TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

過ぎ去った虚い、「こんな風に過ぎて行くのなら」浅川マキ



浅川マキ◆ こんな風に過ぎて行くのなら/さかみち 1972年

 東京での猟盤では、以前から探していたシングル・レコードを何枚か見つけることが出来た…
 この浅川マキ「こんな風に過ぎて行くのなら」はその中の1枚で、1972年にリリースされた彼女の代表曲のひとつだ…

 当時、浅川マキのレコードはアルバム単位でしか聴いていなかったので、「こんな風に過ぎて行くのなら」は1973年リリースのアルバム『裏窓』で初めて耳にしたのだが、アコースティックなサウンドに乗せた若者の空虚な心象風景がとても切ない…

 このシングル・ヴァージョンはアルバム収録とは演奏メンバーが異なり、深町純、角田ヒロ、高中正義、萩原信義の4人のシンプルな伴奏に導かれる心地よさが格別で、日活ロマンポルノ『OL日記 牝猫の情事』(’72)において、ヒロイン中川梨絵のアンニュイなテーマとしても使われた逸品である…


スポンサーサイト

「TATTOOあり」の別ジャケ、見っけ…



宇崎竜童◆ TATTOOあり/ハッシャバイ・シーガル 1982年

 GW前の日曜と月曜に東京に出むき中古レコ屋巡りをしてきた…
 新宿ディスクユニオンの新ビルOPENに重なり、帯付き国内初盤やUK/US Rockの貴重盤などが放出されたセールの真っ只中においては、ただただ目の保養だけさせてもらい、もっぱら和モノ安レコの漁盤に励んできた…
 
 ということで、お高いオリ盤を2〜3枚買うよりも、お安いレコを量でカバーした次第で…買い直しもあったり、珍しいものはそれほどでもない…

 さて本盤は、映画『TATTOO[刺青]あり』のクロージングに印象深く流れる宇崎竜童の「ハッシャバイ・シーガル」(B面)であるが、珍しいのは映画の告知ジャケが付帯されていること…
 小説の映画化などで文庫本のカバーに見られるアレと同じ、まぁ、そんな程度のものだけどね…

★TATTOO[刺青]あり★

ZEP本、飛来! 活動記録の最終本となるか…

Zep_1968-2007_book_L.jpg

『レッド・ツェッペリン 全活動記録 1968-2007』

 結成50周年となるレッド・ツェッペリンの、全活動記録の研究書が初版2000部限定で発刊された。

 角背のハードカバーの体裁が重厚感をもたらす本書は、バンドの結成から解散、そして再結成までの全ライヴ、レコーディングのリストで網羅されている。

ZEP_1968-2007_with-LIVE.jpg

 これまでZEPのセットリストなどライヴの足跡は、ルイス・レイ著作の『LIVE』が参考書となっていたが、今後は、本書が最終録としてその役目を担ってくれるはず…。

 さて、まず最初に開くページはFirst Japan Tourの頁であろう。

Zep_1968-2007_JPTour.jpg

 先ごろジミー・ペイジが、今後10年にわたって過去のライヴ・レコーディングからチョイスしたライヴ・アルバムをリリースしてゆくと発言していただけに、ぼくらが一番望んでいるのが1971年の日本初来日公演のライヴ盤だ。それは間違いない…。

 本書には、ファンには先刻承知の事柄でもある日本側ワーナーが広島以外の公演をライヴレコーディングしてきたこと、その音源が『How The West Was Won(邦題:伝説のライヴ)』の対として『How The East Was Won』として検討されたと記述されている。
 それだけに先のペイジ御大の発言は、微妙ながらもファンの期待を煽るものだ。

 さてさて、ヴォリュームある内容だけに、しばらくはブートレグのライヴCDを流しながらの休日読書となるだろうな……。

    ◇

ZEP_1968-2007_Book_H1.jpg

レッド・ツェッペリン 全活動記録 1968-2007/マーク・ロバーティ(著)、前むつみ(訳)
【シンコーミュージック・エンタテイメント】
定価 4,500円+税

