TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

「マリア・グラフィティ+2」安西マリア


Maria Graffiti/安西マリア

 今年(2014年)の3月15日に急性心筋梗塞で亡くなった安西マリアのビクター時代唯一のアルバムが、Hotwax*traxから復刻された。
 LP『マリア・グラフティ』には3枚のシングルA/B面とオールディーズのカヴァーが納められていて、今回、アルバム未収録のシングル曲を加えたことで、ビクターに残した楽曲すべてを聴くことができるようになった。

 1973年に東芝レコードからエミー・ジャクソンのカヴァー『涙の太陽』でデビューした安西マリアは、新人賞同期のあべ静江や浅田美代子らのような清純派というジャンルより、同じ年に『絹の靴下』で再デビューした夏木マリと並んでセクシー路線を歩んだのも当然といえる美貌のアイドルだった。

 東芝時代から弘田三枝子やザ・ピーナッツなど、我がニッポンが誇る和製ポップスやオールディーズのカヴァー路線で実力を示していた安西マリアは、1976年にビクターに移籍しポップス歌謡を極める楽曲を残してくれていた。
 これまでCDリリースが東芝時代のものばかりで歯がゆかったので、今回のCD化は嬉しいかぎりである。

ビクター・イヤーズ・コンプリート・コレクション
01. 南十字星
02. サヨナラ・ハーバーライト
03. 想い出のサンセット
04. センチメンタル・グループ・サウンズ
05. やけっぱちロック
06. 海辺の誘惑
07. ダイアナ
08. カラーに口紅
09. 悲しき街角
10. オー・キャロル
11. マイ・ホーム・タウン
12. ベイビー・フェイス

Bonus Tr.
13. 恋のスイング
14. アイ・ウォント・アイ・ニード・アイ・ラブ・ユー


 響わたること杉本真人の作曲の「サヨナラ・ハーバーライト」は、何度も繰り返される〝今も今も今も今も~〟のフレーズが心地よく耳に残り、何度聴いても最高。
 「サヨナラ・ハーバーライト」のB面曲だった「海辺の誘惑」と「センチメンタル・グループ・サウンズ 」「やけっぱちロック」も響わたるの作曲作品で、どれもキャッチーなメロディが70年代の歌謡曲然とした彩りを咲かせており、特に、蓮っ葉な歌唱でフェロモンを放つ「やけっぱちロック」はやさぐれ歌謡の傑作。

 中山大三郎の作詞作曲の「南十字星」も、フェロモン発散の味わい深い作品。
 ボーナス・トラックには、ビクター最後の曲となった来生えつこ&たかお姉弟の「恋のスイング」と、荒木一郎作詞、アイ高野作曲のロッカバラッド「アイ・ウォント・アイ・ニード・アイ・ラブ・ユー」
 レコードではB面として収録されていたオールディーズのカヴァー曲群は、当時盛り上がっていたディスコ・ブームにあわせてのアレンジでもあり、彼女にピッタリのロックンロールだ。

 スタイル抜群でバタ臭い顔立ちは祖父(ドイツ人)ゆずりのクォーター美人だった安西マリアは、デビュー当時はモデル出身というふれこみだったが、実は銀座のクラブで働いていたとところをスカウトされたという逸話があるが、まさかその後、昭和の歌謡界の裏事情が暴露された空前のスキャンダル事件が起きようとは想像もできなかったのである。

 引退から再起するも、歌手安西マリアの再評価がされなかったのが惜しかった………。

スポンサーサイト

Hotwax*trax 池玲子/杉本美樹



 Hotwax*traxシリーズ第15弾として、池玲子と杉本美樹の主演作品集がそれぞれ同時発売された。

 ヌードモデルから東映ポルノ映画の主演女優へと躍り出た池玲子は、グラマラスな肢体とスキャンダラスで豪快な脱ぎっぷりで1971年から74年の4年間に11本の主演を努め、杉本美樹もモデル時代にスカウトされ池玲子と共に映画デビューをし、翌72年から3年間で8本の主演作がある。
 スター性に輝いていた池玲子に対して、クールな杉本美樹は稚拙な演技にも異を言わせぬ存在感と、梶芽衣子にも似た眼ぢからで他の女優陣を上回っていた。

