄のスー」に差し替えられていた。


 さて、ここで朗報。
『杏真理子・コンプリートシングルズ+』と名打ったCDが、2017年2月22日にリリースされる。
 全シングルA/B面曲とこのアルバム収録曲の全て、初CD楽曲23曲を含んだ全24曲最新マスタリングとのこと。
なかでも、未発表曲4曲が収録されるという驚き、そして、期待…日本コロムビアさん、ありがとう!
 満を持しての杏真理子再評価…彼女の実力が陽の目を見ることに感謝である。

ブラヴォー!バーレスク、平山みき

 8月22日は平山みき嬢のBirthday

 マイペースな活動は2015年、平山みき嬢率いるヴォーカル/バーレスク/ダンスなど華やかな幻想のキャバレーを出現するエンターティンメント・ユニット【代官山ミラクル・キャバレー】でPVを発表していた…

 7月にリリースしたNEW! シングル『真夏の出来事〜ナウ・アンド・ゼン』に2曲が収録されているけど、これはやっぱり映像のほうで愉しみたい…

[真夏の出来事]


[恋はあせらず YOU CAN'T HURRY LOVE ]

あんた男前、私いい女「WOMAN」木の実ナナ

nana-kinomi_woman_lp.jpg
WOMAN

 ヒット曲「うぬぼれワルツ」を収録した1979年リリースの木の実ナナ3枚目のアルバムで、映画『男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく』(’78)でマドンナ紅奈々子を演じ、女優としても脂の乗ってきた時期の作品。この脚線美!買いのジャケット。

SIDE A
01. 恋愛予報 (作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童)
02. 宵ざめ (作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童)
03. 遊びなれてる人みたいに (作詞:矢玉四郎/作曲:丹羽応樹)
04. 流行りの酔いどれ (作詞:森雪之丞/作曲:丹羽応樹)
05. 男嫌い (作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童)
06. ひとり唄 (作詞/作曲:小坂恭子)

SIDE B
01. 紙吹雪 (作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童)
02. うぬぼれワルツ (作詞:門谷憲二/作曲:西島三重子)
03. アフター・シェーブ・ローション (作詞:麻生香太郎/作曲:西島三重子)
04. おいてきぼり (作詞/作曲:小坂恭子)
05. 愛の証明(あかし) (作詞:木の実ナナ/作曲:谷村新司)

    ◇

 1960年代はじめ、日本テレビ系列で「ホイホイ・ミュージック・スクール」という音楽スカウト番組(「スター誕生」の原点)が放送されていた。その番組で、鈴木やすしと共に司会をしてデビューしたのが当時16歳の木の実ナナ。
 番組は古過ぎてなんとな~く見ていたかな、というくらいの記憶しかないのだが、フジテレビ系列「ザ・ヒット・パレード」で尾藤イサオと司会をしていたのはよく覚えている。ちょうどGSブームの真っただ中のこと…「ミニ・ミニ・ロック」という曲がヒットしていたっけ。
 それ以前でいうと、カトリーヌ・スパーク主演のイタリア映画『太陽の下の18才』の主題歌を、日本語カヴァーしたツイスト曲が木の実ナナを強烈に印象づけていた。

 YouTubeに「太陽の下の18才」を歌う木の実ナナの映像がアップされていた。1977年に「ポップス20年 なつかしのザ・ヒット・パレード」と題されて放送されたもので(放送はカラーだったはず)、まだ家庭用VTRが普及する前なので、この番組録画は貴重。(因みに、ウチにビデオレコーダーが来たのは1978年あたり。新しもの好きの父親がVHS「マックロード」を買って来たが、あの頃ビデオテープ自体も高級だった)




 さて60年代の終り、番組の司会が堺正章と梓みちよに交代してからはあまり見かけることがなくなったのだが、その時期、本場のミュージカルを学ぶためにアメリカに渡ったのが70年代はじめ……。
 帰国後はミュージカルに多数出演し、細川俊之との二人芝居ミュージカル『ショーガール』は彼女の代表作となり、TVや映画の女優としても大活躍するようになったのは周知のこと。
 
