TEA FOR ONE

まぁお茶でも飲みながら気ままに、好きなことを、すこ~しネタバレしながら、のんびりと………。

ロマンポルノの証言、「日活1971-1988 撮影所が育んだ才能たち」



 日活ロマンポルノ誕生45周年を記念し、日活映画人による膨大な証言集が発刊された。

 現場スタッフ&キャスト総勢108名による圧倒的な量のエッセイとインタビュー、貴重な撮影風景のスチール・スナップ、完全版を謳う詳細なフィルモグラフィ(ロマンポルノ・一般作・ロッポニカ・児童映画を網羅)、一部台本の表紙写真掲載など、B5サイズ480ページに詰まった数々は貴重な資料的価値が高く、まさに読み応えも見応えも十分なものになっている。
 日頃、あまり陽の当たらない現場スタッフ(美術・録音・撮影・衣装・スクリプター・タイトルデザイナーら)のインタビューや対談の充実度にも目を惹く。

nikkatsu1971-1988_3.jpg

 1960年代後半頃から切迫した経営難を乗り切る起死回生の手段として、低予算で収益を上げる成人映画の分野に舵をきった日活が生み出した「ロマンポルノ」。
 今でこそこうして何周年記念を祝い、映画史にも残る名作・傑作が生み出された事実を知る結果となっているが、当時にしたら、当然拒否反応を示した多くのスタッフや俳優陣が日活をあとにしたわけで、日活に籍をおくキャリアの浅いスタッフらにとっては、この未知の世界へ踏み出すことで、自由な制作現場を得たことにもなったろう。
 官憲との闘いもあれば、上層部との軋轢の中での試行錯誤。葛藤しながら闘い挑みつづけ、自由な発想と表現に意気上がった映画人たちの情熱がほとばしっている一冊だ。

nikkatsu1971-1988_2.jpg

 本書に並ぶ女優は、ロマンポルノ第1号女優白川和子と小川節子をはじめ、伊佐山ひろ子、中川梨絵(2016年に亡くなる前の貴重な寄稿文)、田中真理、谷ナオミ、小川亜佐美、水原ゆう紀、風祭ゆき、志水季里子、三崎奈美、中村晃子、畑中葉子、早乙女宏美らの名前。
 
 女優のところから読みはじめ、まだ全部を読んだわけではないのだが、小川節子が述懐する文章の端々には、羞恥や後ろめたさとの葛藤が重々に感じられ、村川透監督デビュー作の『白い指の戯れ』のオファーを断ったという話などを知ると、結果的にあの作品は伊佐山ひろ子の女優開眼第一歩の記念的映画となっているとしても、小川節子がヒロインだったらまた違った傑作になっていたのかもしれないと、ファンとしては勝手な夢想を膨らませるわけで…。

 水原ゆう紀は、『天使のはらわた 赤い教室』において完全に名美が憑依したと語る。
 果たして、水原ゆう紀のラストカットの解釈はまさに〝名美が憑依〟した心情だ。
 水原ゆう紀の名美は多方面で絶賛されたが、この後、田中登監督からの『天使のはらわた 名美』のオファーは断ったという。名美という普遍の女性像でありながら、あまりに確固たる名美像の呪縛がきつかったのだろう。
 水原ゆう紀のシリーズものもあり得たのかと石井隆ファンとしては複雑な気持ちだが、以後、余貴美子以外に名美を複数回演じた女優がいないのも、ある意味同様の作用が働いているのかもしれない。

    ◇

日活1971-1988 撮影所が育んだ才能たち
【ワイズ出版】
定価 4,625円+税

スポンサーサイト

RSD限定、BEATLES『Strawberry Fields Forever / Penny Lane』



 毎年4月の第3土曜日に、世界同時開催されるレコードの祭典「RECORD STORE DAY」
 復刻レコードがリリースされるということで、今年の目玉がBEATLESの『Strawberry Fields Forever / Penny Lane』だったのだが、RSDに関心がなくて、実はこんなのが出ているなんて知らなかった。
 昨晩23日に〝帝都熱烈音盤解放戦線〟さんの記事で知った具合で、ネットなど見てみたら案の定売り切れ続出…当たり前の話。

