TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

ツイートまとめ~石井隆世界にこころ馳せ~2017.08

 『後妻業の女』を観た…大竹しのぶが「黄昏のビギン」を口ずさみながら、津川雅彦の息の根を止めるシーンで、石井隆映画『死んでもいい』を思い出すのだから、まったく石井隆中毒者だ…永瀬くんも出ていたし…

 さて、7月にリリースされた『天使のはらわた』Blu-ray BOXのアウターの石井隆描き下しのイラストについては、簡単に「石井隆の描き下ろし、Blu-rayに甦る名美」に書き留めてあるが、とにかく劇画時代からのファンにとっては、石井氏の濃密な筆さばきに感嘆の声をあげるしかない…
 そして映像も、過去にスクーリンで観た作品とは思えないほどのクォリティで蘇り、あらたな興奮の時間を過ごさせてもらっている…

P_Tenshi-no-Harawata_BD-BOX.jpg

 『赤い眩暈』Blu-rayのみの特典コメンタリーは、過去の発言にくらべかなり突っ込んだところまで発言をする石井氏に竹中直人が慌てる箇所もあり、『天使のはらわた 赤い教室』における曽根中生監督と石井氏との因縁話は、ここ3年の間いくつかの活字媒体で真相発言がなされたが、今回、さらに石井氏の心情が痛いほど伝わってきた…

 何てことない話だが、相米慎二監督『ラブホテル』における速水典子の衣装に関しては、相米監督と石井氏との素敵な関係性が感じられ、ほっこり…

     ◇

 劇画『おんなの街 I&II』を読み返す度に、当時、巻末の続刊予告にこころ躍らせた思いが甦る…
 『フリーズ・ミー』公開に合わせたこの企画は、結局幻に終わったが、石井映画の原点回帰となる劇画を知らないファンのためにも、ふたたびの劇画本復刻企画を熱望する…

P_Onna-no-Machi_ad.jpg

 17年前の幻の企画CD『名美の総て』は、「死んでもいい」「ヌードの夜」「夜がまた来る」などの名美がヒロインの安川午朗作曲のサントラと「フリーズ・ミー」のメインテーマを収める、といった垂涎な内容だけに、あまりに惜しい、残酷な頓挫だった…

P_Onna-no-Machi_12.jpg

 70年代最後にして石井隆センチメンタリズムを極めた長編「雨のエトランゼ」と中編「夜に頬よせ」、そして、個人的に勝手に命名したタナトス4部作を収めた『おんなの街 I&II 』は必読…
 「夜に頬よせ」はラスト15頁45コマにおよぶ雨の情景に、ひとコマの静寂、女と男の刹那に魂が揺さぶられる名作だ…

 石井隆の劇画本はほとんどが絶版になっているが、いまはネットで手軽に中古本を買える…
 映画しか知らないファンには劇画もぜひ読んでほしいよ…

P_Nami_LastCut.jpg

 1984年の長編『象牙の悪魔~赤い微光線』も名作の誉れ……
 ラスト画がたまらなく好き…

   パンと乾いた音がして
   赤い閃光が走った
   雨の遠くから
   パトカーのサイレンが
   近づいて来た
   暑い夏の終わりだった

 どこまでも、名美に、恋して…


スポンサーサイト

2017年、夏の猟盤

 真夏の恒例イベント“中古/廃盤レコード・CDセール”に行ってきた。

 GWのレコセールよりかなり大きな会場だったが、今回は端からレア盤は外し、オーソドックスなもので低価格の良盤を、例えば黛ジュンはシングルは持っているがアルバムは1枚も所持していないので、帯なしでいいので赤盤でも探すつもりでいた。
 結果、ファースト・アルバム『恋のハレルヤ』を1500円で見つけたのだが、内ジャケにシミが多くカビの臭いも気になったので購入は見送った…

 で、今回仕入れたのはアルバム2枚とシングル5枚…

20170713_recofess.jpg

 今の財布の中身に合ったお手頃価格だった北原ミレイ『流れ行く歌_vol.1』と内藤やす子『SONGS』のアルバムは、どちらもカヴァー集…
 『流れ行く歌_vol.1』は、A面に因幡晃「別涙」、河島英五「酒と泪と男と女」、アリス「帰らざる日々」、宇崎竜童「愚図」など、B面は「怨み節」「舟唄」「八月の濡れた砂」「アマン」など歌謡曲スタンダード的な選曲…