 歌手としての転機は、1976年トリオ・レコードに移籍しリリースしたシングル曲「おまえさん」。
 作詞の阿久悠はあえてポップス系ではなく演歌的な世界を描き、作曲の丹羽応樹がブルージーな曲をつけて大ヒットした。
 そして、つづけてリリースされたアルバム『愛人』からシングルカットされたのが阿木燿子作詞、宇崎竜童作曲の「愛人(アマン)」。竜童メロディ全開で、阿木燿子が描く切ない女性の心の葛藤を歌い上げたドラマチック歌謡だ。

kinomi-nana_aman.jpg

 さて本アルバムは、十人十色ならぬ11人の女の情景が歌われる。竜童&阿木コンビの楽曲が4曲、1stアルバムから馴染みある丹羽応樹と、西島三重子や小坂恭子の哀愁あるメロディがそれぞれ2曲づつ、どれも聴き逃せない傑作が揃っている。

 初期のダウンタウン・ブギウギ・バンドのメロディと、言葉のリフレインを笠置シズ子風に歌う「恋愛予報」には、喫茶店で男の優柔不断にイライラする女が…、つづく「宵ざめ」には、鴎のようにふらりと次の女に渡ってゆく男を見送る女がいる。
 ゆるい坂道を、同じ歩幅で歩く女と男の微妙な関係をロングショットで眺める「男嫌い」。あなた宛ての女文字の手紙を見てしまった女の、ほんの数分の情景がスローモーションとなる「紙吹雪」。
 いかにも阿木燿子の世界感…好きだな。


70年代女性アイドル・ソング

recocole201409.jpg

 『レコード・コレクターズ』誌9月号は、レココレ誌2度目のアイドル特集「日本の女性アイドル・ソング・ベスト100」。
 70年代の歌謡界はひとつの転換期であり、大きく変貌した時期に登場したアイドルというジャンルが人気を獲得してゆく面白い時代であった。
 「ミッシェル」や「夜をぶっとばせ」を買いながら、ピンキーとキラーズや由紀さおりのシングル盤も買っていたのが60年代。
 黛ジュンや小川知子、奥村チヨだって十二分に歌謡アイドルとして聴いていたのだが、POPSとして捉え興奮し、快感を得られたのが平山三紀と南沙織だろうか。

 レココレ誌に倣って「マイ・ベスト30」を挙げてみた…。
 〈選曲ルール:シングル・リリースされ週間チャート30位以内のA面曲〉

【私にとっての70年代女性アイドル・ソング】

manatsunodekigoto-miki.jpg

01:真夏の出来事/平山三紀
02:イミテーション・ゴールド/山口百恵
03:色づく街/南沙織
04:横須賀ストーリー/山口百恵
05:九月の雨/太田裕美
06:ジャスト・フィーリング/金井夕子
07:やさしい悪魔/キャンディーズ
08:傷つく世代/南沙織
09:東京ららばい/中原理恵
10:プレイバック Part2/山口百恵
11:異邦人/久保田早紀
12:追いかけてヨコハマ/桜田淳子
13:絶体絶命/山口百恵
14:迷い道/渡辺真知子
15:愛の嵐/山口百恵
16:終着駅/奥村チヨ
17:わな/キャンディーズ
18:ディスコ・レディ・中原理恵
20:硝子坂/高田みづえ
21:四つのお願い/ちあきなおみ
22:ロマンス/岩崎宏美
23:ひと夏の経験/山口百恵
24:愛のきずな/安倍律子
25:リップスティック/桜田淳子
26:思秋期/岩崎宏美
27: 手紙/由紀さおり
28:マンデー・モナリザ・クラブ/ピンク・レディー
29: 狙いうち/山本リンダ
30:恋の十字路/欧陽菲菲