 一夜明けての24日の昼休みに散歩がてらにタワレコに出掛けてみたら、なんと7枚、店頭に並んでいたわけで……つい買ってしまった。
 オリジナルジャケの復刻はピントの甘い複写だが、日本盤特典の日本初回シングル・ジャケの復刻は綺麗だ。

 リアルタイムで、自分の小遣いで初めて買った『REVOLVER』(’66)からドップリはまったBEATLES熱だったので、『Strawberry Fields Forever / Penny Lane』も、このあとの『SGT.PEPPERS』も、一番思い入れがあるレコード。BEATLESで10曲選べと云われればこの2曲は必ず入れる…あと「A Day In The Life」も絶対…。

 来月はその『SGT.PEPPERS』の50周年記念エディションBOXがリリースされる。
 BEATLESやSTONESのアーカイヴスものは敬遠してきたのだが、高額商品と云えど『SGT.PEPPERS』だけは手に入れないと、後々後悔することが必至なのだ。

2017_Sgt-Peppers_box.jpg

「つまみ喰い」三浦弘子


三浦弘子◆ つまみ喰い/倖せなのね 1978年

 1978年8月にリリースされた、三浦友和の実姉三浦弘子の「つまみ喰い」。作詞は遠山すばる、作曲は中川博之。
 牧陽子の名で1975年「新宿二丁目曲り角」で歌手デビューした彼女が、本名の三浦弘子に戻って再デビューした1作目だ。
 
 ふらっと居なくなった男(年下の男とみた)の悪い癖を思い出しながら、己を俯瞰で語る捨て鉢ぶり。やさぐれた歌声がぴたりとハマっている。
 

「極秘捜査」*クァク・キョンテク


THE CLASSIFIED FILE
監督:クァク・キョンテク
脚本:クァク・キョンテク、ハン・デドゥク
出演:キム・ユンソク、ユ・ヘジン、ソン・ヨンチャン

☆☆☆ 2015年/韓国/108分

    ◇

 映画の題材は1978年に実際に起こった少女誘拐事件で、四柱推命を使って誘拐された子どもを見つけた刑事と導師の33日間を描いた実録犯罪映画。


 釜山で小学生の女の子ウンジュが下校時に誘拐された。
 女の子の同級生の息子を持つコン刑事(キム・ユンソク)は、ウンジュの両親の懇願で管轄外の事件にも関わらず捜査担当になり、子どもの保護を第一に考え、所轄の刑事と合同で極秘捜査を行う。
 一方、ウンジュの母親と義妹は有名な占い師たちを尋ね歩き、ウンジュの生死を占って回るが、どれも絶望的な回答を聞くばかりだった。そんななか、最後に訪れたキム導師(ユ・ヘジン)だけが「子どもは生きている。犯人からの連絡がくる」と占う。
 胡散臭く感じていたコン刑事だが、キム導師の占い通りに15日目に犯人から連絡があり、ウンジュが生きていることを確信する。
 しかしコン刑事を気に入らない所轄の刑事らは、子どもの生死より犯人検挙に血眼になり、協力するどころか邪魔ばかりで1ヶ月を過ぎようとしていた。
 コン刑事とキム導師のふたりは、子どもの命を優先に考え行動に出る……

    ◇

 人望のない刑事と風采の上がらない導師(占い師)のコンビなんて、それこそ小説やマンガの話で盛り上がれるだろうが、これが実話だということに驚く。
 70年代の韓国においては、導師という職業に社会的地位があったのだろうが、日本人としてはこの辺りよく判らない。

 また、警察が人質安否より手柄優先だったり、賄賂を受け取るのが普通だったと、警察のいい加減な姿がよく描かれている。
 
 この作品はサスペンスというより、コン刑事と導師と誘拐された家族3組の、子どもを思う親の心情を描いた映画と見る方がいいだろう。
 いい意味で、誘拐されたこどもの安否や身代金受け渡しなど、タイムリミット的な緊張感はない。
 捜査途中でキム導師が「犯人には共犯がいる」と占うも、結果、捕まる犯人はひとりだけで、それも、動機や方法がどうもよく判らない。