 日活ロマンポルノよりも早く“ポルノ女優”の称号を得た池玲子と杉本美樹は、アクの強い東映男優陣を向こうにまわし、看板映画(「網走番外地」や「仁義なき戦い」など)の併映作のなかで妖しく咲き乱れ、アナーキーに、ヴァイオレンスに、そしてハレンチに振る舞う一種キワモノスタ-ではあったが、70年代のヒロインとして君臨したことは間違いない。

 さて、サウンドトラック。
 池玲子にしても杉本美樹にしても、過去にコンピレーションCDとして『女番長ゲリラ』『やさぐれ姐御伝 総括リンチ』『杉本美樹vs池玲子 ~女番長流れ者/ふうてんぐらし~』がリリースされているが、今回は、ふたりの主演作品(杉本美樹はコンプリート)から初CD化音源を中心にした単独サントラ集で、池玲子主演の『女番長ブルース 牝蜂の挑戦』が完全初出音源となる。
 例によって、映画用のマスターテープから最新デジタルリマスタリングが施されているので全曲モノラルではあるが、ニューロックやリズム&ブルースのうねるグルーヴ感、美しいメロウサウンド、豪快なブラスセクション、ジャズからフレンチポップまで揃えたテイストは、70年代の如何わしく猥雑なサウンドであり、インストゥルメンタル・アルバムの逸品として重宝できる。

 ボーナス・トラック的に収録されているふたりの歌声は全曲既発ものだが、彼女たちの主演映画の主題歌としては外せないものばかり。サウンドトラックとしての体裁は整っている。

 ポスターを模したジャケット&ライナーが時代の空気感を封じ込めているのだが、残念なのは、前3作までデジパック仕様だったのが、いつからかこのシリーズも普通のプラケースとなってしまったことだ。
 
    ◇

池玲子/女番長ブルース 牝蜂の挑戦

女番長 タイマン勝負(音楽:広瀬健次郎)
01. M-19 
02. M-3
 
恐怖女子高校 不良悶絶グループ(音楽:荒木一郎)
03. M-23 
04. M-9&15 
05. M-16B

不良姐御伝 猪の鹿お蝶(音楽:荒木一郎)
06. M-4
07. M-10  
08. M-20 
09. M-18 
10. M-13  
11. M-21

女番長ブルース 牝蜂の挑戦 (音楽:鏑木創)
12. M-8 
13. M-4 
14. M-13
 
やさぐれ姐御伝 総括リンチ BGM(音楽:鏑木創)
15. M-1 
16. M-34B
17. M-6B 
18. M-6C

温泉みみず芸者(音楽:鏑木創)
19. M-3
20. M-5 
21. M-13 
22. M-11

前科おんな 殺し節(音楽:八木正生)
23. M-8 
24. M-12

エロ将軍と二十一人の愛妾(音楽:伊部晴美)
25. M-1 
26. M-2  
27. M-9 

28. ふうてんぐらしpart.1(唄:池玲子)
     『前科おんな 殺し節』(1973年)より
29. ふうてんぐらしpart.2(唄:池玲子)
     『前科おんな 殺し節』(1973年)より
30. お蝶のブルース(唄:池玲子)
     『やさぐれ姐御伝 総括リンチ』(1973年)より
★初CD化