「真実」梶芽衣子



 2017年「オール読物」に連載されていた文章に加筆修正した、梶芽衣子の自叙伝『真実』購入…
 ご自身のプロデュースに長けた女優であることを再認識し、そこを踏まえて「鬼龍院花子の生涯」の箇所には驚かされる…
 映画界には当たり前であろう話も、三十数年ぶりに明かす真実のきっかけが、何だか石井隆と曽根中生を思い出させる…


 巻末の、映画・TVドラマ・ディスコグラフィの年表の充実度にも満足…

    ◇

真実/梶芽衣子
【文藝春秋】
定価 1,350円+税

ハートに火をつけて〜ドアーズ

Doors-1st_01.jpg
THE doors/ドアーズ 1967年

 昨年来の物置整理で出てきた1枚。
 帯は捨ててしまっているが、日本盤のLPタイトルを『ハートに火をつけて』と題したドアーズの1stアルバムで、表題曲をA面1曲目に曲順変更した日本独自のビクター初回盤となる。

 ジャケット上部に鎮座するSTEREO表記と、A面の曲順に慣れ親しんでいたのが我ら世代でなのである…。

Doors-1st_rb.jpg

 シングルジャケットには歌詞カードがなく、朝妻一郎氏のライナーノーツの片隅に取って付けたようにヒット曲LIGHT MY FIREの歌詞のみが載っている…。

Doors-1st_LN.jpg

SIDE A
01 ハートに火をつけて
02 ブレイク・オン・スルー
03 ソウル・キッチン
04 水晶の舟
05 20世紀の狐
06 アラバマ・ソング


SIDE B
01 バック・ドア・マン
02 君を見つめて
03 エンド・オブ・ザ・ナイト
04 チャンスをつかめ
05 ジ・エンド




日本ポップ・ミュージックの源流となる1枚…

TinPanAlley_00.jpg

キャラメルママ/ティン・パン・アレー 1975年 初回盤

 インストバンド “キャラメル・ママ”から名義を替えた、細野晴臣、鈴木茂、松任谷正隆、林立夫の4人からなる音楽ユニット・バンド “ティン・パン・アレー”の1stアルバム…
 各人がプロデュースした曲を持ち寄り、4人4色の楽曲で取り混ぜたアルバムのレコーディングに参加したメンバーは、後藤次利、今井裕、高中正義、桑名正博、桑名ハルコ、山下達郎、大貫妙子、矢野顕子、久保田麻琴、南佳孝……
 まさに時代を象徴、日本版Super Sessionの体制…
 日本ポップ・ミュージックの源流となる1枚である…

TinPanAlley_02.jpg

SIDE A
01. キャラメル・ラグ (作曲:松任谷正隆/編曲:Tin Pan Alley)
02. チョッパーズ・ブギ (作詞/作曲・編曲:林立夫)
03. はあどぼいるど町 (作詞:松本隆/作曲・編曲:鈴木茂)
04. 月にてらされて (作詞:荒井由実/作曲・編曲:松任谷正隆)
05. チュー・チュー・ガタゴト’75 (作詞/作曲・編曲:細野晴臣)

SIDE B
01. シー・イズ・ゴーン (作詞/作曲:J.ザルスキー/編曲:林立夫)
02. ソバカスのある少女 (作詞:松本隆/作曲・編曲:鈴木茂)
03. ジャクソン (作詞:Gaby Rogers/作曲:Edd Wheeler/編曲:松任谷正隆)
04. イエロー・マジック・カーニバル (作詞/作曲・編曲:細野晴臣)
05. アヤのバラード (作曲:細野晴臣/編曲:Tin Pan Alley)

TinPanAlley_03.jpg

「映画の友」1963年12月号

Eiga-no-Tomo_63-12-1.jpg
表紙:ブリジット・バルドー

Eiga-no-Tomo_63-12-index.jpg

Eiga-no-Tomo_63-12-2.jpg