 事件解決後、コン刑事とキム導師ふたりの手柄は、所轄チームと占いを外したキム導師の師匠が持っていってしまう現実。
 しかし、それを受けいれるコン刑事とキム導師の晴れやかな表情も、また現実の話ってこと。
 おまけのインサートで、半年後にまたウンジュが誘拐され、今度はコン刑事とキム導師が4日間で事件を解決したと字幕が出る。キム導師の占いどおりに共犯者がいたらしいが、現実はかくも驚くものだ。

「インサイダーズ~内部者たち」*ウ・ミンホ


INSIDE MEN
監督:ウ・ミンホ
脚本:ウ・ミンホ
出演:イ・ビョンホン、チョ・スンウ、ペク・ユンシク、イ・ギョンヨン、イ・エル

☆☆☆★ 2015年/韓国/130分

    ◇

 韓国におけるR18指定映画として、観客動員数歴代ナンバーワンを記録した社会派ドラマで、ゴロツキと検事が手を組み巨大な権力に立ち向かうサスペンス・ムービー。


 身なりのいいスーツに身を包んだ義手の男アン・サング(イ・ビョンホン)が、記者会見場に高級車で乗り付け、与党の次期大統領候補チャン・ピル(イ・ギョンヨン)と、財閥企業ミライ自動車の会長との癒着を示す証拠書類を、検察に提出すると発表するところから映画ははじまる。

 もともと芸能事務所を経営していたサングは、政界と財閥の仲介をする黒幕「祖国日報」主幹ガンヒ(ペク・ユンシク)を兄貴と慕い、裏で女の斡旋や脅迫など汚れ仕事を請け負っていた。
 ある日、ミライ自動車がチャンに裏金を贈っていた証拠となるファイルを手に入れたサングは、それをネタにミライ自動車を脅し、さらなる成功を手に入れようと企てるのだが、失敗し腕を切り落とされる。
 一方、裏金の証拠を追っていた検事のウ・ジャンフン(チョ・スンウ)は、証拠ファイルをサングに奪われた責任を負わされ左遷させられる。

 正義を貫こうとするジャンフンは、復讐を伺うサングに一発逆転の計画を持ちかけ、財界・政界・メディアを取り巻く一大スキャンダルを暴こうとするが……。

    ◇

 ゴロツキと検事と策士の3人の男たちが仕掛ける命を賭けた騙し合いは、二転三転とコン・ゲームの様相を孕み、例によって韓国映画ならではの暴力と残酷シーン、そして、ばかばかしいほどのエロ・シーンを合間に挿みながら、痛快に進行する。見応えは十分。

 イ・ビョンホンのハードなワルぶりと三枚目的な演技も面白いし、ペク・ユンシクの静かな佇まいが不気味さを醸し出している。

 「モルディヴでモヒートでも飲みましょ」
 男ばかりの映画なので出番があまりないが、サングの芸能事務所の元女優ウネ役のイ・エルが、クールにファム・ファタルぶっていて、いい。

Inside-Men_1.jpg Inside-Men_2.jpg

 エンタメ的にデフォルメされたお話しながら、実際にいまだ韓国の政治腐敗がニュースになっている現状では、この映画のような汚職の構造や性接待などが、リアリティある存在として韓国の観客に受け入れられたのだろうな。

 〝♪五月雨のなか 去って行ったひと~〟
 イ・ビョンホンが運転する車のなかで、哀愁を帯びて流れる桂銀淑似の歌声……誰の、何て曲なんだろう、気なった。
 

加川良さん 逝く



4月5日早朝 加川良さんが亡くなった 享年69

1970年第2回全日本フォークジャンボリーで
「教訓 I」を飛び入り参加で歌って衝撃デビューした加川良さん

唯一持っているフルアルバムは『教訓』
そこに収録されている「教訓 I」
代表曲といっていいだろう
40年以上も前の歌だが 普遍性を持った歌



いのちは ひとつ じんせいは いっかい
だから いのちを すてないようにね
………
あおくなって しりごみなさい
にげなさい かくれなさい



「教訓 I」ライヴは 
1971年8月8日のステージを収めたURCのアルバムではじめて聴いた
当時の愛聴盤となった

1971Nakatsugawa_LP.jpg

A面に はちみつぱいをバックに歌う斉藤哲夫2曲と
中川イサトらとの即席バンドで歌う加川良4曲
B面に 三上寛のステージが完全収録
(URC盤には放送禁止用語のカットがないで 三上寛の歌の方が強烈だったが) 


