FC2ブログ

TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

『永遠の詩(狂熱のライヴ)』グッズ詰め合わせ



 twitterで告知されていたLed Zeppelin「『永遠の詩(狂熱のライヴ)』グッズ詰め合わせ」プレゼントに応募し、9月末に当選報の通知が来た…

 そして昨日、ワーナーより荷物が届いた…
 Tシャツは黒のLサイズ…ジャケットの絵柄を模した額絵はオリジナル・レコードと同じようにエンボス加工され、欧米仕様の厚紙変形サイズの告知ポスターは両面別デザインで、4点目はターンテーブル用マット…

 当選者はたったの5名…久々のくじ運の良さに、これで今年の運は使い果たしてしまったかな?

スポンサーサイト

ZEPの限定カラーヴァイナル



 1週間前の4月21日、レコード・ストア・デイにおいてリリースされたLed Zeppelin の7インチシングル「Rock and Roll」は、Yellow Vinylの限定シングルと いうこともあって、地方での購入がなかなか難しかったらしい…

 かく言う自分もタワーレコード出遅れたので、Bananaに30分並んでなんとかGet…各お店には1枚くらいしか入荷していなかったようだ…当日、在庫がどこそこにあるって都内情報のツイートはうらやましい限りだったのだが、翌日、上京したおりに新宿HMVに出向いた際、店頭に10数枚の陳列を見て、やはり地方への偏りを痛感したよ…


ハートに火をつけて〜ドアーズ

Doors-1st_01.jpg
THE doors/ドアーズ 1967年

 昨年来の物置整理で出てきた1枚。
 帯は捨ててしまっているが、日本盤のLPタイトルを『ハートに火をつけて』と題したドアーズの1stアルバムで、表題曲をA面1曲目に曲順変更した日本独自のビクター初回盤となる。

 ジャケット上部に鎮座するSTEREO表記と、A面の曲順に慣れ親しんでいたのが我ら世代でなのである…。

Doors-1st_rb.jpg

 シングルジャケットには歌詞カードがなく、朝妻一郎氏のライナーノーツの片隅に取って付けたようにヒット曲LIGHT MY FIREの歌詞のみが載っている…。

Doors-1st_LN.jpg

SIDE A
01 ハートに火をつけて
02 ブレイク・オン・スルー
03 ソウル・キッチン
04 水晶の舟
05 20世紀の狐
06 アラバマ・ソング


SIDE B
01 バック・ドア・マン
02 君を見つめて
03 エンド・オブ・ザ・ナイト
04 チャンスをつかめ
05 ジ・エンド




「SGT. PEPPERS」50周年記念BOX 、届く


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band〜50th Anniversary BOX

 高額で大型商品となるアーカイヴスものには手を出さぬようにしていた…ツェッペリンしかり、ストーンズしかり…今回は2015年年末の『ザ・リバーBOX』以来の散財といえる…
 しかし『SGT. PEPPERS』となれば、ビートルズのアルバムの中でも1~2位で好きな作品、スルーするわけにはいかない…

Sgt-Peppers_3D.jpg

 届いた梱包を開けてみてまず驚いたのが、BOX外カヴァーに貼付けてある3D写真…事前にはなにも告知されていなかったサプライズと言っていい…
 ストーンズ『SATANIC』への、洒落っ気ある嫉妬返しだ…(『SATANIC』のジャケット・デザインが『Sgt.PEPPERS』の模倣と言われていたとき、3Dのアイデアはストーンズに軍配を上げるだろ?と思っていた)

Sgt-Peppers_4cd.jpg

 4CDを収めた紙ジャケのうち、3種類がアウトテイク写真だったのも驚き…撮影現場のモノクロ写真は既に公表されていたが、カラー写真は初めて見るものだ…
 オリジナル・ジャケではレオ・ゴーシーとガンジーの写真が消されたのは有名な話で、このアウトテイク写真は、修正されていないものをそのまま蔵出し…このようなことも、半世紀を過ぎたことでの賜物だろう…

 オープンリールの体裁になっている分厚いBOXを開ければ、見開きLPジャケに4枚のCDとBlu-rayとDVDが収められ、ポスター2枚と写真集と、日本版特典の《立版古》というペーパージオラマが付録…
 しかし正直いって、こういう付属物って不要なんだよね…大きなBOXは邪魔なだけ…
 4CDだけはいつでも聴けるように取り出しておいて、BOXは仕舞い込むしかないな…

Sgt-Peppers_2.jpg

Sgt-Peppers_3.jpg

 さて、細かな音源紹介はマニアの方々にお任せして、一言だけ…
 今回の『Sgt.PEPPERS』のNew STEREO MIXは、まったくの別作品を聴いているくらいにクリアなサウンドに変身…それはそれは素晴らしすぎる…
 