 内藤やす子のアルバムは、80年代に入ってのカバーアルバムに当時まったく興味をおぼえず、何枚ものアルバムを買いそびれていたので、いまこうして後追いをしている次第だ…
 『SONGS』もそんな1枚で、1曲を除いて女性シンガーの作品で、荻野目洋子「六本木純情派」、中村あゆみ「翼の折れたエンジェル」、中森明菜「DESIRE」、刀根麻理子「マリオネットの夜」、渡辺美里「My Revolution」など、やす子節が炸裂している…いまさらながら聴き惚れる…

 シングル盤はテレサ・テン、桂銀淑、中森明菜、烏丸せつこ、ロミ山田…150円と280円の箱から…
 そいえばテレサ・テンと桂銀淑はCDしか持っていないので、これからシングル盤を集めそうな予感…笑…桂銀淑はCD時代に入っているので7インチは少ないな…

 さて、今年の春から『Sgt.PEPPERS』BOXがあったり、石井隆『天使のはらわた』BOXがあったりの日々、今夏の猟盤はこんなもんで十分でしょ…
 

Blu-rayに石井隆描き下ろしの名美が…「ルージュ」

 10月リリースの『ルージュ』(’84/石井隆原作・脚本、那須博之監督)のBlu-rayと、『夢犯』(’85/石井隆原作・脚本、黒沢直輔監督)DVDのジャケットが、石井隆描き下しのイラスト仕様になるという…
 早くもどんな絵柄で描かれるのか、期待が膨らんでいる…

 原作で印象的なひとコマ、雨降る街のバーSAGAの裏手で煙草を吹かす名美がいいと思うも、これは7月4日リリースの「天使のはらわた」Blu-ray BOXのアウターに似てしまうので、ならばシナリオにおけるラストシーンではどうか…
 雨樋からあふれる雨のシャワーに軀をあずける裸身の名美に、雨に煙る二人乗りバイクを二重写しにしてみたり…ZIPPOライターもどこかに置きたい…

 などと、新たに描き下ろされる石井隆の筆さばきを想像しながら、久々に『ルージュ』を再見した…
 手持ちのVTRはかなり劣化が激しく、発色が悪く色つぶれで画面も暗いものなので、今回のBlu-ray化にはかなり期待をしているのだが、しかし、作品評価としては石井隆映画の中では下位になる代物…

 かつてオープニングの「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」を石井作品唯一の主題歌などと的外れなことを記したことがあったのだが、初見時には「これもアリなのか?」と…はじめはね…でも、重要な起点となるバーSAGAが映し出されたところで、原作を古くから読む者としては、石井隆ワールドを大きく離脱したものと、認識せざるおえなかった…

 『ルージュ』が不憫な作品だったことは以前「昼下りの青春~日活ロマンポルノ外伝」という書籍で紹介したのだが、『ルージュ』の企画者だった著者の山田耕大氏が明かした真実「(石井隆の)暗いホンをカリフォルニアの陽光あふれる作品にせよ……」と、石井脚本を否定する上層部の言葉には唖然とするしかないものだった…

 あのサイドカーにしても、あのバーSAGAにしても、あの雨の勢いにしても、石井ファンのもやもやとした事案は、完成作品が不時着に失敗したというより、端からパイロットの逆噴射から起きていたことが判り納得するも、1981年に一度流れた西村昭五郎監督版だったら如何に、と想像する虚しさである…


雑感:【天使のはらわた】Blu-ray化にこころ馳せ…



 石井隆公式ファンサイト『石井隆の世界』における「天使のはらわた」特集ページに、日塔滋郎氏のコラムが掲載開始された… 石井隆研究の第一人者として、最も信頼している氏の寄稿は必読!
石井隆の世界★天使のはらわた★