「教訓 I」は 反戦を意図して作った訳ではないと 加川良さんがいうが
これは 未来の若者たちへの遺言である

いつの時代にも 歌い続けられる歌 祈りの歌

ありがとうございました

おつかれさまでした

ご冥福をお祈りします

ガールズ・バンドの草分け、ピンキー・チックス

PinkyChicks_ph.jpg

 ピンキー・チックスは、ダンサー丘なおみのダンスチームがGSブームに乗って1967年に結成した6人組バンドで、米軍キャンプやクラブショーなどで活動。
 GSブーム真っただ中において全員女性のバンドはまだまだ珍しく、ときどき平凡パンチなどでGOGO喫茶のバンド紹介でいくつかのバンドを見るくらいのなか、唯一レコードデビューしたガールズ・バンドがこのピンキー・チックスだった。


ピンキー・チックス◆ ヨッパラッタお嬢さん/そばにいて 1968年

 「ヨッパラッタお嬢さん」の作詞は三木かおる、作曲は新井はるコ。

 1967年から68年にかけてフォーク・クルセダーズの「帰って来たヨッパライ」が空前のミリオンヒットを遂げたあと、同じようにテープの早回しを使った歌が何枚もリリースされ、この「ヨッパラッタお嬢さん」もそんな雨後の筍のように、深夜放送でコミックソングとして流れていた。
 残念なのは、流行のコミックソングを歌う女性バンドということだけで、不当な色モノ扱いされていたのが現実だったろうか、話題になってもヒットには繋がらなかった。

 当時、ジャガーズ「マドモアゼル・ブルース」、スパイダース「あの時君は若かった」、ゴールデン・カップス「長い髪の少女」を買いに行ったとき、レコード屋さんでこれらGSバンドがポピュラーのジャンルにおいてあったのに対して、ピンキー・チックスは邦楽・歌謡曲のなかでも、「ケメ子の唄」(ザ・ダーツ)、「水虫の唄」(フォーク・クルセダーズの変名バンド、ザ・ズートルビー)、「主婦のブルース」(高石友也)、水森亜土らのレコードと並んでいたんだよね。
 上記のシングルは同時期に買ったんだけど、ピンキー・チックスの購買意欲を駆り立てたのは、2面ジャケの裏面のミニスカート勢揃いに食指が動いたっていうのも、まぁ、事実…やっぱり色モノとみてたかな。

1968_PinkyChicks_1st-ep1.jpg

 でも、楽曲・歌の実力を知るには、B面「そばにいて」のほう。GS歌謡の大傑作だ。
 いまでは60年代のキューティー・ガールズ・ソングとして「そばにいて」が重宝されている。作詞は谷もとこ、作曲は新井はるコ。
 ヴォーカルの糸乗美和の歌の巧さは確かなもので、当時からB面ばかりを聴いている。

 結局、バンドとしては売れることなく、このデビュー盤含めて3枚のシングルを残したのち、71年ころに自然消滅している。アルバムが残されなかったことが実に残念だ。
 糸乗美和は1971年にソロ歌手いとのりかずことして、新人作詞家であったちあき哲也の楽曲「女の旅路」で再デビューし、そして、ちあき哲也の原作を歌謡史に残る12の名曲で構成し歌った『小説・女の旅路』というアルバムは、カンツォーネやシャンソンまで歌いこなす彼女の歌唱力で、聴き応えある名アルバムとなっている。シングルでは、筒美京平や宇崎竜童(DTBWBでデビューする前)の楽曲もある。

 ピンキー・チックスの動いた姿は、2本の映画で見ることができる。

●松竹映画『喜劇 初詣列車』(’68/瀬川昌治)より「ソーラン節・ア・ゴーゴー」


 レコードデビューする前に公開されている。

●大映映画『女賭博師乗り込む』(’68/田中重雄)より「星を探そう」


 江波杏子の『女賭博師シリーズ」の6作目…江波の妹役の安田道代(現・大楠道代)がピンキー・チックスのヴォーカルを担当している設定。7人目のメンバーとして糸乗の隣でタンバリン持って歌っている風だが、口パクだろう。