 

RSD限定、BEATLES『Strawberry Fields Forever / Penny Lane』



 毎年4月の第3土曜日に、世界同時開催されるレコードの祭典「RECORD STORE DAY」
 復刻レコードがリリースされるということで、今年の目玉がBEATLESの『Strawberry Fields Forever / Penny Lane』だったのだが、RSDに関心がなくて、実はこんなのが出ているなんて知らなかった。
 昨晩23日に〝帝都熱烈音盤解放戦線〟さんの記事で知った具合で、ネットなど見てみたら案の定売り切れ続出…当たり前の話。

 一夜明けての24日の昼休みに散歩がてらにタワレコに出掛けてみたら、なんと7枚、店頭に並んでいたわけで……つい買ってしまった。
 オリジナルジャケの復刻はピントの甘い複写だが、日本盤特典の日本初回シングル・ジャケの復刻は綺麗だ。

 リアルタイムで、自分の小遣いで初めて買った『REVOLVER』(’66)からドップリはまったBEATLES熱だったので、『Strawberry Fields Forever / Penny Lane』も、このあとの『SGT.PEPPERS』も、一番思い入れがあるレコード。BEATLESで10曲選べと云われればこの2曲は必ず入れる…あと「A Day In The Life」も絶対…。

 来月はその『SGT.PEPPERS』の50周年記念エディションBOXがリリースされる。
 BEATLESやSTONESのアーカイヴスものは敬遠してきたのだが、高額商品と云えど『SGT.PEPPERS』だけは手に入れないと、後々後悔することが必至なのだ。

2017_Sgt-Peppers_box.jpg

お気に入りのROCK LIVE盤9選_1968〜1972



Twitterの〝#私の大好きなライブ盤9枚〟を、覚えにブログにもアップしておく…
これらは1968年から72年くらいに、リルタイムで買い、レコードの溝がすり減るくらいに聴きまくった9枚…
オーソドックスな名盤ばかりだが、趣味がお判りであろうこの頃は、BLUES ROCK一辺倒だったのだ…

日本ではデビューアルバムとなったTEN YEARS AFTERのUNDEADは、日本独自のジャケット…オリジナル盤との違いにびっくりしたっけ(笑)…

このなかでCANNED HEAT:Live at Topanga Corralが渋めだろうな…







Rock'n Roll New Year 2017

あけましておめでとうございます


Stan's Blues /Stan Webb's Chicken Shack

 干支に合わせたロック・アルバム・ジャケットの紹介、2017年は酉年。

 ニワトリなら英国のブルース・ロック・バンド「チキンシャック」だろう。
 1960年代の英国ロック・シーンはジョン・メイオールを立役者に、彼のバンドから派生したミュージシャンたちを含めて一大ブルース・ブームが吹き荒れていた。
 それを追い風に、1968年にBlue Horizonからメジャー・デビューしたチキンシャックは、リーダーのスタン・ウェブのギターとピアノのクリスティン・パーフェクトのヴォーカルが二枚看板のブルース・ロック・バンド。
 フリートウッド・マックとサヴォイ・ブラウンと共に3大ホワイト・ブルース・バンドと称され、日本でも一躍人気を得ていた。

 ただし1970年代に入り、クリスティンがフリートウッド・マックのジョン・マクヴィーと結婚のために脱退し、その後もメンバーが次々と脱退しバンドは空中分解……
 その後、スタン・ウェブはサヴォイ・ブランに加入したり(キム・シモンズと元キーフ・ハートレー・バンドのギタリスト、ミック・アンダーソンとのトリプル・ギター体制でアルバム『Boogie Brothers』を発表)、自身のバンドを再編したりの紆余曲折を繰り返すことになるのだが、80年代後半から90年代に入りアルバムを数々リリースしている。
 ヨーロッパでの人気はずっと継続していたようで、特にドイツでの人気は凄いらしく、アルバム・リリースもドイツが多く、また、そのライヴ活動の様子はYou Tubeで見ることができるのが時代の恩恵だと思い嬉しい限りである。



 最新ライヴとしては、2016年9月のものを観ることができる。すっかり髪が真っ白になっちまったが、ウェブ節は健在である。

    ◇

 さて、このアルバム『Stan's Blues』はDVDで発表された2004年のライヴを収録したものだが、いまのところ最新CDとなる。

Stan Webb's Chicken Shack「Stan's Blues」

01 So Tell Me
02 The Thrill Has Gone
03 Reconsider Baby
04 I Know You Know Me
05 You Are Te Sweetest Little Thing/Hurt
06 Stan Webb's Chicken Shack Opera
07 Spoonful
08 Doctor Brown
09 I'd Rather Go Blind
10 The Daughter Of The Hillside
11 Stan's Blues