 石井隆公式ファンサイトのコラムで日塔滋郎氏が指摘していた70年代終わりの石井隆に対する社会現象…
 少し思い出してみるのだが、正直あまり実感はなかった…あの頃は、宮谷一彦や真崎守、上村一夫の単発作品が載っていると「ヤングコミック」誌を読んでいた時期だけに、石井劇画とは自然と巡り合っていたはず…

 ヤングコミック誌掲載で記憶に残る【おんなの顔】は、扉の画とクローズアップで描かれる女(名美)の倦怠が強烈だった…
 それでもまだ、石井劇画を主流にすることはなかった…積み上げられたヤンコミは、いまさら残念なことだが、30数年前の引っ越し時、大量に古本屋の店奥に消えたのだ…

 初めて〝石井隆作品集〟とタイトルショルダーを持った単行本「名美」…
 実相寺昭雄、金坂健二、権藤晋3氏の寄稿…石井隆と権藤晋の対談…ロマン・ポランスキーに言及している石井隆の作家性に共感を覚えた一冊だ…

 漫画誌を毎週欠かさず読んでいたのは高校生くらいまでで、以後、連載物は単行本を待って読む習慣…
 石井劇画も同じで『天使のはらわた』は曽根中生監督の映画が先…
 逆に『赤い教室』は劇画を読み劇場へ行った…劇画読者の期待を遙かに超えた映像と大きく波打つ物語性に、劇場の灯がついても暫く席を立つことが出来なかった…

 ロマンポルノの石井隆作品はタイトルに原作名を名乗っていても、過去の劇画作品を幾重に切り貼りすることで構成される場合が多く、特に『天使のはらわた 名美』における、石井劇画の映画的手法を逆手にとった田中登監督の裁量に興奮する…

 水原ゆう紀がヒロイン・オファーを断念したことで、石井劇画ファンだった鹿沼えりが名美役に自ら志願した『天使のはらわた 名美』…
 自己弁護で身を固める狂言まわし的ヒロインになったのは残念だが、高熱を押しての病院屋上雨の撮影や、過酷だったというラストシーンなど、鹿沼えりの表情の豊かさと圧倒的な美しさで魅力に輝く1作…

ishii_nami.jpg

「SGT. PEPPERS」50周年記念BOX 、届く


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band〜50th Anniversary BOX

 高額で大型商品となるアーカイヴスものには手を出さぬようにしていた…ツェッペリンしかり、ストーンズしかり…今回は2015年年末の『ザ・リバーBOX』以来の散財といえる…
 しかし『SGT. PEPPERS』となれば、ビートルズのアルバムの中でも1~2位で好きな作品、スルーするわけにはいかない…

Sgt-Peppers_3D.jpg

 届いた梱包を開けてみてまず驚いたのが、BOX外カヴァーに貼付けてある3D写真…事前にはなにも告知されていなかったサプライズと言っていい…
 ストーンズ『SATANIC』への、洒落っ気ある嫉妬返しだ…(『SATANIC』のジャケット・デザインが『Sgt.PEPPERS』の模倣と言われていたとき、3Dのアイデアはストーンズに軍配を上げるだろ?と思っていた)

Sgt-Peppers_4cd.jpg

 4CDを収めた紙ジャケのうち、3種類がアウトテイク写真だったのも驚き…撮影現場のモノクロ写真は既に公表されていたが、カラー写真は初めて見るものだ…
 オリジナル・ジャケではレオ・ゴーシーとガンジーの写真が消されたのは有名な話で、このアウトテイク写真は、修正されていないものをそのまま蔵出し…このようなことも、半世紀を過ぎたことでの賜物だろう…

 オープンリールの体裁になっている分厚いBOXを開ければ、見開きLPジャケに4枚のCDとBlu-rayとDVDが収められ、ポスター2枚と写真集と、日本版特典の《立版古》というペーパージオラマが付録…
 しかし正直いって、こういう付属物って不要なんだよね…大きなBOXは邪魔なだけ…
 4CDだけはいつでも聴けるように取り出しておいて、BOXは仕舞い込むしかないな…

Sgt-Peppers_2.jpg

Sgt-Peppers_3.jpg

 さて、細かな音源紹介はマニアの方々にお任せして、一言だけ…
 今回の『Sgt.PEPPERS』のNew STEREO MIXは、まったくの別作品を聴いているくらいにクリアなサウンドに変身…それはそれは素晴らしすぎる…
 