    ◇

杉本美樹/0課の女 赤い手錠

0課の女 赤い手錠(音楽:菊池俊輔)
01. M-20
02. M-23
 
女番長(音楽:八木正生)
03. M-1 
04. M-12 
05. M-2
06. M-4 
07. M-6  
08. M-15
 
恐怖女子高校 女暴力教室(音楽:八木正生)
09. M-16 
10. M-3A 
11. M-2  
12. M-5
 
恐怖女子高校 暴行リンチ教室(音楽:八木正生)
13. M-7 
14. M-3
 
女番長ゲリラ(音楽:津島利章)
15. M-5 
16. M-6
 
女番長・感化院脱走(音楽:荒木一郎)
17. M-2  
18. M-18&19 
19. M-7
20. M-10
21. M-15

温泉スッポン芸者(音楽:荒木一郎)
22. テーマ 
23. M-24
24. M-18&21T-3
 
徳川セックス禁止令 色情大名(音楽:荒木一郎)
25. 東映マーク 
26. B-1 T-2  
27. D 
28. M-8B 

29. 温泉スッポン芸者(唄:杉本美樹)
     『温泉スッポン芸者』(1972年)より
30. 女番長流れ者(唄:杉本美樹)
     『女番長ゲリラ』(1972年)より  
31. 0のバラード~女の爪あと(唄:杉本美樹)
     『0課の女 赤い手錠』(1974年)より  
32. 0のバラード~女の爪あと part.2(唄:杉本美樹)
     『0課の女 赤い手錠』(1974年)より
★初CD化


歌謡曲番外地~東宝レコード女優編

 久しぶりのHotwax*trax『歌謡曲番外地』は、『続・歌謡曲番外地~恋のコマンド』から7ヶ月ぶり、東宝レコードの女優盤が2枚同時リリースである。
 これまであまりCD化されてこなかった東宝レーベルの女優たちの歌声。カルト・レーベルとも云われ、シングル盤は高値を生んでいる。
 今回、待望のリリースと云ってもいい。個人的にも東宝レーベルのレコード所持は皆無なので、初めて聴くものが多い。シングルのA/B面すべてを収録しているのもよろしい。

    ◇

東宝レコード女優編

『東宝レコード女優編~不良少年』

01. 不良少年・さすらい/青木英美
02. 不良少年・ジロー/青木英美
03. 朝がしらじら明けるまで/青木英美
04. 淋しさを残して/青木英美
05. ひとつの年のかわりめに/青木英美
06. 恋のあしあと/青木英美
07. 唇かんで/梅田智子
08. バラの花ひとつ/梅田智子
09. 恋のサンフランシスコ/梅田智子
10. おかしな恋人/梅田智子
11. 北国のわたしは幸せ/柏木由起子
12. いっしょにあなたと/柏木由起子
13. ごめんなさい/柏木由起子
14. ひやかさないで/柏木由起子
15. 瀬戸の夕焼け/酒井和歌子
16. 水玉もようの雨/酒井和歌子
17. MY LOVE…THE SEA/内藤洋子
18. 海と空と私/内藤洋子
19. お伽噺/内藤洋子
20. やさしい感じ/内藤洋子

 60年代、TVドラマ『これが青春だ』などの柏木由起子はダントツに可愛かったなぁ。ここに収められた歌も上手い。女優の歌でなく歌手の歌唱です。
 酒井和歌子も大好き。可憐です。歌も、そのまま控えめな感じがいいじゃない。
 青木英美は聞き込めば味が出てくるよ。
 内藤洋子は、当時、友人がファンだったのだが、個人的にはあのおデコちゃんは少し苦手であった。ここに収められている4作品は、すべて歌ではなく詩の朗読。1970年に結婚した喜多嶋修の曲にのせた朗読は、どこか醒めている。

 パート1は、やっぱ、柏木由起子に尽きるかな。
 リーフ裏面のシングル・ジャケを見てるだけでもいいのだな。
 テレビ朝日の松本清張ドラマ『夜光の階段』では病魔に冒された薄幸の母親役だったが、今だその可愛らしさは失われていなかった。