「狼になりたい」にみる情景

miyuki_shinnainarumonoe.jpg

 ありふれた風景のなかに都会の静寂と不安、そして、孤独が浮き彫りになる中島みゆきの名曲「狼になりたい」は、1979年リリースの5thアルバム『親愛なる者へ』に収録されている。
 エドワード・ホッパーの絵画のような情景と言おうか、例えば、同じ1979年に公開された工藤栄一監督『その後の仁義なき戦い』を観ていても中島みゆきの歌は連想されずとも、中島みゆきが歌う「狼になりたい」を聴くと必ず、宇崎竜童や松崎しげるのチンピラ狼と、化粧慣れしない原田美枝子。そして、根津甚八の狼の成れの果ての姿が浮かんでくる。どこにも同じようなシチュエーションなどないのだが、歌を通して映画のワンシーンを透かしているかのようにみえてくる。
 それは多分に、『その後の仁義なき戦い』公開後にリリースされた根津甚八のアルバム『Le Pierrot』に「狼になりたい」がカヴァーされたのが起因であろうが、ライヴにおいても音程が不安定な歌唱であれ、彼独特な男の無様な色気がみゆきの世界を体現している。

 歌詞の世界から映像的イマジネーションを広げてみよう………


 シンプルなアコースティック・ギターの音色が聴こえてくる……夜明け間際の街のロケーションから、吉野屋へワンシーン・ワンカットでカメラがなめてゆくかのような歌い出し。
 “吉野屋”は“吉野家”ではなく架空の店であるが、時代的に24時間営業をする飯屋は一部のファミレスを除いて存在しなかったこの頃なら、ここはどうしても牛丼屋ということになる。
 店内には、化粧のはげかけたシティ・ガールとベイビィ・フェイスの狼たちが肘をついて眠っている。

 “ベイビィ・フェイスの狼たち”とは幼い表情を残す若者でもいいが、どちらかと云うと、裕福な家庭の粋がった若者の様のような気がする。
 “化粧のはげかけたシティ・ガール”は、都会に憧れて来た地方出身の化粧も様にならないような女がカッコつけていて、金を持った男たちにナンパされて遊びまわった後であろう。店がはねた後の水商売の女やソープ嬢では“化粧のはげかけた”と表現しにくい。

 ♪買ったばかりのアロハは どしゃ降り雨でヨレヨレ
 1979年当時はアロハシャツ=チンピラ、あるいは遊び人という図式があるのは歪めないので、この主人公はアロハシャツ=自由人に憧れる地方から出てきた若者。
 2番の歌詞で判るが彼の職業は客商売、明日は朝早い仕事が待っている。安い給料で朝早くから夜遅くまで働き、気に入らない先輩や上司ももちろんいる。そんな彼には、土曜の夜しか愉しみがない。それも、夢みたいに短い時間。行きつけないディスコで女でもナンパしようと意気込んでも、隣の席の若い“狼”たちのようにスンナリとはいかなかい。
 仕事をさぼったりすることもできない。始発電車を待つために時間を持て余している。

 ♪狼になりたい 狼になりたい ただ一度
 この境遇から一度だけでいいから抜け出したい叫び。誰にも束縛されず、好きなことをしたいように行動できる自分になりたいと……

 ♪向かいの席のおやじ見苦しいね
 ♪ビールをくださいビールをください 胸がやける
 日曜の朝方にひとりカウンターに座るおやじは、まるで社会に押しつぶされそうな惨めな自分を見ているかのようだ。酒でも飲んで、たった一度でもいいから荒ぶることがしてみたい………しかし上手くいかないのが現実だ。そんなこと百も承知。
 
 ♪昼間・俺たち会ったら お互いに「いらっしゃいませ」なんてな
 ♪人形みたいでもいいよな 笑えるやつはいいよな
 「俺たちみたいな奴は一生懸命働くしかないんだよな。なぁ、あんた」と、カウンターの中の牛丼屋の兄ぃに声をかけクサる。嫌な客たちに愛想笑いして、それを上手くできる奴らが羨ましい……

 ウトウトとしながら、夢想……

 憧れのナナハンでも持っていたら、隣りのナンパされた女にでも声を掛けて、ふたりでぶっ飛ばせるのによぉ。
 1979年当時の「ナナハン」は自動二輪中型免許の取得が難しく、若者には羨望と憧れの乗り物だった。
 ♪どこまでもどこまでもどこまでもどこまでも………
 実際に走り抜ける距離感イメージよりも、彼の夢が届きようもないほどの時間を要しているもどかしさに聴こえてくる。

 いつしか夜が明けてゆく………


★狼になりたい「ル・ピエロ」根津甚八★