 

クロスオーヴァーなヴォーカリスト、アンリ菅野


アンリ菅野◆ 街・彩めいて/優しい退屈 1985年

 ジャズ・ヴォーカリストのアンリ・菅野が1985年にリリースした「街・彩めいて」は、作詞冬杜花代子、作曲アンリ菅野の酒造メーカーのCMイメージ曲。
 B面「優しい退屈」も同じふたりの楽曲で、どちらも80年代特有のアーバンなAORポップスになっている。

 1970年代半ば頃から、日本の女性ジャズヴォーカリストのアルバムを頻繁に聴くようになった。きっかけは笠井紀美子の『WHAT'S NEW』(’73)で、「BUT NOT FOR ME」におけるドラマ性にジャズ・ヴォーカルの魅力を知ったというか……。で、そのあと中本マリや安田南、宮本典子、当時アイドル的存在だった阿川泰子などに嵌っていったのだよね。
 80年代に入ってフュージョン系ジャズが増えたなかでは、伊藤君子や金子晴美、そしてアンリ菅野に辿り着いた。アルバムは4枚所持している。

AnliSugano_ShiningWave.jpg AnliSugano_JustGroovin.jpg
AnliSugano_ShowCase.jpg AnliSugano_LoveSketch.jpg

 アンリ菅野は音楽一家に育ち、武蔵野美術大学で油絵を専攻し、卒業後はニューヨークで3年間モダン・バレエやジャズ・ダンスを学びながら正確な米語をマスターし、帰国後はニューロック・グループ〈アンリ&モーゼス〉を結成して音楽の道に進み、1978年にソロ・シンガーとしてアルバム『Anli:いち』でデビュー。このアルバムは所持していないのだが、日本語で歌った今で云うJポップなアルバムのようだ。

 1979年リリースの『SHINING WAVE』が、実質ジャズ・シンガーとしてのデビュー・アルバムと云われるが、これも純ジャズではなく、鈴木宏昌のファンキー・アレンジによるブラジリアン・フュージョン・サウンドで、コルゲン・バンドがバックを務めている。
 つづく『JUST GROOVIN'』(’80)は、筒美京平の曲に英語詞をつけた「Mr.PRINTER」がシングル・カットされ、L.A.録音の『SHOW CASE』(’81)では「ラ・ヴィ・アン・ローズ~バラ色の人生」をレゲエで歌ったり、ボサノヴァ・サウンドがメイン。クロスオーヴァーなフュージョン・ヴォーカリストとして、しなやかでエモーショナルな歌声が魅力だ。
 そして、5枚目となるサウンフランシスコ録音の『LOVE SKETCH』(’82)で初めて、本格的ジャズ・ヴォーカル・アルバムを制作。

 「街・彩めいて」をボサノヴァ・ヴァージョンで収めた『街・彩めいて』(’85)は、安井かずみを迎えたシティ・ポップなアルバムに仕上げ、相米慎二監督『魚影の群れ』のエンディング曲には原田芳雄とデュエットした「Bright Light,in the sea」など、ポップスも歌謡曲も歌うヴォーカリストして活躍していたアンリ菅野は、残念なことに1998年に肺線がんを患い、一度は復帰するも、2000年に51歳の若さで逝去している。

1979年にっかつMyベストテン

ロマンポルノ45周年を迎えて、70年代のMy Best…

01. 天使のはらわた 赤い教室
02. 赫い髪の女
03. 天使のはらわた 名美
04. 濡れた週末
05. もっとしなやかに もっとしたたかに
06. 桃尻娘 ラブアタック
07. むちむちネオン街 私たべごろ
08. 白く濡れた夏
09. 堕靡泥の星 美少女狩り
10. エロス学園 発情時代

この年から名称が“にっかつ”に…そして、いよいよ石井隆…

1979_tensinoharawata-nami.jpg 1979_nuretasyumatsu_ps.jpg
★天使のはらわた 赤い教室★
★天使のはらわた 名美★
★濡れた週末★