    ◇

東宝レコード女優編モア

『東宝レコード女優編[モア]~あなたって凄いのね』

01. あなたって凄いのね/エミー・マーガレット
02. 夢をちょうだい/エミー・マーガレット
03. 恋人達の場所/聖ミカ
04. 貴方を返して/聖ミカ
05. コーヒーと仔犬/松島トモ子
06. 独占(ひとりじめ)/松島トモ子
07. こどもの眼/松島トモ子
08. 明日の午後ならいいわ/松島トモ子
09. 私は私知らない女になったの/いぬいなおみ
10. 幸せの涙/いぬいなおみ
11. ナオミの夢/いぬいなおみ
12. 白いパンタロン/いぬいなおみ
13. めぐり逢うために/森るみ子
14. 一年前の街角で/森るみ子
15. 13日の金曜日/松村幸子
16. 横をむいちゃいや!/松村幸子
17. 天使のともしび/松村幸子
18. 涙の星・愛の星/松村幸子
19. 箱根スカイライン/加藤小代子
20. あこがれ/加藤小代子
21. あなただから許せるの/鹿島とも子
22. スキャンダル/鹿島とも子

 このCD、「あなたって凄いのね」ってタイトルがスゴいし、タイトルに合ったジャケ写でインパクトはあるのだが、実際はこの写真、松島トモ子の「コーヒーと仔犬」です。
 で、肝心の「あなたって凄いのね」は如何なものかと云えば、そりゃあ中身も一筋縄ではいかない。辺見マリ風の曲調に乗せた突き放した歌唱は素晴らしいのひとこと! 

 このパート2の方でお目当ては鹿島とも子。
 「あなただから許せるの」と「スキャンダル」のアクション歌謡ぶりは、ホント、素晴らしい曲。
 そして『続・歌謡曲番外地~恋のコマンド』に収録された松島トモ子の「コーヒーと仔犬」のB面「独占(ひとりじめ)」も聴きもの。コレ聴きたかったのだ、好きだな。
 阿久悠作詞の「こどもの眼」は少し毛色の変わった楽曲。

 聖ミカは、ショーケンの初映画『涙のあとに微笑みを』(テンプターズの唯一の歌謡映画)のヒロイン。でも憶えていません(笑)、あしからず………。
 2曲とも筒美京平作品で、アイドル調の歌声はなかなか捨てたものではない。

 異端は「13日の金曜日」と「横をむいちゃいや!」。面白い!イイねぇ。

続・歌謡曲番外地*恋のコマンド



 書籍『続・歌謡曲番外地』の連動CDで、『歌謡曲番外地~悪なあなた』に続く第2弾が遂にリリース。
 久々のHotwax PRESENTS カルト歌謡のコンピレーションCDは、“関西のキャンディーズ”と謳われた3人組ラブ・ウィンクスのチープなジャケットを顔にするセンス!
 これこそ、歌謡曲番外地に相応しいではないか。

収録曲
01. バカンス/あきいずみ
02. 犯ちは一度だけ/恵美(フィミー)
03. 夜光虫/宗田まこと
04. 恋のアタック/純アリス
05. ボロボロ天使/荒木ミミ
06. 恋のコマンド/ラブ・ウィンクス
07. 恋はイライラ/Z
08. 泣いて泣いて/ヤン・シスターズ
09. コーヒーと仔犬/松島トモ子
10. ヒッチハイク/あきいずみ
11. あこがれ/木の実まこ
12. 恋愛学校/朝比奈順子
13. 雨あがりの散歩道/ニューニュー
14. 絵はがき/バーバラ・ホール
15. ハニー・ネスト/三浦弘子
16. とりのこされて/朱礼毬子
17. あなたが憎めない/范文雀
18. さすらいのバロック/范文雀
19. 戯れはやめて/ヤン・シューメイ


 初CD化の楽曲が満載されているなかで、個人的にはあきいずみと范文雀の歌が2曲収録されているのがうれしい。
 それ以外は初めて聴く曲が多い。

 ロック歌謡にソウル歌謡、ダンス系ビート・ポップスにメロディ・ポップス、フェロモンいっぱいの悩殺系にヨーロピアン調……。
 そのほとんどが1970年代はじめの、荒み、挑発、猥雑、空虚に揺れる女心。
 まさに、番外地に咲く徒花歌謡のてんこ盛り。

 あきいずみは1stシングル「ヒッチハイク」をジャケ買いしていた。写真で見る可愛らしさとは反対に、阿久悠作詞・井上忠夫作曲のロック歌謡を疾走感豊かに歌い上げる歌唱法が素晴らしい。
 アイドル専門レーベルNAVの発足時74年にこの2曲を出したのだが、翌年にはテイチクへ移籍し、奥村チヨの「終着駅」コンビである千家和也作詞・浜圭介作曲の「私生活」をリリースしている。アイドル・ポップスのB面「夢なら覚めないで」とともになかなかイイ楽曲。
 CD裏面の水着姿は貴重。

 ジャングル歌謡と言われる宗田まこと。さすがにバックにつけられた男性コーラスは異様。しかし臆面もなく堂々たるや、これは笠置シズ子の「ジャングル・ブギ」の70年代ヴァージョンと言えるかもしれない。

 荒木ミミは声がいい。
 アイドル全盛時にして、アルトヴォイスのなげやりBitch感がいい。
 デビュー曲「スキャンダル」とともに作詞は阿久悠で、シングルをたった2枚しか出していないのが残念なほど存在感ある歌いっぷり。

 范文雀は“ハン・ザ・摩耶”の芸名でTV「プレイガール」に出ていた頃から好きな女優。
 エキゾチックな容貌は、映画「野良猫ロック」シリーズにおいて梶芽衣子とともに虜になる魅力満点。そしていつしか、同じ魅力で余貴美子ファンになったのは必然だ。
 嗚呼、この11月が祥月だった。享年55はあまりに早すぎる。

日本映画名作完全ガイド



 しばらくHotwax 関連の記事を書いていなかったのだが、showken-funさんのブログを見ていて、1ヶ月ほど前に発売されたこの書籍のことを思い出したので書きとめておく。

 「日本映画名作完全ガイド」って云ったって、ここに紹介されるのは、日本特有のプログラム・ピクチャーというシステムから生まれたエンターテインメントな作品ばかり。
 その黄金時代であった60年代から70年代においての厳選された400本の作品紹介は、実に貴重な資料であり、スクリーンに燦然と輝き敢然と消えていった昭和のアウトロ-たちが甦る。

 日活ニューアクションを牽引した澤田幸弘監督、ビッチなヒロインを先駆けた大信田礼子、インディーズの雄と云える柳町光男監督……3人の語りおろしインタビューは興味深いものばかり。
 そして、ロビーフォトなど貴重な写真も満載。

 さて、showken-funさんがショーケンの写真が一枚もないことを不満にしていましたが、そうだね、おかしいよねぇ。
 絶対に、昭和のアウトローのひとりだったのは間違いないもんね。

 「みっともなければみっともないほどカッコ良く見えるショーケン」(「雨のアムステルダム」)

◆日本映画名作完全ガイド
 《昭和のアウトロ-編~ベスト400~1960ー1980》
 発行元:ウルトラ・ヴァイヴ 
 発売元:(株)シンコーミュージック
 定価:2,675円(税込)
 

Hotwax 歌謡曲

 Hotwax の歌謡曲紙ジャケ・シリーズ第2弾として、強力な3枚が11月23日に発売されます。
 グラマー・アクション歌謡の津々井まりと南陽子の2枚。そして、青江三奈のムーヴィートラックスです。

 津々井まりは、唯一のアルバムに未収録シングルA/B面などを加えた最強盤です。これ以上の音源はないでしょうね。
 南陽子は津々井まり同様、百花繚乱のビート・アクション歌謡時代に咲いた、グラマー歌謡路線のアイドルですね。
 青江三奈は「Hotwax vol.8」の特集からの流れで、映画の劇伴・劇中歌集です。これ、貴重な音源でしょう。
 カルト歌謡の再発時代……いやはやうれしい世の中です。
 ぜ~んぶ、買いでしょ。


愛すれど心さびしく+5/津々井まり
01. 愛すれど心さびしく
02. 女は小さなチャンスに賭ける
03. 人魚の恋
04. 女は恋して夢を見る
05. 首ったけ
06. 恋は地層の果てに
07. さすらいのギター
08. 希望
09. 経験
10. 悪女のためいき
11. 別れてあげる
12. 例えば貴方ともういちど
13. 悪なあなた
14. 夜霧はあなたの涙
15. 鳩よ、わが愛
16. 五月雨の京都
17. 四つのお願い



噂の天使/南陽子
01. 噂の天使
02. 二十歳の恋
03. ジョニーへの伝言
04. コーヒーショップで
05. 赤い花まつり
06. 赤い満月
07. 誘惑
08. 人間模様
09. 恋は燃えている
10. 愛のヴィーナス
11. ジェット最終便
12. 月夜のいたずら


女の警察~青江三奈ムーヴィートラックス
※#3,6,7,11.13,19,20,22:インスト 音楽:佐藤允彦

01. 酒場人形「女の警察」より
02. 国際線待合室(インターナショナル・ロビー)
03. 女の市場 M5-2
04. グッド・ナイト
05. 上海帰りのリル
06. 女の市場 M9
07. 女の市場 M4
08. 船頭小唄
09. 無情の夢
10. 夜の瀬戸内 part.1
11. 女の市場M10A
12. 夜の瀬戸内 part.2
13. 女の市場 M14
14. 三人の女 part.1
15. 三人の女 part.2
16. 三人の女 part.3
17. 昭和おんなブルース
18. あなたに泣いた
19. 女の警察テーマ
20. 続・女の警察テーマ
21. 酒場人形~「女の警察・国際線待合室」より
22. 女の市場テーマ



Hotwax vol.8



 9月10日発売の『Hotwax vol.8』です。
 書籍『映画監督 田中登の世界』が先行したことで、おくれに遅れての発刊です。

 今回の特集1は「鈴木則文」。東映プログラム・ピクチャアの雄です。
 インタビューを読めば判るように、楽しくない映画なんか撮らない完全娯楽主義の監督です。
 自身の映画は映画館で見るものとし、DVD化などどうでもいいと豪語する御仁です。が、やはりそこはファンの多い監督ですから、9月21日には鈴木則文初DVD化作品5作が発売されます。

 全55作の中でぼくが観ているものは、池玲子・杉本美樹をスターダムにのし上げた『女番長〈スケバン〉ゲリラ』『女番長〈スケバン〉ブルース』、多岐川裕美のデビュー作『聖獣学園』、千葉真一の『少林寺拳法』、水島新司の漫画『ドカベン』、そして唯一にっかつで撮ったロマン・ポルノの傑作で、70年代のピカレスク漫画の金字塔『堕靡泥の星/美少女狩り』とそんなに多くなく、大ヒットした『トラック野郎シリーズ』は映画館では1本も観ていないです。

 興味あるのは、青江三奈と「女の警察」特集。
 彼女が主題歌とともに出演した、小林旭の『女の警察』シリーズは全4作。残念ながら全て未見なのです。原作は梶山季之(作品リスト内の名前に誤字あり)。太田雅子も太田とも子も出演しているので、いつか絶対に見てみたい映画なのですねぇ。

 昭和の伝説のミューズ、フラワー・メグへの最新インタビューもイイですよ。今年になってオフィシャルウェブサイトをオープンしての復活でしょうか。

 クニ河内/ザ・ハプニングス・フォーと舛田利雄の特集も含め、今回もてんこ盛り。おまけCDの「女番長ブルース」「女番長ゲリラ」等の劇伴は、すべて未発表音源です。

 ところで、また作品reviewを書いています。作品名はここに書かないけれど、70年代の暗黒映画です。1976年度のMy Best One 、と云うより、生涯Best 20(笑)で必ず選ぶだろう作品を紹介しました。
 何がいいかって、その暗さ。魑魅魍魎とした時代の空気の中で、ギラギラと牙を剥き出した人間たちの業が、ビシバシ突き刺さってくる映画です。


◆Hotwax vol.8 発行元:ウルトラ・ヴァイヴ 
         発売元:(株)シンコーミュージック
         定価:1990円(税込)